大学生必見!?新卒フリーランスで成功する人・失敗する人の特徴!

大学生必見!?新卒フリーランスで成功する人・失敗する人の特徴!

「新卒フリーランスとして独立したい!」と思うけれど、周囲での失敗体験を聞くと不安になる人もいるでしょう。

どんな世界でも、成功している人がいる反面、失敗する人がいることも事実です。

失敗しやすい要素を持っている人は、その理由を見つめ直し、成功しやすい人が持っている要素を自分にプラスし真似をするなどして、成功できるように努力すれば良いのです。

今回の記事では新卒フリーランスとして「成功する人の特徴」と「失敗する人の特徴」を解説させていただきます。

これらを参考にし、新卒フリーランスとしての成功を目指しましょう。

スポンサードリンク

大学生必見!?新卒フリーランスで成功する人・失敗する人の特徴!

新卒フリーランスで「成功」する人の特徴

それでは早速、新卒フリーランスとして成功する人の特徴をご紹介します。

  • 在学中からフリーランスとしての稼ぎがある人
  • 専門スキルがある人
  • 人脈がある人
  • ネット上でのインフルエンサーである人
  • 人と違うことを苦に思わない人

【在学中からフリーランスとしての稼ぎがある人】

在学中からフリーランスとしての稼ぎがある人は、フリーランスとしての基盤がある程度できていると言えます。

卒業後にフリーランスとして独立する人より、数歩もリードしていることは確かです。

このように「在学中から稼ぎがある」人は、新卒フリーランスとしてスタートする際に、社会人としてのマナーや自覚を身につければ、フリーランスとして更に上を目指すことが可能です。

【専門スキルがある人】

新卒フリーランスとして活躍したいのであれば、専門スキルがないことには始まりません。既に専門スキルを既に身に着けている人は、強いと言えます。

逆にまだ専門スキルがなくても、頑張って身に着けていく「意志」があれば大丈夫です。新卒フリーランスを目指す人達の年齢ですと、勉強や練習をすればするほど、どんどん身についていきます。

【人脈がある人】

新卒フリーランスを目指す人にとって、人脈は非常に大切です。

人脈があればあるだけ、可能性が広がります。
理由は下記の通りです。

フリーランス同士の情報交換が可能

会社員の場合は、上司・同僚や取引先から、情報が入ってくるケースは多いです。
しかし、フリーランスは基本的に一人で仕事をするので、自ら情報を得にいかなければなりません。

人脈が多くフリーランス仲間も多いと、お互いに自然と情報交換をする機会が多くなります。

仕事に直結する人に出会える可能性が高くなる

人との繋がりから、仕事に直結する「取引先の相手」や「お客様」と知り合える可能性が高くなります。

また、様々な人脈をつなぐような「ネットワーク的な人材」に合うと、自分が予想もしなかった方面の人と出会えることもあり、更に仕事の幅が広がります。

相談相手ができる

フリーランスは基本的に1人で仕事をするので、孤独であると言えます。

会社員であれば、仕事のことを同期に相談したり、上司に相談することもできます。それに引き換え、フリーランスには自分の行っている仕事のことで相談できる相手がいません。

こんな時に同じ「新卒フリーランス仲間」がいれば、同じ境遇の者同士で悩みを共有し、励まし合うこともできます。そこから、解決策が見つかることもあるでしょう。

【ネット上でのインフルエンサーである人】

「インフルエンサー」というのは、何かを発信することにより、世の中に影響力を及ぼすような人のことです。ネット上でのインフルエンサーというのは、例えばTwitterでフォロワーが大勢いて、その人が何かを呟いたとします。

すると、それに対しての周囲からの反応が大きいような人のことを指します。

ネット上でのインフルエンサーであれば、既に自分のことを知ってくれている人がたくさんいるので、何もないところから商売を始めるより集客しやすいと言えます。

【人と違うことを苦に思わない人】

「新卒フリーランス」ということ自体、最初から人とは違います。また新卒フリーランスの周囲には、企業に就職した友人もたくさんいるでしょう。

このような友人達の話を聞くと、新卒フリーランスの自分とは違う点がたくさん見えてきます。この違いを苦に思わず「自分は自分」と思える人が、新卒フリーランスとして上手くいく人と言えます。

新卒フリーランスで「失敗」する人の特徴

それでは次に、新卒フリーランスとして失敗する人の特徴をご紹介します。

  • 自己管理が苦手な人
  • 周囲と比較してしまう人
  • 最初から稼げると思っている人

【自己管理が苦手な人】

会社員であれば、出社時間や会社自体のルールがあります。また、仕事のマニュアルがあったり、スケジュールも決められていたりします。

別の言い方をすると、会社員は「会社に管理をしてもらっている」とも言えます。

しかし、フリーランスは自分の都合で仕事を行うので、仕事時間の確保や、スケジュールの組み方は全て自己判断です。

怠けていても誰かに注意されるわけでもないので、自分で自分を律する必要があります。

このようにフリーランスは『自己管理』を自分自身で行う必要があるので、こういったことが苦手な人は、新卒フリーランスとして失敗しやすいと言えます。

【周囲と比較してしまう人】

「新卒フリーランス」の働き方と周囲の働き方を比較してしまう人は、それにより不安になり立ち止まってしまうこともあるでしょう。

周囲は周囲で、あくまで自分は自分であるという自覚を持てないと、失敗の道に進みやすくなります。

【最初から稼げると思っている人】

稼いで成功しているフリーランスを夢見て、新卒フリーランスを目指す人は多いでしょう。しかし、憧れが先行しすぎて「新卒フリーランスになったら、最初から稼げるものだ」と思っている人は危険です。

最初は商売が軌道に乗らないことも少なくありません。ここで踏ん張り持ちこたえて、壁を乗り越えるパターンも多いです。

最初から稼げると思っている人は、ここを乗り越えられずに諦めてしまいがちです。

まとめ

今回は新卒フリーランスとして「成功する人の特徴」と「失敗する人の特徴」を解説させていただきました。

新卒フリーランスの道は、決して甘いものではありませんが、夢を叶えている人が多く存在していることも事実です。

これらの成功者には共通している点も多々ありますので、そういった点を取り入れてみることも大切です。

これから新卒フリーランスになろうと思っている人も、現在新卒フリーランスの人も、自分の夢に向かって着実に前進できるよう願っています。

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!