なぜ会計ソフトを使わなければならないのか?使う人の目的とは?

freee

仕事をすると必ず発生するもの、それはお金の動きです。その動きは、顧客からお金を受け取るだけの「一方通行」ではありません。

品物や原材料を仕入れたり、オフィスの備品を買うこともあります。デザインや音楽を仕事にしている人は、資料として書籍を購入することもあるでしょう。

仕事のお金に関する流れは複雑で、「入ってくるお金」と「出て行くお金」を手書きで間違い無く、きちんと管理することは困難が伴います。複雑なお金の流れを分かりやすく、そして簡単に記録してくれるのが会計ソフトなのです。

スポンサードリンク

手書きの帳簿に代わるスマートな管理方法

freee収支グラフ画面

会計ソフトが一般的になる前は、帳簿つけは人の手でおこなわれていました。帳簿つけを担当する人材を雇えるような大きな会社はそれで問題がないかもしれません。

ですが、少人数で運営する会社や個人事業者などは、帳簿つけのための人材を雇ったり、外注するような余裕がないこともあります。

経営者本人が経理に取り組む場合、費やす時間はなるべく短くして本業に力を注ぎたい、そう思う人がほとんどでしょう。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

お金の流れをきっちりリアルタイムに把握するため

freee自動管理画面

会計ソフトを使う人の目的はそれぞれですが、現代のビジネスはとてもシビアです。よって、「お金の流れを常にきっちりと把握しておきたい」と考える経営者も少なくありません。

フリーランサーや個人経営者が、便利な会計ソフトを利用する理由の一つにはそのようなものがあります。

会計ソフトを使用すれば、ビジネスに関するお金の流れは一目瞭然です。また、計算間違いを見つけて何度も修正する、という事態ももちろん起こりません。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

まとめ

freee確定申告書画面

会計ソフトは、決算書の書式ミスや見積もりの計算違いといった人為的なミスがないこと、出入金管理が簡単であることから、多くの人に支持されています。

思い立った時にお金の流れを記録でき、疑問に思ったことはヘルプページなどを用いてすぐにその場で調べられる、そのフットワークの軽さも忙しいビジネスマンにとっては魅力です。

安心して確定申告の日を迎えるためにも、会計ソフトでお金の流れをきちんと視覚化しておくことが不可欠といえるでしょう。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:真子

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!