フリーランスから会社員に転職するときに活用したい6つの再就職方法【個人事業主の転職・再就職】

フリーランスから会社員に転職するときに活用したい6つの再就職方法

フリーランスは世間で言われているよりも厳しい世界です。

というのも、仕事をもらうことができないと生計を立てることができませんし、仕事が途切れてしまうたびに営業をかけ新しい仕事を自分の力で取りに行かなくてはいけないからです。

そのため、フリーランスとして独立してみたはいいものの、思うようにいかず再就職することになったという人も少なくありません。

実際に今就職先を探しているフリーランスの方もいるでしょう。

そんなときに気になってくるのが、フリーランスの人が再就職する際の「やり方」について。

フリーランスの人が再就職する場合、会社員の人が転職するのとは少し勝手が異なるため、再就職のやり方について気になっている人は多いでしょう。

そこでこの記事では、フリーランスの人が再就職するときのやり方について詳しく解説していきたいと思います。

再就職を検討しているフリーランスの方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

フリーランスから会社員に転職するときに活用したい6つの再就職方法

フリーランスの再就職のやり方にはどんなやり方があるのか

フリーランスの人がフリーランスから会社員へと再就職する場合、どういった方法を使って再就職することができるのでしょうか?

フリーランスの人が再就職するときに活用するべき6つの方法についてみていきましょう。

1. ハローワークで再就職先を探す

フリーランスの人が再就職する方法の一つ目は、ハローワークで再就職先を探すという方法です。

再就職先を探すときの定番の方法とも言えますね。

再就職先を探す場合、まずハローワークに行くという人も多いのではないでしょうか?

ハローワークではその地域の求人が多数扱われていますしジャンルもさまざまなので、きっとすぐに再就職先の候補を見つけることできるでしょう。

ただしハローワークに出されている求人は給与水準の高くないものが多く、フリーランスとして稼いだ経験のある人だとちょっと物足りないと感じてしまうでしょう。

2. コネクションを活用して再就職先を探す

フリーランスの人が再就職する方法の一つ目は、コネクションを活用して再就職先を探すという方法です。

例えば、会社員として働いている友人に友人が働いている会社を紹介してもらったり、前職の同僚などの知人を通して就職先を紹介してもらうといった方法ですね。

この方法を活用して再就職する場合、再就職先として紹介してもらう会社のことをある程度知っている人に紹介してもらえるので、変な会社にあたってしまう可能性が低くなります。

「再就職してみたけど募集要項の条件と全然違う…」というようなトラブルが起きる可能性を減らせるというのは、とても魅力的だと言えますね。

また、友人や知人にプッシュしてもらうこともできるでしょう。

ただし、紹介してもらった手前、断りにくくなってしまうというデメリットもあるので注意してください。

3. 転職サイトで再就職先を探す

フリーランスの人が再就職する方法の三つ目は、転職サイトで再就職先を探すという方法です。

転職サービスにはさまざまなサービスがあり、中には特定のジャンルに特化したサイトもあるので、自分がやりたいジャンルが決まっている人には特におすすめの方法だと言えますね。

転職サイトにはハローワークなどの一般的な求人サイトには掲載されていない求人も多数掲載されているので、より自分好みの求人に出会える可能性が高くなります。

また、転職サイトの場合、大手や有名企業の求人も多数掲載されているので、より条件のいい求人を探すこともできます。

一方転職サイトは基本的に企業からお金をもらって求人を掲載しているため、その会社の良くない部分についてはあまり掲載されない傾向にあります。

そのため、その企業がどういった企業なのかをしっかりと見極められる力が必要になってきます。

4. 転職エージェントで再就職先を探す

フリーランスの人が再就職する方法の四つ目は、転職エージェントで再就職先を探すという方法です。

転職エージェントというのは転職サイトとは異なるサービスで、一人ひとりにエージェントがつき、転職活動をサポートしてくれます。

求人探しから面接対策、企業との面談などありとあらゆる面でサポートしてくれるので、再就職できるか不安という人におすすめしたい方法です。

一方、能力やこれまでの実績に見合った企業を紹介されることが多いので、本当に行きたい会社にいけない可能性が高いというデメリットもあります。

5. 案件で関わったクライアントに紹介してもらう

フリーランスの人が再就職する方法の五つ目は、案件で関わったクライアントに再就職先を紹介してもらうという方法です。

ここまで紹介してきた方法はどちらかというとフリーランスに特有の方法と言えるものではなく、会社員の方が転職先や再就職先を探す方法と似通ったものばかりでした。

一方、この方法はフリーランス特有の方法だと言えますね。

フリーランスをやっていた中で数々のクライアントに出会ってきたかと思いますが、この方法では、ある程度仲良くなったクライアントに相談し再就職を紹介してもらいます。

クライアントはあなたの能力を知っているので、きっとあなたの能力を活かせる企業を紹介してくれるでしょう。

話を切り出すのに若干勇気がいる方法ではありますが、友好的な関係を築くことができているクライアントであれば邪険にされることはまずないはずなので、一度相談してみるといいでしょう。

6. 案件で関わったクライアントに雇用してもらう

フリーランスが再就職先を探す方法としても最もおすすめなのが、この方法です。

これもフリーランスならではと言える方法で、これまで仕事をふってもらっていたクライアントに雇用してもらえるよう打診していきます。

もちろん人手を必要としている企業でなければ雇ってもらうことは難しいかと思いますが、人手を募集している場合は高い確率で話を聞いてもらうことができるでしょう。

あなたに仕事を依頼していたわけなので、あなたの能力を知っていますし、その能力を評価してくれているはずなので。

これも多少勇気のいる方法ですが、良好な関係を築けているクライアントがいるのであれば、ぜひ相談してみてください。

まとめ

再就職したいと考えているフリーランスのために、フリーランスの人が再就職するときのやり方について詳しく紹介してきました。

今回紹介したように、フリーランスと言えども再就職先を探すときは一般の会社員が転職先を探す方法とほとんど変わりありません。

唯一異なる点があるとすれば、フリーランスとして仕事をしていく中でつながったクライアントから再就職先を紹介してもらったり、クライアントに雇用してもらったりという方法があるという点ぐらいでしょうか。

この方法はフリーランスだった人ならではの方法だと言えるので、ぜひ積極的に活用していきたいところです。

現在再就職先を探しているフリーランスの方は、ぜひこの記事で紹介してきた内容を参考に、再就職先を探してみてくださいね。

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!