初めてランサーズの「タスク」に挑戦して承認されるまで

ランサーズ

こんにちはー!ライターのたつみです!

ランサーズを始めて、最初に挑戦したのが「タスク」の仕事でした。ちょうど会社を辞め、フリーランスとして働き出した時期で、まだ入ってくる仕事も少なかったため、

時間を有効的に活用し、少しでも売上をあげようという気持ちで、プロフィールなどを登録しました。

まずは仕事を探してみようと軽い気持ちで取り組んだのを覚えています。

ライターとして働いた経験はないものの、前職で原稿を書く機会が多かったので、「ライティング」のジャンルの中から選ぶことにしました。

>>【ランサーズ】Webで完結!在宅で稼ぐ!登録は簡単・無料!(30秒)日本最大級のお仕事マッチングサイト
>>【クラウドワークス】スマホアプリで簡単お仕事マッチング!便利なアプリをダウンロードして在宅ワークを始めよう!

スポンサードリンク

初めてのタスク

これまでの知識で書けそうなものを探す

タスクで検索すると、様々なジャンルの執筆依頼がありました。専門的な知識を要するものや、原稿の文字数が多いものは高額で、反対に誰でも簡単に書けるものは少額の設定ということがわかりました。

最初ということもあり、100円未満の仕事から始めてみようかという気持ちもありましたが、趣味ではなく、仕事としてランサーズを利用しようという気持ちが強かったので、500円ほどのタスク記事に挑戦しました。 内容は「私の健康法」についての記事です。

1200文字以上が必要な案件でした。

健康法ということで、食生活や運動など、幅広い切り口で原稿が書けるのではないかと思ったからです。

「動脈硬化」や「インフルエンザ」などの病名や「ブルーベリー」「柑橘系の果物」など食品の単語が50個以上用意されており、そのキーワードの中から10個以上を原稿に取り入れて書かなければなりません。SEOを意識して原稿を書いた経験がなかったので、承認されるか不安な部分でした。

制限時間があることに気がつく

驚いたのが「制限時間」でした。タスク記事は仕事を始めてから、1時間以内に原稿を納品しなければいけません。

決められた時間の中で執筆する経験がなかったので、刻々とカウントダウンされる制限時間に焦った覚えがあります。

書き出す前に、大まかなあらすじを考えておいたほうがいいこともわかりました。 集中すると1時間はあっという間に過ぎていきます。

まずは思いつくままに書いていき、最終的な見直しに時間をかけるようにしました。

気軽に取り組める「タスク」での仕事ですが、クオリティが求められるのも事実です。

承認されるために、文章に乱れはないか、SEO対策のキーワードを含んでいるか、誤字脱字はないかなど、時間の許す限り文章のチェックをしました。

承認までドキドキの数日

原稿を書き終えると承認されるまで、早いものでは翌日ですが、募集期間の長いものに関しては、数日を要することがあります。その間は何もすることができず、ただ待つばかりです。

何か不備があっただろうかと、不安にもなりました。

数日後、無事に承認され、ランサーズ口座に入金を確認した時は、正直ホッとしました。それ以上に少額とはいえ、原稿がお金になった初めての体験でしたので、喜びや充実感も感じました。

まずはやってみることがポイント

一度承認されると、要領もわかるので、タスク記事から得意なジャンルや、料金が良いものを夢中で探し、1日に数記事、仕事をしました。

徐々にSEO対策やWEBライティングの構成なども学べるため、スキルアップにつながったと思います。

>>【ランサーズ】Webで完結!在宅で稼ぐ!登録は簡単・無料!(30秒)日本最大級のお仕事マッチングサイト
>>【クラウドワークス】スマホアプリで簡単お仕事マッチング!便利なアプリをダウンロードして在宅ワークを始めよう!

外部ライター:たつみ

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!