単価が高い、フリーランスのライターで稼げる記事ジャンル3つ!

ライター

ライターの中には、フリーランスで仕事をしている人がかなりいます。一方で、フリーライター一本で生活できるほどお金が稼げるか?というのは非常にシビアな問題です。

月に15万稼げればいい方だ。という人もいれば、軽く大金を稼いでいる人もいるので、これからライターを目指す人にとっては不安な要素のひとつではないでしょうか?そこで今回はフリーライターが稼ぎやすい記事のジャンルをご紹介します!

スポンサードリンク

フリーライターの稼げるジャンル

1.業界経験者ならかなり優遇!金融関係

re40823111801

金融関係のライティングが出来るなら、それだけでご飯を食べていけます。

ライターは、得意だとはっきり言えるジャンルがいくつかあった方が良いと言われていますが、「金融関係の記事が得意です!」と言えば、フリーライター一年目でも高額な案件を多数抱える事だってできるでしょう。

ささっとWEBで検索して知り得たようなレベルでなく、実際に仕事として触れた経験があるなら、得意ジャンルの一つとしてすぐに磨きをかけるべきです。

2.幅広い知識を求められる、医療関係

re01

医療の記事も絶えることなく存在し、深い知識を持つライターは珍重されます。
一見、少しネットで調べれば理解できそうにみえますが、それでは知識の浅さがみえてしまうので微妙です。

医療関係を得意とするならガッツリ勉強する必要はあるでしょうが、これさえものにできたら、金融関係と同じくすぐに御飯を食べていけるでしょう。

3.女性ライターにおすすめ!美容系

reimg_8898

美容に関する記事も常に存在します。ダイエット、美肌、ニキビ治療、整形などから男性向けなら薄毛治療まで含まれていくでしょう。

美容系は女性ライターを求めてるケースも多いので、女性なら特にオススメのジャンル。男性で美容系を目指すなら、手当たり次第というよりは、男性に関係するもの、男女関係ないもの(ダイエットなど)と、方向性を定めた方が良いかもしれません。

Q.人気が有りそうな○○は稼げないの?

「ライターとして記事を書くなら自分の好きなことで攻めたい!」と、こう思っている人は多いでしょう。実際、それは仕事を続けるための大きなモチベーションになるのでとても重要です。

しかし、残念ながら「みんなが好き=単価が高い」というわけではありません。

ゲーム、アニメ、映画、グルメ、旅行・・・そういったジャンルを目指しているライターも多いかと思いますが、このあたりは正直言うと稼ぐまでに行きつくのが非常に大変です。

  • 目指す人が多い
  • 安い案件でもやってくれる人が多い
  • 不況に左右されやすい

こういった特徴があります。

金融、健康、美容関係の強いところは不況であっても好調であっても、常に興味が集まるジャンルであるということ。

なので、ゲーム、アニメ、映画、グルメ、旅行といった類の記事を執筆したいなら、同時に硬く稼げるジャンルも一つ手をだし、知識を深めていく努力をした方が良いかもしれません。

もしくは、ライター兼デザイナー、ライター兼イラストレーター、ライター兼スポーツトレーナーなど、もうひとつの肩書きや強みをもっていれば、早い段階で軌道に乗れるのではないでしょうか。

  • 金融関係
  • 医療関係
  • 美容系

もし、これからライターになって稼ぎたいと思っているなら、これらのことを頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。

ライター:敏夫

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!