ランサーズ初心者が直接依頼を受けられるようになるために意識するべきポイント4つ

仕事を依頼する女性社員

ランサーズではクライアントから直接依頼されることもあります。プロジェクトにおいてこちらから提案する場合は、自分が選ばれるかわかりませんが、直接依頼ならほぼ確実に仕事がゲットできるので、出来ればそういった状態になりたいですよね!

そこで今回は、直接依頼を受けやすくするコツをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

直接依頼が増えるポイント

認定ランサーになるべし!

直接依頼を受けやすくなるには、認定ランサーになるのが一番!
そこでそもそも認定ランサーとは何か、どうすればなれるのかなどのコツを紹介します。

まず、認定ランサーとは何か?

認定ランサーとは、名前の通りランサーズが認めたランサーです。
つまり「信用が置ける」「仕事をしっかりしてくれる」「納期を守ってくれる」といった仕事を渡すうえで重要な事項をクリアしてくれそうな人々のことです。

クライアント側としても、どうせ依頼するなら信用が置ける人に依頼したいので、認定ランサーを検索して直接依頼してくることは多いですね!

認定ランサーになるコツ

認定ランサーになれる条件は以下の通り

  1. 獲得報酬額:各カテゴリの上位20%
  2. クライアントからの評価:4.8以上
  3. 24時間以内でのメッセージ返信率:80%以上
  4. 仕事完了率:90%以上
  5. 計9箇所のプロフィール項目の記入

このうち、3〜5はすぐにでも達成できると思います。
しっかりプロフィールを記入して、メッセージをなるべく早返し、仕事を確実に終わらせればOKです。

次に達成しやすいのは2の「クライアントからの評価4.8以上」
非常にボーダーが高いようにみえますが、納期を守り、しっかりお仕事すれば5をくれるクライアントが多いので、手抜きさえしなければ普通に達成できるでしょう。

問題は1の「獲得報酬額が各カテゴリの上位20%」というところです。こればっかりは始めた直後に達成するのは不可能でしょう。
ボーダーは未発表なのでいくら稼げばいいのかは不明ですが、とにかく数多く依頼をこなしていくしかありません。

リピーターを増やそう!

新規顧客は大事ですが、更に大事なのは「次も依頼してもらえるか」です。
たとえば、こちらから提案したプロジェクトでもクライアント側が気に入ってくれれば、その後直接依頼をしてくれる可能性は高くなります。

このために、納期やクオリティを守るのは当たり前として、コミュニケーション能力も重要になります。

  • もっとよくなるアイディアを出す。
  • クライアントが不慣れであればこちら側からサポートする。
  • 次回の依頼も欲しい事をアピールする。

こうしたアプローチはとても重要で、逆に最低限しか発言しないと、「何を考えている相手か」「仕事の意欲はどの程度あるか」などが伝わらず、次回に繋がらない可能性もあります。

1日1回はメールチェックする

「土日や祝日もメールチェックするの?」と思う方もいるでしょうが、正直に言えばした方が良いです。

クライアントがいつ休みでいつ依頼してくるかは分からず、直接依頼をもらったとしてもすぐに反応が無ければ流れてしまうケースも多いです。

メールチェックする=土日祝日も作業する

ということではなくメールの返信だけ行えればOKなので、忙しければ最悪「ただ今出先なので明日返信させていただきます」とでも良いので返信しておきましょう。

土日祝日の連絡がしたくなければプロフィールに営業時間を書いておこう

どうしても「土日祝日に仕事を持ち込みたくない!or忙しい!」ということであれば、あなたのプロフィールや提案にあなたの営業時間を書いておきましょう

クライアントからすれば、これを書いておいてくれた方が「ちゃんと仕事とプライベートは分けている人なんだな」「ちゃんと休んでいるなら平日はしっかりと仕事をしてくれそうだな」と逆に信頼してくれる材料になります。

請け負うからには自信を見せる

偉そうにする必要は全くありませんが、仕事を請け負うからには「ちょっと不安ですが」とか「お気に召さないようであれば、お題は頂かなくても結構なので・・・」と言うスタンスは実はNG。

自信がない人に任せようとは誰も思わない

しっかり自信もって「お任せください」「確実に高品質のものを納品させていただきます」というスタンスを取りましょう。

クライアントはお客様なので「必ずしもプロ意識が必要とは限りません」が、受注側は「お金をもらうからにはプロとして徹する必要」があります。

制作事務所から依頼を受けるのも、大学の学生サークルから依頼を受けるのも、受注側はプロに変わりないということです。

仕事に不安を見せる人に、もう一度依頼するのはクライアント側としても不安になりますから、自信は非常に大事です。

まとめ

  • 認定ランサーになろう
  • リピーターを増やそう
  • 1日1回はメールチェックしよう
  • 自信持って仕事をしよう

認定ランサーになるには、時間の都合などで時間がかかるかもしれませんが、それ以外は初めから意識をもって仕事すれば達成出来る事ばかりです。

むしろそうしたことを徹底して、認定ランサーを目指すという認識でも良いかもしれません。

ライター:敏夫


【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!無料登録(30秒)

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!