イラストレーターに名刺は必要?名刺を作る際載せておいた方が良い情報を考えました。

イラスト

イラストレーターで活動するときの営業には必要なツールと言われていた名刺について調べてみたのですが、最近では働き型の多様化のせいか、必ず必要というわけでもなくなったようです。

スポンサードリンク

イラストレーターと名刺

外に営業に行くスタンスでイラストレータになるなら名刺は必要

ひとくちにイラストレーターと言っても、イラストと言うものが使われる媒体は幅が広くて多いですし、働き方もかなり異なってくるものです。

ただ、ネットが普及していない一昔前なら、名刺は営業のための必須のツールだったと思われます。

自分のイラストを雑誌や書籍に載せてもらうために、自分で出版社を回って仕事を取っていく方法が主でしたから簡単な名刺でも持って歩くのは常識と言われていました。

WEB上でサイトを作ってそこから受注するタイプの方は、仕事の仕方も全く違いますから、必ずしも名刺が必要だとも言い切れない部分でもあるのです。

もし作る際には、仕事用メールアドレスとWEBサイトのアドレス、直通の電話番号くらいが仕事に必要なので、名刺に書く情報はこれくらいで良いのでは無いかと思います。

実際に名刺を作って活動している人はどのような人なのかリサーチも大切

一昔前は漫画家のように、自分で出版社に作品を持ち込んで見てもらうというスタンスでしたがこの方法だと届くまでに何日もかかりますよね。

今はネット社会にも伴って、そのような方法よりも時間も節約できるように、作品をファイルに入れてPC上から担当者の方に送る方法が早くて便利なのです。

また外で似顔絵を描いたり、詩と絵のポストカードを販売されているイラストレータの方の中にはお客さんに名刺を渡す方もいるかも知れません。

またデザイン事務所からフリーとして活躍される方は、紹介もあるでしょうから名刺は必要不可欠とも言えるでしょう。

最近のクラウドワークが増えてきていることからも、イラストレータでもライターの仕事でも必ずしも名刺は必要ないのではないかと思います。

有名になりたいのか匿名でやっていきたいのかで行動が変わります。

ひとくちにイラストレータと言っても色々あるのですが、極端な例を言うと有名になってテレビやマスコミで目立ちたいタイプなのか、それとも仕事とプライベートはしっかり分けたいタイプなのかが分かれ目だと思います。

クラウドサービス上での仕事のいいところは、名刺は要らないですし、全てクラウドサービス上で完結するのが大きなメリットでもあります。

例えば現在はココナラのように、WEB上での自分のスキルを売り買いすることが、可能な世の中になってきましたから、書面での契約…などと言ったものを省いてスムーズに仕事が出来るようになったことも名刺などが要らなくなった理由かとも感じます。

ただ作っておきたい方は安い金額で作れますので、作っておくと良いかもしれません。

まとめ

イラストレーターに名刺は必要かについて考えてきましたが、今の時代は必ずしもそうとも言い切れないようです。イラストを受ける側も依頼主もお互いがスマートに連絡が取れるネットは便利ですね。

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!