ここが見られる!フリーランスが会社員へ再就職する際に会社があなたに注目するポイント5つ【個人事業主の転職・再就職】

フリーランスが会社員へ再就職する際に会社があなたに注目するポイント5つ

特定に会社に属さないフリーランス。

会社員のように特定の人間関係や場所に縛られることなく働くことができるフリーランスですが、何らかの事情でフリーランスから会社員に再就職しなくてはいけなくなってしまったという方も多いのではないでしょうか?

というのも、クラウドワークを斡旋してくれるサイトが充実してきたことにより最近はフリーランスになる人が増えた一方、フリーランス特有の厳しさから「やっぱり会社員の方が気楽だな」と会社員に戻りたくなってしまう人も少なくないからです。

ただ、フリーランスから会社員に再就職する場合、会社員時代のような感覚で就職活動をおこなってもなかなかうまくいきません。

なぜかと言うと、採用担当者がフリーランスだったあなたに求めていることと、会社員に求めていることとは違うからです。

つまり、会社員だった人とフリーランスだった人ととでは、面接の際に注目されるポイントが違うということです。

そこでこの記事では、フリーランスが会社員に再就職するときに会社が注目するポイントについて詳しく紹介していきたいと思います。

フリーランスから会社員に戻ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ここが見られる!フリーランスが会社員へ再就職する際に会社があなたに注目するポイント5つ

フリーランスから会社員に戻るときに注目される5つのポイント

フリーランスの方が会社員へと再就職する際、注目されるポイントは全部で5つあります。

もちろんこの5つのポイント以外についても質問されたりしてしまう可能性はありますが、この5つのポイントに関しては特に注目されやすいポイントになるので、これらのポイントについて何かしら質問された場合しっかりと答えられるよう準備しておかなくてはいけません。

では、これら5つのポイントとどのように回答していくべきかについてみていきましょう。

1. なぜ会社員からフリーランスになったのか

会社員からフリーランスとして独立した方の場合、かなり高い確率でフリーランスになった経緯を聞かれます。

というのも、一度フリーランスとして独立した人の場合、その他の人より独立してしまう可能性が高くなるからです。

会社としては人材が離れてしまうのは避けたいものなので、独立する可能性が高い人を積極的に採用しようとは考えていません。

もちろん独立した理由についてでっちあげるのはよくありませんが、「業務がつまらなかったから」などの理由は避けるようにした方がいいと言えるでしょう。

「自分の力を試したくなった」などのポジティブな理由を用意しておくようにしましょう。

2. なぜ会社員に戻ろうと思ったのか・戻らなくてはいけなくなってしまったのか

会社員からフリーランスになった理由と同じぐらい注目されやすいのが、なぜフリーランスから会社員に戻ろうと思ったのか・戻らなくてはいけなくなってしまったのかについてです。

一度飛び出した世界に戻ってくるわけですから、注目されるのは当然と言えば当然ですね。

ただしこれに関しては、よほどおかしな理由でない限り正直に答えるのがベストだと言えるでしょう。

もしフリーランスとしてやっていくのが厳しくなってしまった場合も正直に話しましょう。

また、「フリーランスの不安定さを痛感し、会社員の安定性に魅力を感じた」などの理由もアリです。

「会社員でしかできない規模感の大きな仕事がしたくなった」や「チームで目標を達成する充実感が恋しくなった」などもポジティブで好意的にとらえられそうですね。

3. フリーランスとして成功できなかった理由

「なぜ会社員に戻ろうと思ったのか・戻らなくてはいけなくなってしまったのか」のポイントで、「フリーランスとして活動していくのが厳しくなってしまったから」と答えた場合、フリーランスとして成功できなかった理由について注目されてしまう可能性があります。

これは無神経な質問ではなく、フリーランスとして成功できなかった理由をちゃんと理解できているのか、客観視できているのかが知りたいからです。

つまり、あなたの分析能力が知りたいわけですね。

おこなった施策や現状の問題点を分析できるかどうかはビジネスマンとして求められる能力の一つです。

ですので、どういった理由でフリーランスとして活動していくのが難しくなったのかについてしっかりと分析しておくようにしましょう。

4. しっかりとコニュニケーションが取れるか

フリーランスは自分で営業をかけて仕事を取ってきたり、いろいろなクライアントとこまめに連絡を取り合ったりするのでコミュニケーション能力が低いということはありません。

むしろ会社員よりもコミュニケーション能力が問われる職業だと言ってもいいでしょう。

しかし、フリーランスに対して「会社員としてやっていくことができなかった人」と捉えている人が一定数いるのも事実。

そのため、しっかりとコミュニケーションを取ることができるかについても多少なりとも注目されます。

ただしこの部分については面接の際に聞かれたことに対してしっかりと答えることさえできていれば問題ないと言えるので、緊張したり変にかまえたりせず、自然体で対応するようにするといいでしょう。

5. スキルと実績があるか

フリーランスから会社員に再就職する際に最も重要視されるポイントが、スキルや実績です。

会社としてはやはり高いスキルを持った人材や実績を残している人材を迎え入れたいものなので、スキルと実績はかなり重要なポイントになってきます。

ですので、もし自分のスキルや実績を証明できるポートフォリオ的なものをまだ準備できていないのであれば、すぐにでも準備に取り掛かってください。

今の時代どういった職業であれウェブのスキルが求められるので、ポートフォリオサイトを用意しておくといいですよ。

また、ただ準備するだけでなく、成果物や実績の内容についてもしっかりと説明できるようにしておくと尚良です。

まとめ

フリーランスから会社員への再就職を考えている方のために、フリーランスが会社員に戻るときに注目される5つのポイントについて紹介してきました。

今回紹介してきたように、会社員とフリーランスとでは面接の際に注目されるポイントが大きく異なってきます。

そのことをきちんと理解しておかないと面接の際に上手く答えられなかったりしてしまうなど対策を立てることができなくなってしまうので、しっかりと対策できるようにしておきましょう。

特にスキルと実績は最も注目されやすいポイントです。

ですので、口頭で答えるだけでなく、成果物など目に見える形で証明できるよう準備を進めておくといいでしょう。

そうすることができれば、会社員への再就職はきっと成功するはずですよ。

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!