ふるさと納税はクレジットカードで支払える?ふるさと納税の支払い方法一覧

ふるさと納税はクレジットカードで支払える?ふるさと納税の支払い方法一覧

ふるさと納税をしてみたいけど、支払いはどうすれば良いのか?と不安に感じている人もいるのではないでしょうか?

手持ちのクレジットカードで簡単に支払いができれば、とても便利ですし、電子マネー決済は使えるのか、知りたい人もいますよね。

そこで今回は、各ふるさと納税サイトで、どんな支払い方法があるのか、クレジットカードはどれでも使えるのか、という点に絞って調査してみました。

それぞれのふるさと納税によって、支払い方法はどう違うのか、下記を参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ふるさと納税はクレジットカードで支払える?ふるさと納税の支払い方法一覧

「ふるさとチョイス」の支払い方法

返礼品1位で人気の「ふるさとチョイス」では、多くの支払い方法があります。

・オンラインでの支払い方法

クレジットカードは「VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club International」の5種類です。

ほとんどの返礼品に対応しています。多くの返礼品から選びたい場合は、クレジットカードでの支払いが便利です。

Amazon Pay」での支払い方法も対応しています。「Amazon Pay」はアマゾンジャパンで取扱っている電子マネーサービスです。

返礼品は「Amazon Pay対応」と記載されている商品のみ、対応できます。

ネットバンク「じぶん銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行など」を利用したオンライン決済も利用可能です。

現在は400を超えるネットバンクが対応可能となっています。

あとは、携帯キャリア「ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて払い」も支払いできるので、3大キャリアユーザーにとっては一緒に支払えるため、大変便利ですね。

・実店舗や自治体での支払い

Pay-easyATM支払い)決済が使えますので、コンビニエンスストアや銀行など、買い物ついでに簡単に支払いできます。

支払い可能な銀行は、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の4つです。

寄付申し込み後に送付されるメールに、番号が記載されていますので、ATMにその番号を入力して、支払いをしてください。

コンビニエンストア(ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど )払いも使えます。

ただし、地域によっては対応不可のコンビニエンスストアもありますので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

ほかにも、郵便振替、銀行振込、現金書留などがありますが、手数料が高く付くので、あまりおすすめはできません。

あとは、自治体のすぐ近くに住んでいるという人は、自治体の窓口で直接支払う方法もあります。

「さとふる」の支払い方法

ふるさと納税サイト大手、「さとふる」の支払い方法を見ていきましょう。

・クレジットカード

クレジットカードは「VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club International」の5種類が利用可能です。

・ソフトバンクまとめて払い

ソフトバンクの携帯料金とまとめて引き落としできる、ソフトバンクユーザー専用の支払い方法です。上限は10万円までとなっています。

auかんたん決済

こちらはauの携帯料金と一緒にまとめて引き落としできる、auユーザー向けの支払い方法です。ソフトバンクと同様に、上限は10万円までとなります。

・ドコモ払い

ドコモの携帯料金と一緒にまとめて引き落としできる、ドコモユーザー向けの支払い方法で、上限はau、ソフトバンク同様10万円です。

・コンビニ決済

ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキの全国チェーン店で、支払い可能です。

店内にある端末機を操作したあと、レジでお会計という流れになります。

それぞれのコンビニエンスストアで、操作方法が変わりますので、初めての人はお店の人に手伝ってもらった方が良いでしょう。

・ペイジー

ペイジーはパソコン、スマートフォン、ATMを利用した支払い方法です。

「さとふる」でペイジーを選択すると、「収納機関番号、お客様番号、確認番号」が表示されます。

メモなどに控え、ATMやインターネットバンキングなどの入力画面で、「収納機関番号、お客様番号、確認番号」を入力してください。

「楽天ふるさと納税」の支払い方法

「楽天ふるさと納税」では、各自治体によって支払い方法が変わります。

各自治体ページで選択可能な支払い方法を確認する必要があり、少し面倒な手間が増えるため、面倒に感じるかもしれません。

さらに、自治体によってはクレジットカードの使える種類も違うため、必ず確認が必要です。

欲しい返礼品のページに、寄付する自治体のサイトURLが載っています。各自治体サイトへ飛ぶと、決済方法が載っていますので、そこで確認してください。

クレジットカードが使える自治体の場合、楽天市場の会員で、クレジットカード情報が登録されていれば、支払い情報の入力をする手間が省けます。

できれば楽天市場の会員登録はしておいた方が良いでしょう。楽天市場の会員ではない場合、住民票に登録されている住所を入力する必要があります。

万が一、違う住所で入力した場合は、税金の控除申請ができないので、注意してください。

「ふるなび」の支払い方法

家電も取り扱うふるさと納税サイト「ふるなび」では、支払い方法はクレジットカード、郵便振替、銀行振込の3種類のみです。

クレジットカードは「VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club International」が使えます。

ほとんどのクレジットカードが使えるため、クジレットカードを持っている人は、とくに問題ありません。

しかも、会員登録をしてから、クレジットカードで支払い方法を選ぶと、寄付金に応じた「Amazonギフト券コード」がもらえます。

「ふるなび」を利用するなら、クレジットカードでの支払いが大変お得です。

ふるさと納税はクレジットカード支払いが便利!

各ふるさと納税サイトで可能な支払い方法を紹介しました。

各サイトでは決済方法もいろいろですが、今回紹介した5つのサイトでクレジットカードが利用できます。

登録をしておけば、簡単に支払いできるため、とても便利な支払い方法です。

クレジットカードを持っている人は、ぜひクレジットカードで支払いをしてみてくださいね。

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!