1日100歩も歩かない?フリーランスは運動不足をどう解消しているのか

1日100歩も歩かない?フリーランスは運動不足をどう解消しているのか

フリーランスで働いており、すべてがインターネットを通しての作業となると、運動不足の問題は深刻です。

特に一人暮らしの場合は、食事と仕事以外で席から離れず、そのままベッドで寝てしまうという事もしばしば。このままだと、食事量を減らすと言ったダイエットだけでは確実に体力が衰える一方で仕事へのやる気まで失われてしまうかもしれません。

また、座ってばかりの生活は心臓への負担が常に増しており、早死にするリスクが高まっています。日常に運動を取り入れなければ、寿命が縮まると考えるべきです。

スポンサードリンク

フリーランスに合った運動不足解消法

やっぱり簡単、エクササイズ系のDVD

  • ジムに通うのは面倒だしお金もかかる。
  • 腕立て伏せや腹筋はやっていてもつまらない

そうなるとやっぱり頼りになるのはエクササイズ系のDVDです。
きっかり何分ときまっているので、必ず毎日1回は挑戦しましょう。

DVD選びのポイントは、内容に柔軟運動の要素も含まれているかという事。
椅子に座ったままだと、体はどんどん硬くなるので、柔軟運動は重要です。

そうかんがえるとヨガ系のエクササイズが最も良いのかもしれません。

外に出る用事を作る

インドア派にとっては億劫かもしれませんが、外に出る用事を作るのが一番手っ取り早いです。

散歩のために犬を飼ったり、スーパーでは一日分の食品しか買わないようにしたり、とにかく何でもいいので外に出る機会を増やしましょう。

外に出る予定候補
  • 買い物をネット通販の定期便ではなく、あえて足を運んで買いに行く
  • 散歩・ジョギング・ランニングをする
  • 取材・打ち合わせを増やす
  • カフェやファミレスで仕事をする
  • レンタルオフィスやコワーキングスペースを利用する
  • セミナーや勉強会・交流会に参加する
  • 定期的に旅行をする

 

あなたがライターなら、あえて積極的に取材案件を請けおうというのも良いアイデアだと思います。

仕事前にストレッチをする

朝起きてストレッチをすると、それだけ目も覚めますし、軽い体で仕事に取り組むことができるので一石二鳥です。

体が硬くなってくると、足腰だけでなく肩や背中、腕など、間接という間接に凝りが生じてきて、かなりつらい状態に陥ります。この状態でメタボ化が進行すると、恐ろしいほど健康状態が悪化していくので注意しましょう。

社会人サークルに参加する

フットサルやテニスが多い

昔は運動していたという人であれば、テニスサークルやフットサルサークルに入るというのもアリ。

Facebookのグループを探せば、定期的に活動を行なっているサークルを見つけることができるので、まずは内容を確認して参加してみましょう。また、ネットを使わなくても市・区役所やスポーツセンターの掲示板などにスポーツクラブのチラシが貼ってある場合があるので、空いた時間に確認してみても良いと思います。

適度に汗を流す機会が訪れますし、ストレス発散にもなるので、仕事も捗るのではないでしょうか。

まとめ

  • やっぱり簡単、エクササイズ系のDVD。
  • 外に出る用事を作る。
  • 仕事前にストレッチをする。
  • 社会人サークルに参加する。

どの方法でも良いですし、複数行っても良いので早い段階から運動するタイミングはいれていきましょう。

フリーランサーは体調を崩しても有給などはとれないので、健康維持は非常に大事です。長く太く仕事をするためにも体のメンテナンスは忘れないようにしましょう。

ライター:敏夫

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!