フリーライターになるのに専門学校に通う必要はあるんだろうか。

<教室

フリーランス(個人事業主)という職業が注目されつつある現在ですが、フリーライターになりたいという人はどのような過程を経てライターになるのでしょうか?

また、ライターに必要なものとはどういったものなのか、「専門学校に通わなければ、ライターにはなれないの?」といった疑問を持つ人も多くいると思います。

最近では、ライター専門学校というものがあるそうですが、果たして専門学校に通う必要があるのかどうか、検証してみたいと思います。

スポンサードリンク

専門学校に通う必要はあるのか

 ライターになるにあたって専門学校に通うメリットは、どういったものなのでしょうか?また、専門学校に通うにあたってのデメリットはなんなのでしょうか?

専門学校に通った時のメリット

  • パソコンに関する資格が取れる
  • ExcelやWordをすべて使いこなすことができる
  • パソコンに関する知識がきちんと身に付くため、よりクオリティの高い文章を執筆できるようになる

このように専門学校に通うことで、必要なソフトに関する知識を身に付けることができ、ライターの仕事をするにあたって、必要なスキルはすべて身に付けることができるという部分が最大のメリットと言えるでしょう。

また、専門の知識を身に付けたことによって、文章の構成がきちんとしているため、記事も書きやすくなります。

専門学校に通った時のデメリット

  • 専門学校というだけあって、莫大な学費がかかってしまう
  • 卒業するまでに、膨大な時間を費やすことになる

 まず学校に通うには、入学金や授業料が必要となってきます。短期・少人数制もあれば、長期・大人数制もあり、通う学校によって学費は異なりますが、けして安い金額ではありません。したがって専門学校に通うには、ある程度の学費の準備が必要となります。
 
また、一年制もあれば三年制、四年生もある為、学校に通う年数を考えると、「いますぐにライターになりたい!!」という人には、あまりにもの長い時間を費やさなくてはいけません。

専門学校に通う必要がない理由

専門学校に通わずにライターになった場合、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

専門学校に通わなかった時のメリット

  • 自分の好きなタイミングでライターになれる
  • スキルがなくても、Wordさえ使えればライターの仕事ができる
  • 学費に使う金額を、自分の開業資金に使うことができる

専門学校に通わずとも、WEBでわからないことを検索し、自分でスキルを身に付ける事ができる時代ですので、普通にパソコンが使えれば大丈夫です。パソコンが使えればすぐにでも仕事が可能となりますので、好きなタイミングで仕事ができます。

学費にかかる金額をそのまま新しいパソコンを購入する費用に回すこともでき、金銭的にも自由が効きます。

専門学校に通わなかった時のデメリット

  • 一般的な知識しかないため、クオリティの低い記事になってしまいがちになる
  • 高度な技術を必要とした特殊な記事を書くことができない

まず専門的な知識がないことが一番のデメリットとなります。最近は完成度の高い記事を求めるクライアント様が多いため、それを目の当たりにした瞬間、必ず「専門学校に通えば良かった」と後悔してしまいがちです。

WEBから自分でスキルを身に着けるにあたって、誰かが教えてくれるわけではなく、自分ですべて憶えなければならないので、根気が必要です。

現代では、幼いころからパソコンが使える環境にあり、パソコンの為だけに専門学校に通う人は少ないでしょう。CADを使った設計を目標とし、そのついでにパソコンの資格も一緒に取るといったように、何か特殊な資格と並行して、資格を取る人がほとんどです。

専門学校に通っても通わなくても、ライターにとって一番大切なのは、「文章を書く事が好きだ!!」という気持ちではないのでしょうか。ライターである以上、その気持ちは、決して忘れてはいけないものであると私は思います。

外部ライター:浜口

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!