個人事業主は絶対にFREENANCE(フリーナンス)を利用するべき?個人事業主の報酬を即日払いしてくれる請求書買取サービスをメリット・デメリット含めて解説!【PR】

フリーナンス(FREENANCE)

FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス(個人事業主)として活動する人をサポートする、特化型金融支援サービスです。この記事ではFREENANCE(フリーナンス)についてメリット・デメリットを交えて解説します。

スポンサードリンク

目次

FREENANCE(フリーナンス)とはどんなサービス?メリットデメリット含めて解説します!

FREENANCE(フリーナンス)はいつ始まったサービスなの?

FREENANCE(フリーナンス)は、GMOインターネットグループのGMOクリエイターズネットワーク株式会社が、日本初のフリーランス(個人事業主)に特化した金融支援サービスとして、「FREENANCE(フリーナンス) byGMO」という名称でサービス提供をスタートさせました。

サービス開始は20181016です。結構最近ですね。


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

どんなサービスを提供してる?

FREENANCE(フリーナンス)が提供しているサービスは3つ

FREENANCE(フリーナンス)が提供するサービスは

  1. FREENANCE振込専用口座」
  2. FREENANCE即日払い」
  3. FREENANCEあんしん補償」

3種類です。それぞれ見ていきたいと思います。

1:「FREENANCE振込専用口座」

FREENANCE振込専用口座」は収納代行用の振込専用口座のことで、GMOあおぞらネット銀行を利用して開設します。

名義は屋号など自由な名前を使うことができる

名義は屋号など好きな名前を使うことができますし、利用料や口座維持手数料は不要です。

個人事業者が銀行口座開設時に屋号を使うのは難しいですし、口座の名義に屋号を使うことでクライアントに対しての信用度を高めることができます

クライアントへの請求書にこの振込専用口座を記載することで、報酬があなたの振込専用口座に振り込まれます。そしてその報酬は週に1回、あなたの持つメインバンク口座(別の銀行口座)に手数料なしで振り替えられます

2:「FREENANCE即日払い」

FREENANCE即日払い」は、利用者がクライアントへ発行する請求書(売掛債権)を買い取って、代金を最短即日で銀行口座に振り込むサービスです。

フリーランス(個人事業主)の悩み:請求書を発行してもすぐには報酬を貰えない

フリーランス(個人事業主)は請求書を発行してから実際に報酬が振り込まれるまでタイムラグがあります。このように売掛債権を回収するまで期間が空くことを、売掛債権の回転期間が長いと表現します。

資金繰りに余裕があるフリーランス(個人事業主)なら報酬の振込が2ヶ月後でも問題ありませんが、中には報酬が振り込まれるまで手元にお金がないと困るフリーランス(個人事業主)もいますし、ディレクション業務で外注先に報酬を支払う人はなおさら現金が必要です。

中には貯蓄が足りなくて生活費としてすぐに報酬が欲しいという人もいますね。

そういう人のために用意されているのがこのサービスです。この即日払いサービスを利用すれば、報酬額の3.010%を手数料として差し引いたうえで、最短即日で利用者の個人口座に振り込んでもらえます

また入金回数や入金額によって利用者の与信スコアが高まり、その結果手数料は安くなります。買取額は1300万円の範囲で、売掛債権を買い取ってもらっていることはクライアントには伝わりません

なので、すぐにお金が必要なフリーランス(個人事業主)は安心して利用することができますね。

3:「FREENANCEあんしん補償」

そして「FREENANCEあんしん補償」ですが、仕事中の事故や著作権侵害・納期遅延などによる損害賠償請求などを補償するサービスとなっています。

利用者の自己負担額は0円

利用者の自己負担額は0円で、1事故あたりの補償限度額は業務遂行中の補償や仕事の結果の補償が5,000万円、委託財物の補償や情報漏洩などによる補償が500万円です。

補償を受けるための条件は報酬の振込先口座をFREENANCE(フリーナンス)で開設したあなたの口座に変えるだけ。

クライアントからデータや個人情報を預かる仕事や著作権侵害に抵触する可能性がある仕事に携わる人にとって、こういった補償を受けられる状況というのは精神的にも安心できますよね。


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

FREENANCE(フリーナンス)はどういうキッカケで始まったの?

