WiMAX2+の公式サイトにある通信速度220Mbpsって出てる人いるのかな?僕は出たことがないです。

WiMAX2+220Mbps
画像元:http://www.uqwimax.jp/lp/wimax2plus_product_wx02/

こんにちは、まるおです。WiMAXの公式サイトとかを見てて、一つ気になるポイントを見つけました。それは、最高速度220Mbpsって数字です。

この220Mbpsってどう見ても通信速度のことだと思うんですが、僕が今までWiMAXを使っている限り、こんなに爆速なスピードが出たことは一度もありませんよ。はい。出ても30~40Mbpsくらいです。それでもかなり速い方なんですけどね。この速度が外で出るってかなりすごいことです。

スポンサードリンク

WiMAX2+の最高速度は220Mbps

公式サイトで書いてある最大速度が出ないってどうなんだろう。

biglobe-wimax
画像元:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

「外で30Mbps使えるのってすごいことだよねっ☆」って、そんなことが言いたいのではなく、ここで問題なのは、最大速度220Mbpsが出ると公式サイトに書いてあることです。これを期待して契約した人が、「実際に使ってみたら7分の1くらいの速度しか出ない。」って、詐欺に近いような気もしますよね。どうなんだろう。それとも僕が住んでいるところが田舎なのか。あくまで最高速度ですからね?てことなのか。

公式サイトの米印には「最大速度は場所によって220Mbpsや110Mbpsになったりします」って書いてあるんですが、110も出たことありません。。

結論:通常速度では30~40Mbps出てるので、ネット利用で困ることは何もないが、現状公式サイトに書かれている速度の110・220共に出ていない。

契約するなら、出ない前提で考えよう!

これから契約する人は、最大速度はあくまで最大速度!つまり最大速度は出ない前提で契約するとギャップに苦しむことが少なくなると思いますよ!

以上、まるお的にちょっと気になったポイントでした。まあそれでも、外で30Mbpsも出れば困ることなんてありませんから、WiMAXが便利なことに変わりないんですけどね!

(最近はずーっと使い過ぎて、3日3GB制限で5Mbpsしか出てないんだよなぁ。220Mbpsは遥か遠い…)

※WiMAXは状況やルーターによって変わるかもしれませんので参考までにどうぞ。

 

編集長:まるお

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!