間違いなくフリーランスに選ばれている会計ソフトTOP3

会計

フリーランスで仕事をすれば、おのずと必要になってくるのが会計ソフト。正社員雇用とはちがって、確定申告を自分でやらなくてはいけませんから、非常に悩ましい問題です。

そこで今回は良く選ばれている会計ソフトを3本ご紹介!これから会計ソフトを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

間違いなく選ばれている会計ソフトTOP3

MFクラウド会計確定申告

MFクラウド

機能は大体そろっており、使い方もそんなに難しくありません。「経理の経験はない!」「簿記の事はさっぱりわからない!」という人でも、すぐに慣れて使えるかと思います。

またランサーズやクラウドワークスと連携できるので、これらクラウドソージング系サービスを利用しているフリーランサーにとってはありがたい存在。

お値段はフリープラン(無料)とベーシックプラン(月800円)があり、大きな違いは以下の通り

  • フリープランは月間仕訳件数15件まで、ベーシックは無制限
  • フリープランにはエクスポート機能無し、ベーシックはあり
  • フリープランにはバックアップ機能無し、ベーシックはあり

このほかフリープランはチャットサポートが使い始めてから30日間だけとなっています。

ちなみにベーシックプランは、月額800円ですが、年額払いだと8800円(1か月分安い)
さらに電話サポートをつけた年額17200円のプランがあります。

>>会計ソフトMFクラウドの公式サイトへ

freee(フリー)

freee

クラウド会計ソフトの中では最も知名度の高いフリー。とにかくシンプルで扱いやすいのが特徴。簿記の知識が無い人でも使いやすいようにと考えられているので、簡単さ重視の方におすすめのソフト。

お値段は、無料お試しプラン(0円)と個人事業主プラン(月額980円)があり、大きな違いは以下の通り。

  • 無料プランのデータ保存期間は1ヶ月、個人事業主プランは無制限。
  • 無料プランの領収書データ保存は月10件まで、個人事業主プランは無制限。
  • 無料プランは決算書、確定申告書にかんしてプレビューのみ、個人事業主プランは青色申告と白色申告対応、決算書と確定申告書に対応。

尚、サポート体制は無料プランの場合、3営業日以内にメールで対応、個人事業主プランの場合はメールかチャットで1営業日以内に対応してくれます。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンライン

会計ソフト「弥生」の流れを組むクラウド版が「やよいの青色申告オンライン」。したがって、弥生を使った経験があるなら、最も簡単に使いこなせるでしょう。弥生独自のインターフェースを継承しており、わりと至れり尽くせり感がありますね。

お値段設定も独特で、2か月間は無料、その後セフルプランなら1年間無料で、次年度以降8640円、サポート付のベーシックプランは、1年目6480円で、次年度は12960円。月割のプランはありません。

各プランの大きな差はサポートの有無で、機能的には殆ど変りませんが、無料で使い続けるプランもありません。

>>やよいの青色申告オンライン公式サイトへ

フリーランスによく選ばれている会計ソフトまとめ

  • MFクラウド会計確定申告は、クラウドソージング系(ランサーズやクラウドワークス)との連携が便利
  • Freeeは、とにかく簡単で知名度抜群。
  • やよいの青色申告オンラインは、「弥生」を使ったことがあるなら、扱いに戸惑うことなし

上記の通り割と棲み分けが出来ているので、あなたの目的の用途にあったものを使うと良いと思います。Freeeがとにかく簡単と書きましたが、その他もこれまで簿記経験が無い人でも使えるように設計されているので、そこまで難しくはありません。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:敏夫

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

【PR】職場の人間関係やパワハラ・セクハラでお悩みのあなたへ【退職代行大百科】

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!