FREENANCE(フリーナンス)を運営するGMOクリエイターズネットワーク株式会社は、編集プロダクションやライター、Webクリエイターなどが登録し制作に携わる会社です。

フリーランス(個人事業主)たちと活動する中で、クライアントからの入金と委託先への支払いの時差に苦労するという課題を解決したいという思いから即日払いのアイデアが生まれました。

身内のフリーランス(個人事業主)が抱える悩みや課題を解決したいという思いがキッカケとなっているので、公的サポートの少ないフリーランス(個人事業主)の悩みを解消できるサービスが揃っています。

FREENANCE(フリーナンス)というサービス名の由来

FREENANCE(フリーナンス)というサービス名は、「フリーランス(個人事業主)」と「ファイナンス」を合わせたものだそうです。

そしてもうひとつ、自己紹介で「フリーナンす」と答える気恥ずかしさや誇らしさといった意味も込めているようです。

FREENANCE(フリーナンス)の目的は何か

フリーランス(個人事業主)の心配事を減らして仕事に専念できるようにすること

FREENANCE(フリーナンス)がサービス提供する目的は、フリーランス(個人事業主)の心配事を減らして仕事に専念できるようにすることです。そのために、フリーランス(個人事業主)が抱える課題や悩みを解決できるようなサービス提供を目指しています。

フリーランス(個人事業主)は社会的な信用が低く、クレジットカードを作れないこともある

たとえば会社員のような安定収入がないフリーランス(個人事業主)は社会的信用度が低く、クレジットカードを作れなかったり賃貸物件の契約に苦労したりといった課題を抱えます

そういった問題を解決するべく、将来的にFREENANCE(フリーナンス)はユーザー情報を金融機関に提供して、住宅ローンの審査にも役立つようにしたいと考えているようです。


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

FREENANCE(フリーナンス)はどこの会社が運営している?

GMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営

FREENANCE(フリーナンス)を運営しているのは、20024月に設立したGMOクリエイターズネットワーク株式会社です。GMOインターネットグループの会社で、コンテンツ制作事業を手掛けています。

20,000人を超えるクリエイターが過去10万件を超えるコンテンツを生み出し、企画・制作・撮影・Webサイトの制作をしています。

これだけのフリーランス(個人事業主)と仕事をしているからこそ、フリーランス(個人事業主)に役立つサービスを提供できるといえるでしょう。

FREENANCE(フリーナンス)は誰向けのサービスなの?

ターゲットはフリーランス(個人事業主)が対象、法人も利用することができる

本サービスはフリーランス(個人事業主)が対象です。フリーランス(個人事業主)とは会社や団体に属することなく個人で仕事をしている人を意味します。

個人事業者はもちろん、利用規約では法人も利用できるとしています。個人事業者は日本国籍を有する満18歳以上の国内居住者、法人は国内法人であることが条件です。

独立して間もない人社会的にあるいはクライアントに対して信用が欲しい人仕事とプライベートの口座を分けたい人大きな企業との取引を希望する人に向いています。

どんな職種の人が利用している?

  • Webデザイナー
  • エンジニア
  • ライター
  • ITコンサルタント
  • 美容師

FREENANCE(フリーナンス)を利用する人はWebデザイナーやエンジニアが多いようです。あなたの職種に当てはまってましたか?

