インターネットで稼ぐことは仕事ではないのか?

都市

現代社会において、パソコンはもはや必要不可欠となっている上に、インターネットでの仕事が増えてきています。

私の子供の頃や私の父親・母親は、よく「汗水垂らして働く」という言葉を使っていましたが、インターネットが主流となりつつある今、身体を動かさなくても働いてお金を稼ぐことができるようになりました。

そんな中「インターネットで稼ぐことは仕事ではない」といった発言をしている人達の心理を検証してみたいと思います。

スポンサードリンク

インターネットでの仕事を認めない人

「汗水垂らしてお金を稼ぐのが当たり前だ」

これは、「パソコンで仕事をしている行為が、端から見たら遊んでいるようにしか見えない人」がよく言うセリフです。 

そもそも「汗水」とはどういった意味なのでしょうか?

「汗水垂らして働く」「汗水たらして稼いだお金」と言った言葉をよく耳にするかと思いますが、汗水とは、『その時間や労力を費やしたことを表す表現』です。

人間はお金を稼ぐのに、たくさんの時間と体力を使い、働き続けた報酬として「給料」というお金をもらって生きています。

日本が終戦を迎えてから工業・産業が発達し、肉体労働をメインとする仕事がたくさん増えていきました。その時代の日本は非常に貧しく、1円を稼ぐのにも相当な苦労をしたと言います。

現在では1000円を稼ぐのに1時間あればバイトでも稼げるという状況ですが、昔の1000円というものは、1000円あったら新築の家が1軒建ってしまうという、ものすごく価値のあるものでした。

ですから、戦争を経験している方や戦後間もない時代を生きてきた人たちにとって、お金というものは「汗水垂らして稼ぐものだ」という認識が強いようです。

 特に男性の方は、

「男は汗水垂らして働いてなんぼ」「女は家庭を守ってなんぼ」といった思考が強いため、「体を動かして汗をたくさん流して稼いできたお金にこそ価値がある。汗水垂らして働いてこそ仕事と言え、それこそが当たり前である。」と考えてきたのが現状です。

年齢が上がるにつれこういう考えの人は多くなります。

インターネットで稼ぐことは仕事ではないのか?

 パソコンを使った仕事は、インターネットの知識が無い人たちにとっては「仕事」と呼びづらい部分があります。

しかし、インターネットで仕事をする、といったことは今の時代では当たり前。

どこの会社も事務所には必ずパソコンが設置されていますし、インターネットを使った職業もかなり増えています。

企業・組織はもちろん、個人でもインターネットを使った仕事をしている人が大半を占めているため、「インターネットで稼ぐことは仕事ですか?」と質問すれば、9割強の人が「仕事です」と答えるでしょう。

昔とは違い、汗水垂らさなくとも『お金を稼ぐ=仕事』なのです。インターネットで稼ぐということも、現代社会では立派な仕事と言えるでしょう。

インターネットの知識のない人がこういうことを言う

 現在の若者は、いわゆる「ネット環境」で育ち、幼い頃からインターネットに関する教育を受けていますが、

インターネットの知識がない人たちは、インターネットで稼ぐことに対して、どのようなことを言うのでしょうか。恐らく大半は「楽をして稼ぐ仕事は、仕事ではない」と言うでしょう。

昔は当然パソコンなどありませんから、おじいちゃん・おばあちゃん世代の人は「インターネットとはなんぞや?」という人がほとんどです。

また、辛い労働や過剰労働が当たり前といった時代を生き抜いてきた人たちですから、「室内や自宅で稼ぐ」という認識も薄いので、「楽をして稼いでいる」という考えに至ってしまいがちです。

決して楽をして稼いでいるわけではないのですが、知識のない人たちから見たら、そういう風に見えてしまうのかもしれません。

私たちにとってインターネットで稼ぐことは、決して楽なことではなく、れっきとした仕事ですが、こういった考えを持つ人たちの理解を求めることは難しいことなのかもしれません。

ですが、彼らと私たちが生きてきた時代も違うので、相当な苦労をして生きてきた世代の人たちを責めることもできません。

お互い歩み寄り、今生きている時代の仕事を少しでも理解してもらえれば、それだけで「インターネットを使い仕事をしている」ということに誇りと自信が持てるのではないのでしょうか?

ライター:浜口

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!