【現役面接官が語る】フリーランスから会社員へ再就職!年齢は関係あるの?【個人事業主の転職・再就職】

この記事を読んでくださっている人の中には、事情があり「フリーランスから会社員に戻りたい。でも年齢がハンデになるのでは?」と思っている人もいるでしょう。

私は会社員ですが、仕事柄毎日フリーランスの人達と関わっています。彼らの素直な意見を聞かせてもらう機会も多いです。

また「フリーランスを辞めて、うちの会社で正社員として働きたい」という人達の面接も担当しています。

面接に来る人達の年齢は、20代~60代と幅広いです。

今回は「会社員に戻りたいけれど、年齢が関係あるのだろうか?」と悩むフリーランスの人達に向けて、面接官としての率直な意見を、包み隠さず話させていただこうと思います。

スポンサードリンク

【現役面接官が語る】フリーランスから会社員へ再就職!年齢は関係あるの?

「フリーランスから会社員に戻りたい」多い理由はこれ!

会社員時代に「フリーランス」としての働き方が魅力的にうつった人は多いでしょう。

それは、例えばこのような理由です。

  • (うまくいけば)給料が会社員時代より上がる
  • 煩わしい人間関係や、朝夕の通勤から解放される
  • 自分の能力を試してみたい

しかし、念願叶って憧れのフリーランスとして仕事をしていたのに、数年後には「会社員に戻りたい」と思う人も多くいます。

私はこのような人達の面接を定期的に行っているのですが、多い理由はこれです。

~フリーランスから会社員に戻りたい理由~

安定した生活がしたくなった

この理由が圧倒的に多いです。

例えば「結婚」をしたり「子供がうまれた」という人や、親の介護をする必要に迫られた人は「このまま不安定なフリーランスを続けるのではなく、安定した会社員という地位が欲しい」と思うことが多いです。

孤独を感じる

人間関係の煩わしさから解放されたくて「フリーランス」になる人も多いですが、実際に1人で仕事をしていると、経営・営業・経理と全てのことを一人でこなす必要があります。

また困った時にも相談相手はおらず、毎日が自分との戦いでもあります。

そのような状況下にいると、だんだん孤独を感じ、集団で仕事をしたいと思うようになるフリーランスもいます。

将来が漠然と不安になる

「収入も軌道に乗っているし、一人で仕事をするのも悪くない。でもこの先のことを考えると不安になる」と、将来について漠然と不安になるフリーランスもいます。

このような人が「自分の年齢であれば、まだ会社員に戻れるかもしれない」とか「この年齢だと、会社員に戻るのは厳しいかな」などと考えます。

そうすると、早く会社員に戻ろうかなという気持ちが芽生えてきます。

そうです。フリーランスから会社員へ戻る際の「年齢」についての不安が出てくるのです。

次の項目で、フリーランスから会社員へ戻る際に「実際のところ年齢は関係あるのか?」について解説させていただきます。

フリーランスから会社員へ。年齢は関係「ある」「なし」どちらも正解!

現役面接官の立場から率直に言わせてもらいます。

フリーランスから会社員に戻る場合の年齢についてですが「関係ある」「関係なし」のどちらも正解です。

「って、一体どっちなの!!」というツッコミが聞こえてきそうですが、本当にそうなのです。

もっと詳しく言うと、自分の年齢を武器にできている人にとっては「年齢は関係ない」のです。

逆に、自分の年齢をマイナスに考えてしまい、武器にできていない人にとっては「年齢は関係ある」になってしまいます。

私は会社で面接官だけを仕事にしているのではなく、普段は他の仕事もしています。その為、自分の仕事が忙しい時でも、中断して面接をすることはよくあります。

そうです。面接はボランティアではないのです。書類選考を通った人には、全員「採用するかもしれない!」という期待をもって面接をしています。

今まで20代から60代まで面接をしてきましたが、面接の約束まで取り付けた人は年齢に関係なく、全て「採用する可能性がある」と思いながら面接をしてきました。

「でも書類選考の段階だと、やっぱり年齢で不利なのでは?」という心の声も聞こえてきます。

これも書類選考の時点で、自分の年齢を「武器にするアピール」が出来ているか否かで決まります。

年齢をハンデと捉えるか?強みと捉えるか?

前項で、自分の年齢を武器にできている人にとっては「年齢は関係ない」と申し上げました。これは言い換えると「自分の年齢を強み」にできている人だということです。

逆に自分の年齢を武器にできていない人にとっては「年齢は関係ある」と申し上げました。これは言い換えると「自分の年齢をハンデ」にしている人だということです。

自分の年齢がハンデだと考えている人は、年齢を重ねている人だと思います。そのような方向けに「自分の年齢を強みにする方法」をご紹介します。

~自分の年齢を強みにする方法~

  • フリーランスならではの「経験」や「人脈」をアピールする
  • フリーランスであった自分を採用することにとって、企業にどのようなメリットがあるかを提案する

また、私と同じ面接官が「フリーランスから会社員に戻る人」に対して、どのようなことを考えているかを挙げます。

~面接官が、フリーランスから会社員に戻る人に対して考えていること~
  • 個人で仕事を行ってきたので、周囲と協調しながら働けるか?
  • 今まで自由な時間帯で働いてきたので、遅刻・欠勤などのおそれは無いか?
  • 上司がいない環境だったので、きちんと上司と部下として関係性を築けるか?
  • フリーランスの時より、収入がダウンする可能性があるが、問題ないか?

このような点をポイントとして見ています。

このことから、年齢が気になるフリーランスの人は「自分の年齢を強みにする方法」と「面接官が、フリーランスから会社員に戻る人に対して考えていること」の両ポイントを押さえて転職活動を行うことができれば、鬼に金棒と言えます。

まとめ

フリーランスから会社員に戻りたい人は、下記を「どのようにプラスにアピールできるか」がポイントであることが分かりましたね。

  • 年齢を強みにできるか否か
  • 面接官がフリーランスに対して考えていること

若者と同じ内容でアピールしていたのでは、確かに若者の方が有利です。しかし年齢を重ねたフリーランスは、若者にはない良さを確実に持ち合わせています。

年齢でフィルターをかけるか否かは、自分次第だと言えます。

実際に、自分の年齢やフリーランス経験を強みにして「フリーランスから会社員に戻りたい」とアピールしてくる人は、面接官の目にもキラキラして映ります。

このような人はとても魅力的です。

フリーランスから会社員へ戻りたい人は、是非諦めずに「年齢を重ねた自分の強み」をアピールし、面接に挑むことをオススメします。

ライター名:えふまが!編集部

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!