フリーランスになった私が会計ソフトにfreeeを選んだ理由

会計ソフト

納期に追われていたり、あちこちを走り回っていたりと、フリーランスとはいうものの、時間に余裕がある人は少ないでしょう。企画から営業、制作まで一人でこなさなければならないのは大変なことです。

私も、やらなければならないとわかっていても、どうしても経理に手がつけられませんでした。そんな時、見つけたのが会計ソフトの「freee」でした。

スポンサードリンク

クラウド会計ソフト「freee」

Macで使える会計ソフトは少ない

勤めていた頃は社内に経理を担当する部署があったので、お金の動きについて考えることはほとんどありませんでした。何がどうなっているのかもわからない「知識ゼロ」の状態です。

しかし、フリーランスとして働くには、経理の部分も見直さなければなりません。青色申告を目指していたので、まずは、会計ソフトの購入が先決だと考え、電気屋さんでパッケージ販売されているものを探しました。

ここで問題発生です。私のパソコン環境はMacのみで、Windowsは持っていません。しかし、会計ソフトのほとんどは、Macに対応していないのです。なにか良い策はないかとインターネットで検索していた時に見つけたのが、現在使っている会計ソフト「freee」です。

freeeのクラウド会計ソフト

会計ソフトfreee公式サイト

公式サイトに書かれているように、freeeはクラウド型の会計ソフトなのでMacであろうとWindowsであろうと使えます。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

クラウドに不安はあったものの、まずは使ってみる

現在はパッケージ販売もされていますが、当時は月額を払い、会員になるもので、打ち込んだデータはクラウド上に保存されていきます。

ソフトが手元にあったほうが安心したり、自分のパソコンに保存しないことが不安だったりと、どうしても古い考えが捨てきれずにいたのですが、無料のお試し期間があったため、体験してみることにしました。

請求書・納品書の作成も可能だった!

freee請求書も可能

会計ソフトfreee公式サイト

まずは、簡単なところからと思い、請求書を作成してみました。これまでは、Wordで作っていましたがfreeeでは、項目を打ち込んでいくと簡単に請求書の様式に変換されます。同時に納品書なども作成されるので、これだけでも事務作業は減りました。

さらに作成した請求書は「回収」したのか「未回収」なのかも一目瞭然で、回収した際にはクリックひとつで帳簿に反映されます

また、私は本業が映像制作、副業がライターのほか、講師やコメンテーターを務める時があります。これらの収入も請求書の段階で、売上高と雑収入に区別できるのも重宝しています。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

時間や場所にとらわれない経理のスタイル

スマホ用アプリから隙間時間に経理作業ができる!

freeeはスマホでも使えます。

会計ソフトfreee公式サイト

スマートフォンからもアクセスできるため、例えば備品などを購入した直後に取引を入力することが可能です。

私の場合、細かい買物ほど後回しにする傾向がありましたが、移動中の電車など、時間のある時にサッと入力できるので、「経理をやるぞ」とパソコンに向き合うのではなく、習慣として取り組めるようになりました。

銀行口座やクレジットカードの明細も自動取得してくれる!

freee自動管理画面

会計ソフトfreee公式サイト

また、銀行口座やクレジットカードでの入出金も自動取得なので、入力の手間がかかりません。売上などお金の動きも、レポートの自動作成機能があるので、経営がどんな状況なのかも一目瞭然です。

会計知識ゼロでのスタートでしたが、直感的な操作で経理ができるため、日々の仕事のなかで、なくてはならない存在になりました。あなたが会計ソフトで迷っているなら、絶対にfreeeで始めてみるべきです!

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:たつみ

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!