freeeはどんな人間が多く使っているのか

freee

全自動でクラウド管理が可能な会計ソフトfreeeは無料版も、個人と法人それぞれの有料版も使い勝手がよいと話題ですが、実際にfreeeを使用しているのはどのような人間なのでしょうか?

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

スポンサードリンク

中小企業に嬉しい会社法に準じた決算書の作成

【文章1】 会計ソフトfreeeを使用している企業は、中小企業や仕事をスタートさせたばかりの小規模事務所などです。経理に時間と手間、人件費をあまりかけられない中小企業が、無理なくまたスマートに会計を処理するために使用しています。

会社法に準じた決算書が手軽に作成できるのも、企業にとってはかなり嬉しいプラスポイントです。決算書や見積書を作成する際に、その都度一回一回法令や決まりごとを確認しなくても、freeeならば規定を満たした書類を作成可能です。

また、見積書のデザインはいくつかパターンが用意されているので、社風や業界の風潮に適した書類を作成することができます。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

フリーランス、個人事業者に嬉しいお手軽操作

フリーランスで働く人は、確定申告のために自分で会計をつけておく必要があります。打ち合わせをした時の喫茶店のレシート、仕入れをした時の代金、資料として購入したテキストやソフトの代金など、日々の細かな収支をその都度手入力で帳簿つけしておくのは非常に手間がかかります。

ですが、会計ソフトfreeeを使えば、それらの面倒な計算はすべて自動で済んでしまいます。日頃からfreeeを使っていれば、確定申告前に慌てて帳簿をつけなくても、日々のお金の管理が自動で蓄積されていくのです。

それは、ルーティン型の労働ではないフリーランスや個人事業者にとって大きなメリットです。そのため、フリーランスや個人事業者は、freeeを使用しています。

まとめ

会計ソフトfreeeは、このようにビジネスに携わる多くの人々に使用されています。最小限の手間とコストで最大限のパフォーマンスが可能であるという点に、シビアな目線で仕事に取り組む人々の支持を得ています。

freeeのウェブサイトでは、実際に使用している人たちの様子を「お客様の声」として閲覧することができます。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:真子

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!