一見、ウェブ系の職種の方がマッチしているのかな?とも思ったのですが、フリーランス(個人事業主)として活動している人が多い「ライター」や、「ITコンサルタント」に「美容師」まで幅広い職種の人が利用しているので、ウェブ系に限らずどの職種でも使えるサービスのようですね。


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

あなたがFREENANCE(フリーナンス)を利用するメリット

メリット1:FREENANCE(フリーナンス)で信頼性をアップ!個人事業主は信頼性さえクリアできれば法人案件の獲得がしやすくなる

個人と取引をする法人側にはメリットがあります。法人相手に案件を依頼するよりも、単価を安く設定できることです。

あなたが法人だった場合、組織運営のコストなども報酬に上乗せする必要がありますから必然的に案件の単価は高く設定されてしまいます。

しかし、個人のフリーランス(個人事業主)に依頼するのであれば、そのようなコストは不要なので安く依頼することができます。

なので、コスト面で見れば法人よりも安い個人に依頼したいと考えている企業が多いのです。

この点、FREENANCE(フリーナンス)を利用して企業側の不安を払拭し、信頼性を高めた上で企業に営業していけば、何も無い人より多く案件を獲得できると思います。

メリット2:自由に屋号を設定可能!

フリーランス(個人事業主)として独立してから苦労するのは、信用度の低さゆえに案件がなかなか獲得できないことです。仕事をこなさなければ実績も信頼も積み重ねることができません。

通常、屋号付きの銀行口座を作るのは大きな手間がかかりますが、FREENANCE(フリーナンス)ではシンプルな手続きで屋号付きの振込専用口座を開設することができます。

FREENANCE(フリーナンス)に登録し屋号で口座名義を登録することで、法人からの信用も得やすくなりますね。

メリット3:「FREENANCEあんしん補償」が付くのでリスク管理が楽に!

会社という後ろ盾がないフリーランス(個人事業主)は、あらゆるリスクを自分で管理しなければなりません。取引先の企業に損害を与えてしまった場合には、当然全て自分で賠償をしなければならないということです。

しかし、FREENANCE(フリーナンス)の口座を開設すれば無料で自動的に「FREENANCEあんしん補償」が付くため、

損害賠償への心配も少なくなりますし、「FREENANCE即日払い」を利用すれば、資金繰りの苦労といったことからも解放されます。

これらを心配しなくてもよくなる分、あなたは本業に打ち込めるようになるので、さらに実績を積み上げて信用度を高めることが可能となります。


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

FREENANCE(フリーナンス)が合わない人・FREENANCE(フリーナンス)を使った方が良い人

FREENANCE(フリーナンス)があまり合わない人

ここまでFREENANCE(フリーナンス)を調べてみた上で、FREENANCE(フリーナンス)があまり合わない人の特徴を考えてみました。

FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス(個人事業主)が抱える課題を解決できるサービスを提供しています。

逆に言えば、既にそのような課題、具体的には社会的信頼度や仕事における信用性が高く、安定して仕事を確保できている人には不要なサービスかもしれません

すでに自分の銀行口座で法人との取引を問題なく進められている人

フリーランス(個人事業主)としての活動が長く、すでに法人からの信頼を得ているような人は、FREENANCE(フリーナンス)の提供するサービスは必要ないでしょう。

すでに銀行口座で法人との取引をしているのであれば、それ自体が信頼性を高めますし社会的信用も得られていると言えます。

振込用の口座を増やして手間を増やしたくない人

フリーランス(個人事業主)としての仕事が順調であり、案件をこなすことに集中したい人にとっては雑務に手間をかけたくないですよね。

すでに仕事が順調である人は、FREENANCE(フリーナンス)に登録して振込用の口座を作っても、そこから「さらに自分の口座に振り込まなければならない」という手間が増えるだけなので、管理がわずらわしくなるかもしれません。

FREENANCE(フリーナンス)を利用した方が良い人

反対に、FREENANCE(フリーナンス)を利用した方が良い人についても考えてみました。FREENANCE(フリーナンス)を利用した方が良いのはまだ仕事の実績も信頼もないような独立したばかりのような人です。

個人事業主として、これから事業を始めていく人

会社勤めを辞めてフリーランス(個人事業主)として独立したばかりの人には、FREENANCE(フリーナンス)がオススメです。

なぜなら、単価の高い法人からの案件を獲得するためには、何よりも信用度が不可欠だからです

FREENANCE(フリーナンス)の振込用口座ではあなたの屋号を登録でき、この屋号を登録するだけでも信用度はかなり高まります。

その結果案件も獲得しやすくなり、実績も積み上がるのでさらに信用度が増す、という良い意味でのスパイラルを作ることができますね。

法人向けに営業や取引を強化していきたいと考えている人

フリーランス(個人事業主)へ仕事を依頼する法人は、できる限り信頼性のある人に任せたいと考えます。

品質でも納期でも、期待する以上のものを提供するフリーランス(個人事業主)とは長く付き合いたいと思うものです。

そのためには法人向けの営業力を高めていく必要があり、FREENANCE(フリーナンス)が提供するサービスで企業に対するあなたの信用度を高めることをオススメします。

