ランサーズ、「お気に入りに追加する」という名称が「フォローする」へ変更になる。

lancers

こんにちは、まるおです。

ランサーズがどんどん新しい機能を追加しています。前にランサーズが今後どんな風になっていくのかをちょこっと予想していたことがありました。

「ランサーズはSNSのように、発注者をフォローして新しい案件情報を受け取れるようになる。」って書いていたんですが、予想通り、発注者をお気に入り登録すると案件情報を受け取れるようになりました。

ーランサーズー
「お気に入りに追加する」を「フォローする」に変更しました!
http://info.lancers.jp/18098

お気に入り登録すれば、その人の出した案件情報をすぐに受け取れるようになりました。

この機能を使うことで、あなたの好きなクライアントが新しい案件を出した場合、その情報がすぐ自分の元へ通知されるようになったわけですね。

これにより、あなたが報酬や対応が良かったクライアントをお気に入り登録しておくことで、その案件へ即座に提案・参加することができるようになりました。特に提案がすぐにできるのは嬉しいことですよね。発注している人間の中には一番最初に提案してきてくれた人に仕事を任せよう、と思っている人も多いですから。

普通の受注者さんは案件を探すところから時間がかかって苦労していたので、その案件を探す段階をスキップして行けるのは、スタートダッシュが断然違うと思います。

「お気に入り追加」ではなく「フォロー」という名前になる。

さらに、「お気に入りに追加する」という名称が「フォローする」に変わりました。

「好きなクライアントの案件が追加されたらすぐに知りたい」って人は居たと思いますけど「フォローする」という名称に変えて欲しい。って要望はあったんでしょうか…。(僕は言ってた)

ランサーズさんの一番下の文章をみると。

ランサーズでは、「フォローする」という単語にしたほうがよりコミュニケーションが加速するのではないかと考えております。また、クライアントがランサーをフォローするも同時に強化されましたため、ランサー様に対しましてリピートの発注も増加することを目的として、本リリースをいたしました。
 
ランサーズは、時間と場所にとらわれない新しい働き方を創出していくため、今後も使いやすいサイトを目指して努めて参ります。何かご意見がありましたら、ご遠慮なくご連絡いただけますようお願いいたします。
今後ともランサーズをどうぞよろしくお願いいたします。
http://info.lancers.jp/18098

とのこと。

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSをやっている人からすれば、「お気に入り登録をする」という名称より「フォローする」ってほうが馴染み深いし気軽ですよね。これはいい判断だと思います。

「ランサーズがそう考えた」ってことは、ユーザーから「名称変更の要望」があったわけではないのかな。

まるお個人としては、「案件のお気に入り登録」と「ユーザーのお気に入り登録」の見た目が全く同じだったので、一瞬頭がこんがらがる時はありました。

これを見ているあなたが、もしランサーズに不満があるなら、遠慮なく運営さんに送ってみたり、自身の媒体で意見を言ってみることをおすすめしますよ。意外と見てくれてる気がします…。

なんだかランサーズが本格的にSNSっぽくなってきているような気がしますね。今後ツイッターみたいなタイムラインとか出来たりして笑。

というわけで、以上、ランサーズのお知らせをお知らせする記事でした。

ps

メッセージの受信ボックスがめちゃくちゃ使いづらいです。旧版のほうをいつも使ってます。

編集長:まるお

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!