イラストレーターは絵の勉強を業務時間中にするの?それとも休日にするの?

learning

イラストレーターは常に勉強が必要で、その勉強には終わりが無いとも言われています。またイラストレーターによってもスキルアップのためにまとめて勉強したり、空いた時間で勉強したりと様々だそうです。

スポンサードリンク

イラストレーターの勉強

イラストレーターはいつ勉強するもの?

イラストレータは、いつ勉強するのかと言うことは気になるものですが、仕事中は仕事にのみ集中するので、大体は空いた時間を利用して勉強する方は多いみたいですね。

また、あるいは仕事が早く終わった時に、勉強を兼ねて新たな作品作りをしておくのも良いかも知れません。

それから1日にこれぐらい時間を取って勉強すると決めたり、イラストレータの技術の本を読むなど決めた時間に集中して勉強するのも良い方法です。

サイトで文章を見ていてもこういったイメージのイラストが合うかもしれないなどと考えながら勉強がてらに描いてみるのも面白いですね。

イラストジャンルはたくさんあるので自分が取りたいと思う仕事をイメージしながら勉強しておくと、実際に仕事となったときに役に立つはずです。

画力を高めるデッサンは筋力トレーニングのようなもの

文章と言うものは書かないと、全く書けなくなってしまいますし、筋肉は鍛えないと衰えますよね。これは脳に関しても同じことですが、使わないでいるとどんどん衰えて来るものです。

それからイラストにおいてもそうなのですが、描かないと上手く描けなくなってくるものなのです。ですから、イラストレータなら自分の腕が鈍らないようにいつも何かにアンテナを立てながらアイディアを膨らませたり、デッサンの技術を磨くようにしましょう。

デッサンは鉛筆とノートがあれば出来るものですから、色々なポーズを要求されても対応出来るようにデッサンは必要な勉強です。

仕事の能率アップのための勉強が大切です。

イラストの仕事がコンスタンスに取れている人も、そうでない人も勉強は大切です。

特に一つの仕事にあまりにも時間をかけ過ぎていることは、明らかに能率が悪い証拠ですし大きな収入には繋がらないものです。そういう時にはもっと早く、尚且つ綺麗に描ける方法を勉強して、どんどん自分のものにしていくことが大切です。

また仕事中にイラストの勉強をする人はそう居ないと思いますが、例えば休憩中にネットにある情報から能率アップのための記事を読んだりするなども勉強の一つになるものです。

仕事はとにかく能率が大事ですから、イラストの仕事を引き受けた時も、期間を決めて取り組むようにすれば、仕事もはかどりやすくなるはずです。

とにかく上手い人の絵を真似してみる、漫画をたくさん読む

世の中には絵の上手な人がたくさいるものですが、その中でもプロ中のプロ!と言える人は本当に少数ですよね。

海外のイラストレーターの作品もよく見るのですが、写実的なものからアメコミテイストなど非常に幅が広くて、世界に引き込まれてしまうことってよくあります。

人によって好きな漫画家さんがいると思いますが、自分の好きな漫画家さんは何か特徴があるはずです。

例えば絵がかっこいい、デザインセンスがお洒落、絵のタッチが好きなどいろいろあると思いますが、様々な表現をインプットしてみたりと言う勉強は大事です。

漫画は仕事の息抜きにもなって楽しいものですが、絵を見ながら読むようにするだけでもすごく勉強になるはずです。

まとめ

イラストレーターにとって漫画を見たり、映画を見たりすることから、WEB上の記事を見ることまで全てが勉強になるものです。

ライター:あかね

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!