総合的に信用度を高めたい人

フリーランス(個人事業主)で働く人の中には住宅ローンを借りるのはもちろん、クレジットカードを作ったり、賃貸物件の契約を交わしたりするのにも苦労するケースが見られます。

そのあたりの信用度は、いくら多くの案件を獲得して収入を増やしてもなかなか手に入るものではありません。

しかし、FREENANCE(フリーナンス)では将来的に、住宅ローンを組むうえで与信スコアを高めることにつなげたいとしています。

FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス(個人事業主)の社会的信用度を高めることも目標に掲げていますので、

信用度を高めたいフリーランス(個人事業主)は、今のうちにFREENANCE(フリーナンス)を通して実績を重ねて、個人の信用スコアを少しでも高めておくと良いでしょう。

また、FREENANCE(フリーナンス)では振込専用口座への入金回数や入金額に応じて、与信スコアが上昇する仕組みとなっているので、その結果即日支払いの手数料も下がります。

簡単な話、報酬の受け取り先をFREENANCE(フリーナンス)の振込専用口座に指定して報酬を受け取っていくだけで、あなたの与信スコアを上げていくことができる、というわけです。

  • 個人事業主として、これから事業を始めていく人
  • 法人向けに営業や取引を強化していきたいと考えている人
  • 総合的に信用度を高めたい人

以上が個人的に、FREENANCE(フリーナンス)を利用した方が良いと思った人の特徴です。当てはまっていましたか?


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

フリーランス(個人事業主)は法人からの案件を獲得していくべきである

これは個人的な意見ですが、やはりフリーランス(個人事業主)として活動するのであれば、仕事は法人から受けることをオススメしますし、それを目指すべきです。

しかし、多くのフリーランス(個人事業主)は、それがいかに難しいかを実感するのではないでしょうか?

安定して稼ぎたい個人事業主なら法人との取引を増やしていくべき理由

1:個人相手の案件に比べて、法人との取引の方が圧倒的に単価が高い

フリーランス(個人事業主)が仕事を獲得する際に、個人相手の場合法人相手の取引とがあります。単価が高いのはどちらかというと、圧倒的に法人です。

まず個人の場合、法人からの委託を受けてさらにフリーランス(個人事業主)へ委託するという、いわゆる孫請けとしてフリーランス(個人事業主)へ仕事を依頼するケースが多いものです。

そのため、手数料を支払う分だけ単価が低くなります。

また、個人よりも法人の方が予算を多く確保できることから、同じような案件でも個人より単価は高めに設定されます。

2:個人相手に比べて法人との取引の方が安全性が高く、ちゃんと報酬を支払ってもらえる

法人相手のほうが安全性が高くなります。

個人を相手に仕事を依頼する場合、委託先への支払いよりもクライアントからの入金が後になるケースが多いものです。

そのため、手持ちの現金で委託先へ報酬を支払うことになり、現金がなくなれば委託先のフリーランス(個人事業主)へ報酬を払いたくても払えなくなります。

法人の場合にはフリーランス(個人事業主)へ委託する案件自体も多く、事業規模が大きく資本金も多いことから、報酬の支払いも個人と比べると安全性が高いといえます。

少しでも安定した収入が欲しいフリーランス(個人事業主)にとっては、案件の数も予算も多い法人との取引を増やしていくことが事業の安定に繋がっていきます。

会社にはオフィスなどがあり、夜逃げなどのリスクが少ない

会社のオフィスを構えて従業員もそれなりに抱えている法人は信用がありますし、取引先からの信用度も高いものです。そのためにフリーランス(個人事業主)へ委託する案件も多く確保できます。

