「私、フリーランスになる!」と宣言した時の周りの反応

5つの玉

私が「フリーランスになりたい!」と言った時、最終的に周りの反応は「やってもいいよ」という感じでした。

スポンサードリンク

フリーランスになるといった時の周りの反応

私の場合はフリーランスライターなので記事作成がほとんどですが、同居している彼には、「お前は文章が得意だから、羨ましいな」と言ってもらえました。

ですが、フリーランスになるにあたって、何回か話し合いをした結果、約束事を決めて仕事をするということと、「もし、やってみて楽しくできるようなら自分もやってみたい」と興味も持ってもらえました。

絶対に無理はしないこと

私の場合、副業としてフリーランスライターになったため、昼間は本業の仕事をし、夜帰って来てから夜中にかけてライターの作業をするといった形になるので、「体壊さない?」といった不安はあったようです。

本来なら何社か重複して依頼を受けたいところですが、かえって心配をかけてしまうため、無理なく自分のペースでできる量の仕事をするという約束をしました。

子供が来年受験のため、少しでも学費になればという感じで始めたいと思ったので、本業のこともあるので、「体を壊さない程度にしなよ?」と言ってくれました。

そういった不安を与えてしまっているのだということも実感しましたが、「とりあえず少量の仕事から受けてみな」とのことでした。

騙されたりしないように気を付けること

これは実際、私が経験したことなのですが、フリーランスになるためには、仕事を受けられる状態にしなければいけないので、まずはサイトやアプリを検索します。できるだけ無料で登録ができ、口コミや評価の良いサイトやアプリを検索してみたのですが、入会金無料を謳うサイトはかなりありました。

その中から1件ずつ詳細を見ていくわけですが、やはり無料とは名ばかりの悪徳商法が多く、騙されて大金を払ってしまい、その金額が戻せないまま退会してしまった方もたくさんいました。

仕事をもらえるサイトも注意して見なければならない

サイトを利用する前に、そういった悪徳商法に引っかからないようにするために、どのようなことに気をつけて探せばいいのか調べてみました。ですが、結局私も騙されかけてしまいました。

私の場合は、無料登録できて、システム使用料は報酬金額の20%だけで、あとは一切お金がかからずに仕事を開始できるというもので、一人一人に担当者がついてサポートしてくれるとのことでした。

担当者から連絡が来るのを待っていたのですが、いざ連絡がきたら「ネット上にあなた専用のサーバーを開設しなければいけないので、一括で39万円を払ってください」と言われ、「お金がないので払えません」といったら、「消費者金融でお金を借りて払ってください」とのことでした。

結局、借金があるから借りることができないと嘘をつき、何とか逃れることができた私ですが、ネットというものは怖いものなのだと実感し、彼氏がそういうものを見抜く力が非常に長けているので、怪しいなと思ったらすぐに彼に相談して、自分で先走って決めないことも約束しました。

ネットでは、気を抜いていると騙される

本当に簡単な約束事ですが、これが意外と難しかったりするのです。自分は無理をしているつもりはなくても、相手から見て無理をしていると感じてしまうこともあります。

心配してくれているのはよくわかるので、手を休めて少し話をしてみたり、一緒にジュースやコーヒーを飲んで休憩したりしています。

また、私は騙されやすい傾向にある為、何かを調べるときなどは彼にも協力してもらい、安全なサイトを選ぶようにしたことで、今回のようなトラブルを回避できるようになりました。

周囲の理解があることは素晴らしいこと

フリーランスになりたいと言った時も反対せず、フリーランスになった現在も、色々な面でサポートしてくれている彼には、いつも感謝しながら仕事をしています。

親にもフリーランスになると伝えましたが、「資格を持っているから、ちょうどいいね」と、何ともあっさり承諾してくれました。

自分が思っている以上に周囲の理解力というものがあり、私自身すごく環境に恵まれているのだと実感しました。周りの理解がある環境というのは、孤独感の強いフリーランスにとって本当に素晴らしいことなんだと思います。

外部ライター:浜口

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!