ランサーズのライターさん、1記事の報酬ってぶっちゃけいくらほしいのか。クラウドソーシングは総じて単価が低いです。

豚の貯金箱

こんにちは、ライターのたつみです。

ランサーズでライティングをしていると、様々な案件に出会います。一番気になるのはお金の話。少しでも高額な案件を望むのはあたりまえのことでしょう。そこで今回はライターがぶっちゃけいくら欲しいのか、赤裸々に綴っていこうと思います。

スポンサードリンク

ランサーズのライターさんはどれくらいの報酬が欲しいのか

単発案件ほどたくさん欲しい

ランサーズの単発案件ですが、正直な話、値段に納得いくものはほとんどありません。価格帯はバラバラですが、よく見かけるのは「1200字 700円」などの依頼でしょうか。

下を見れば500円や、誰がやるのだろうという300円の依頼もあります。ランサーズ手数料・税込でこの値段の場合は、はっきり言ってお小遣い稼ぎにも向かないでしょう。

また、単発案件は「美容」や「健康」など専門的なジャンルの場合も多く、自分の知識だけで書くことは困難なものばかりです。私は原稿依頼を受けると、図書館で参考になる文献や資料を集めるところから始めます。

インターネットで検索することもありますが、それだけの情報ですと、どうも信ぴょう性に欠けるからです。ライターは信用も大切ですので、リサーチはしっかりと行わなければいきません。そんな時間も考えると、時給は目も当てられない金額でしょう。

そこで私はランサーズの原稿料を少しでも上げるように努力しています。例えば1500字の原稿を書くとき、500円の依頼も1000円の依頼も、執筆にかかる時間は大差ないからです。だったら1円でも高い金額で書きたいと思うのが本音です。

これでもまだ安いほうだとは思いますが、具体的に3000円以上は期待したいところです。

ランサーズにはプロのライターが大勢登録しています。素人の文章ではないということを踏まえた値段設定をしていただけるクライアントが少しでも増えるように願っています。

継続案件ではよくばらない

単発案件は次につながらない可能性が大なので、できるだけ高額をいただきたいところですが、継続案件はあまり欲張りすぎてはいけません。高い金額で交渉すると、もっと安く受けるライターが必ず出てくるからです。

長い目でみれば、1記事は安くても、単発案件よりもはるかにお金になる仕事はあるものです。クライアントとの人間関係もできますので、単発案件のように手探りで書く必要もなく、作業時間は原稿を重ねるごとにスピードアップしていきます。

私は継続案件に関しては、完全に「時給いくら」という判断で仕事を受けるようにしています。例えば「800字 1000円」の案件があったとしましょう。これに1時間かけていては、本業のライターであれば稼ぎとはいえません。

せめて1時間で2記事、時給換算で2000円は頑張りたいところです。家族のいる私はそれでも足りないと思うので、1記事1500円以上の案件を1時間に2本執筆するペースで書いています。

それでも時給は3000円程度ですから、正直これが5000円くらいまで上がってくると、ライターとして次のステップに進めるのではないかと思っています。

執筆に時間の要する案件は高額ねらい

私はランサーズ駆け出しの頃に、20000字の論文を1万円でお受けしたことがありました。ある事柄について歴史を調べて執筆する内容だったのですが、2時間ほどで折り返し地点の10000字まで書き進めました。これはラッキーとニンマリ。

しかし、現実は甘くはありません。参考文献や資料の少ない案件で、なおかつ歴史を説明するとなると、そこからピタリと文字数が伸びなくなりました。主観であれば膨らませますが、歴史は追加することができないからです。

残りの10000字を書くのに、なんと2日もかかってしまいました。この失敗から、私は時間を要する案件かどうかをしっかりと見極め、価格交渉をするべきだと学びました。

今、同じ案件を受けるのであれば30000円以上は絶対に欲しいところです。それでもお値打ち価格だとは思いますが…ランサーズでは高額案件が少ないのも事実です。

ライター:たつみ

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!