さらに、会社自体が夜逃げしてしまうというリスクは、個人相手に比べて圧倒的に低いです。そういった点を踏まえても安定して稼いでいきたいと考えているなら法人との取引を増やしていくべきですね。


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

しかし、法人・企業がフリーランス(個人事業主)へ仕事を依頼するのをためらう理由がある

フリーランス(個人事業主)から見れば、法人から案件をもらうのは魅力的ですが、逆に法人からすると個人のフリーランス(個人事業主)に案件を依頼するのは抵抗を感じる部分もあります。

1:個人事業主の信頼性のなさ、企業側は損害を負わされた場合に泣き寝入りするリスクがある

フリーランス(個人事業主)として活動する個人事業主は、組織というバックボーンがないので、法人から見ればどこまで信頼できるかわかりません。

委託契約を交わしても、納品が納期に間に合うのかどうか、さらにその品質が希望するレベルにあるのかどうかが不透明というわけです。

場合によっては納品が納期に間に合わず、損害を被るリスクも抱えます

個人事業主は本人が病気や怪我によって働けなくなると、約束した納期までの納品はどうしても難しくなります。

2:個人事業主にばっくれられる可能性がある

会社という組織がバックにあれば、担当者が業務を遂行できなくても会社へ契約の履行を要求することができます。損害賠償が必要となれば、会社を相手に請求できるので安心です。

しかし、個人が相手となると、その尻拭いをしてくれる組織がありません。本人との連絡が取れなくなれば、損失補てんの請求も難しくなるでしょう。

3:納品物や管理、著作権などに問題があった場合に費用を回収できない

また個人事業主相手に案件を依頼する際に、物品物や機密情報を渡すことに抵抗を感じるかもしれません。

預けた物品物を破損させたり紛失してしまっても、本人と連絡が取れなくなると損害の費用は回収できません。

4:その個人が反社会勢力かどうかを企業側は判別することができない

個人で活動するフリーランス(個人事業主)の個人的な情報は、企業の方で細部まで確認するのは難しいものです。

もし、その個人が反社会勢力であった場合には、案件を依頼した法人の信用度を下げる可能性があります

当然、企業側は反社会勢力などと取引はしたくありません。かといって本人との口頭の確認では、反社会勢力であるか否かを正確に判別することは難しい、ほぼ不可能に近いです。

吉本興業の騒動が良い例であると言えるでしょう。

そのようなリスクを抱える可能性を考えれば、個人のフリーランス(個人事業主)相手に取引することをためらう法人があってもおかしくありません。

以上の理由から、法人は個人事業主に仕事を依頼するのが怖い

  • 法人は個人事業主から損害を負わされても泣き寝入りするしかない可能性がある
  • 法人は個人事業主に逃げられるリスクがある
  • 法人は個人事業主からの納品物に著作権的な問題があっても費用を回収できない
  • 法人は個人事業主が反社会勢力ではないと確認することができない

コスト面だけを見れば、個人事業主の方に依頼した方が圧倒的に節約できるから個人事業主へ依頼したい気持ちはあるが、上記の不安を払拭できなければ積極的に依頼を増やしていくことは難しいと考えています。

端的に言えば、企業は個人事業主に依頼するのが怖いのです。

少なくとも、第三者から上記の内容をクリアしているとお墨付きのある個人事業主に依頼したいと考えるのが普通でしょう。

故に「実績」や「信頼性なし」に企業から大きな案件を獲得することは難しい

以上を踏まえると、フリーランス(個人事業主)からすれば魅力ある法人案件であっても、信頼性の無い初期から法人案件を確保することは難しいといえます。

特に、独立したばかりのフリーランス(個人事業主)は実績も信頼性もほとんどないので、法人から案件を獲得するのは難しいものです。

FREENANCE(フリーナンス)はそれらの企業側の不安を解決してくれる

FREENANCE(フリーナンス)では、口座開設を行う際に審査を行います。その際、(株)SPネットワーク社の提供する反社会的勢力データベースをはじめとした複数の反社データベースに登録情報を照会するのです。

