フリーランスになり友達と疎遠になるかと思いきや、会社員時代より時間が作れるようになった?!

友人たちと遊ぶ

フリーランスで働くと、出社時間も退社時間もありません。休日も自分次第で、常に「オン」の状態が続きます。また、時間や締め切りに追われている人がほとんどでしょう。

プライベートな時間をしっかり持つことも働くうえでの課題になります。そんな中で会社員時代の友達などとの付き合いはどうなっているのでしょうか?フリーランスの交友関係について考えてみました。

スポンサードリンク

フリーランスの交友関係

フリーランスの道を選んだ宿命

私は会社員を経験し、フリーランスになりましたが、働き方は全く異なります。

残業時間のチェックを受けることはありませんし、ダラダラと長い会議に付き合うこともありません。1日のスケジュールを決めるのは、他でもなく、「自分」以外いないわけです。

フリーランスの名の通り、自由に思えるかもしれませんが、サボればサボったぶん、自分の収入に影響が出ます。

休日にも同じことが言えるので、365日フル稼働というフリーランスもいるほどです。これでは家族や友人と過ごす時間はほとんど作れないでしょう。

フリーランスになったら友達と会いづらくなった、という人も居るが…4 フリーランスになったら友達と会いづらくなった、という人も多くいますが、私の場合はフリーランスになったことで友達と過ごす時間が増えました。

会社員時代はプロジェクトのリーダーを務めることが多く、仲間を置いて先に帰るのが難しい状況だったからです。

そのため、なかなか友人を誘うこともできませんでした。最悪の場合ドタキャンということもあり、そのせいで多くの友人を失った気がします…。

自分の裁量で時間を作れるし、週に一度は必ず休むようにしている

現在は、ウィークデーであっても自分の裁量で時間を作ることができてますし、週に1度は必ず休みをとるようにしています。

仲間とキャンプに行ったり、朝まで飲み歩いたり。息抜きがあるからこそ、仕事にも集中できると確信しています。

友達と遊んでばかりでは収入が減ってしまいます

休めば休んだだけ、収入が減るのはフリーランスを選んだ宿命です。

私もそこは気になるので、例えば遊びに出る前日に夜中まで原稿を書いたり、早起きして書類の整理をしたりと、時間を見つけては仕事をするようにしています。

食べていけるのか心配されることは多い

話すのが友達ということもあり、よく「どうやって食べているの?」と心配されることがあります。

ノマドという言葉が注目されるようになったものの、会社員からすると中々フリーランスの働き方は理解されません。極端に言えば、「だらしがない生活」という色眼鏡で見られてしまう場合もあります。

確かにフリーランスは社会的に見ても、クレジットカードが作りづらかったり、ローンの審査で落ちたりと、世間の信用を集めるような職種ではないのかもしれません。

フリーランスになったのをきっかけに交友関係が減ってしまうということもあるでしょう。

しかし、フリーランスだからこそ出来る仕事がたくさんあるのも事実です。だから私は、フリーランスという選択をしたことに自信を持って過ごしています。

1つの会社からのみ給料をもらうのではなく、全国のクライアントと仕事をして、生計を立てることは、今の時代、決して間違いではないでしょう。

会社員が満員電車に揺られる時間帯に、どんどん仕事を進めることもできます。皮肉な言い方になりますが、どうやって食べているか分からないくらいのほうが、フリーランスとしては成功しているのではないでしょうか?

家族や友達からも不思議に思われるフリーランスとしての生き方ですが、まぎれもなく自由です。

仕事人間にならず友達と過ごす時間を大切にする経営者のほうが成功している場合もあります。生活にメリハリをつけるためにも息抜きは大切なのだと思います。

ライター:たつみ


【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!無料登録(30秒)

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!