つまり、FREENANCE(フリーナンス)の口座を開設し、その口座を振込先に指定しておけば、あなたが反社会勢力のデータベースに載っていない個人事業主であるという社会的な証明になります

反社会勢力ではない上に、もし何かしらの損害が発生してもFREENANCE(フリーナンス)側が補償を行ってくれる。

もし、これらの条件があなたにあるなら、他のフリーランス(個人事業主)と比べた上であなたが選ばれるのは必然だと思いますね。


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

FREENANCE(フリーナンス)を利用していく上での疑問

フリーランス(個人事業主)にとってメリットが多いFREENANCE(フリーナンス)のサービスですが、注意するべき点などはないのでしょうか。

思いついた疑問点をまとめてみました。

会社が倒産した場合は口座やお金はどうなるのか?

まず気になるのがこの疑問です。週に一度のサイクルで振込用口座から利用者の口座へお金が振り替えられますが、もし運営会社が倒産したらその口座のお金はどうなるのでしょうか。

実は利用者の振込用口座に預けているお金は、金融機関との「保全信託契約」の締結により保護されているので運営会社が倒産したとしても、あなたのお金が消えてしまうことはありません。

現在は振込手数料が無料だが、それらの負担が終了してしまう可能性はあるのか

FREENANCE(フリーナンス)は利用するフリーランス(個人事業主)の負担を軽減することをサービス提供の目的としています。そのためには、振込手数料の無料化は必要との見解を示しています。

ただし、現在は週に一回の振込手数料を無料にしていますが、利用者によってはその頻度を高めたいという声も出てくるかもしれません。

その時には、無料回数以上の振込みから有料化することは検討しているとのことです。

さらにサービス拡充に伴い、月額会費制の導入も検討するとしています。

自分の名前は後々変更することは可能なのか

利用者が登録した名前は変更することができます。

利用規約の第18条に、登録した氏名・屋号・住所・連絡先・銀行口座その他の登録事項に変更が生じた場合には、遅滞なく所定の方法により変更内容を登録することとしています。

FREENANCE(フリーナンス)を普通の銀行口座として利用することはできる?

FREENANCE(フリーナンス)の振込専用口座は、普通の銀行口座のように使うことはできません。

振込専用口座で受け取れるのは、業務委託契約あるいは請負契約に伴い発生する法人クライアントからの報酬債権のみとしています。個人間での利用も、マネーロンダリング防止などの観点から不可です。


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

まとめ

今回、FREENANCE(フリーナンス)側からPR記事の制作を依頼されて、僕はこのサービスを初めて知りました。

調べていく過程で、このサービスはフリーランス(個人事業主)が抱える「信用」と「資金繰り」の課題を解消できるサービスであることがわかりました。

法人のクライアントに対してはさまざまな補償がつくことで安心感を与えますし、FREENANCE即日支払いサービスを利用すれば資金繰りに困ることも少なくなりますから、

特別やりたくない理由がないのであれば、FREENANCE(フリーナンス)は絶対に利用するべきサービスであると感じました。

ただし、申し込むなら早めに申し込んだ方が良いと思います。

FREENANCE(フリーナンス)自体の知名度が高まって、登録の申し込みが増えれば、口座開設に時間がかかってくる可能性がありますからね。

というのも、口座開設までは登録内容を審査して、(場合によっては)電話インタビューを行うという手間があるからです。

口座を開設するのだから当然と言えば当然ですが、「信用」を重視するが故の手順なので、口座が必要になってもすぐに使えるようになるわけではありません

必要になる前に早めに無料アカウントを作っておくことをオススメしますよ!

ちなみに僕はもう申し込みました!


>>【フリーランス向け収納代行サービス】アカウントを無料開設するだけでフリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯!さらに資金繰りに困っているあなたに最適な請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用可能!【口座開設無料・維持無料】

プロフィール画像 編集長:まるお(丸尾)
フリーランスのWebデザイナーとして活動中、週4日で会社員もしてます。WEBデザインはデジタルハリウッドで学びました、えふまが!の編集長してます。
えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!