税理士費用ってどのくらい?確定申告を丸投げする場合にかかる費用と一般的に税理士を雇った方が良い基準

税理士費用ってどのくらい?確定申告を丸投げする場合にかかる費用と一般的に税理士を雇った方が良い基準

忙しい個人事業主にとって時間はとても大切です。アウトソーシングできるものは、アウトソーシングしたいと考えるのも当然の事です。そして、アウトソーシングしたい業務の一つが「経理業務」であると感じている人も多いのではないでしょうか?

経理業務のアウトソーシングといえば、税理士に頼むという事が最初に思い浮かぶでしょう。

そこで気になってくるのが、税理士に支払う報酬がいくらかかるのかという事ではないです。今回は、税理士に頼んだ場合の費用について紹介したいと思います。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

スポンサードリンク

税理士を雇うとどれぐらいの費用がかかる?

領収書の束を見てうんざり。それで税理士を雇おうと思ったが…

煩わしい経理業務。領収書の束を見て、うんざりされる方も多いのではないでしょうか?そこで、選択肢の一つとして税理士を雇うというものがあります。

しかし、税理士に頼むと考えると、費用が気になってしまい、なかなか決断できない人もいるでしょう。そこで、まずは税理士を雇った場合にかかる費用について紹介したいと思います。

一般的に税理士を雇うと、次のような費用が発生します。
どの程度の事を依頼するのかにもよりますが相場としては以下のようになっています。

確定申告のみの依頼は5~10万円

確定申告のみを依頼する場合の料金は5万円から10万円程度といった事務所が多くなっています。ただし、ここで注意しておきたいポイントが、確定申告のみ依頼する場合、あなたの売上によって費用に違いが出てくるといった点です。

売上が少なければ、税理士がチェックすべき項目も少なくなります。その為、支払う報酬は安くなります。逆に多くなれば、チェックしなければいけないポイントが増えるので費用が増すのです。

目安としては500万円以下の場合なら、5万円程度。500万円以上1,000万円以下の場合には7万円程度となっています。

以上は確定申告のみを依頼する場合です。

日々の記帳も依頼するなら月々1~2万円

日々の記帳も依頼するとなれば、当然そちらの費用も発生してきます。こちらの場合には申告時に発生する費用の他に、月々1万円から2万円程度の費用が別途かかるようになります。

  • 確定申告のみの依頼は5~10万円
  • 日々の記帳も依頼するなら月々1~2万円

以上の相場を考えて、あなたの売上が900万円だった場合には税理士費用(記帳も依頼する:月々の支払い2万円)は年間で31万円程が必要になります。(税理士によって変わります)

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

税理士を雇うとどのような部分が楽になるのか?

費用が分かれば、次に気になってくるのが効果です。税理士を雇うとどのような部分が楽になるのでしょうか?

  1. 日々の記帳・仕訳
  2. 確定申告書類の作成

税理士に頼んで楽になるのは、経理業務全般の手間が省けるという点にあります。忙しい個人事業主の方は、日々の経理業務を後回しにしてしまいがちです。その結果、確定申告の時期が近付いて、慌てて記帳を始めるといった事が多くあります。

毎月、こまめに記帳していれば問題ないはずの量であっても、1年分となると、それなりの手間と労力、そして時間が必要になってきます。税理士を雇う事によって、日々の帳簿作成と確定申告書類の問題を解決する事ができるのです。

年末の心配事が1つ減る。これだけでも、忙しい個人事業主にとっては大きなメリットとなるでしょう。

あなたは大丈夫ですか?税理士を雇った方がいい人の基準

一般的には売り上げ600万円オーバーからが基準となる

一般的に税理士を頼んだ方がいいと言われている基準は売上600万円オーバーです。

しかし、これは一つの基準でしかありません。もし、経理の知識が少ないと自覚しているのであれば最初から税理士に頼むのも一つの選択となります。一から簿記の勉強を始めるというのは、忙しい人にとっては現実的ではありません。その時間を営業活動に向けた方が、ビジネス拡大に繋がるでしょう。

確定申告の時だけ頼むこともできる

また、ある程度の経理知識があっても確定申告時だけ頼むという方法もあります。日々の記帳は問題なくできても、売上や取引先が増えてくれば、記帳する内容も増えてきますし、仕訳時の勘定科目も増えてきます。

これらを調べる手間と時間を考慮して、費用対効果のバランスを考えた時に納得できるものであれば、それが税理士へ依頼を検討するタイミングともいえるでしょう。

そして、手間と時間だけでなく売上が上がり利益が増えてきた時も検討のタイミングです。いくら勉強しているといっても、税の知識において税理士に勝つというのは不可能に近いでしょう。税の知識とは、つまり節税の方法などです。

本来であれば、節税できたであろうものを無知によって課税対象としてしまう。これによって、支払う税金は安くないです。こういった事を防ぐためにも、事業が軌道に乗って利益が増加した際は税理士を雇う事を検討してください。

また、税理士を雇った時に支払う報酬は当然の事ながら経費に計上できるので、それも込みで依頼するのかどうするのかを考えるようにしてくださいね。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

税理士を雇う前に考えたいクラウド型会計ソフトという選択肢

シェアNo.1のクラウド会計ソフト「freee」

会計ソフトfreee

ここまでは、税理士を雇う事を前提として紹介してきました。しかし、税理士を雇う前に知っておいてほしい事があります。それが、クラウド型会計ソフト「freee」の存在です。

「freee」は、その使いやすさとコストの低さで利用者を増やしていて、クラウド型会計ソフトの世界で圧倒的なシェアを誇っており、利用者はすでに80万事業所を突破しています。どれほど使いやすいのかというと、会計知識をほとんど持っていない人でも、簡単な質問に答えていくだけで申告書類が完成してしまう程なのです。

もし、あなたの事業の売上規模がそれほど大きくないのであれば、高い税理士費用を支払う必要はありません。

「freee」で提供されているサービスの中には、アプリを使い、携帯のカメラでレシートを撮影すると自動で仕訳を行い登録してくれる機能があるため、レシートの仕訳も困る事はありません。

また、サポート体制も整っているので経理に自信がない人でも心配はいりません。会計ソフトは、クラウド型が誕生した事によって驚くほど少ない費用で利用できるようになりました。

会計ソフトは日々の進化を続けてきた結果、誰でも簡単に使えるようになったのです。その進化は今後も止まる事がないと思います。

また、「freee」はクラウド会計ソフトサービスでありながら、同時にfreeeから認定されている税理士をサービス内で探すこともできるのです。つまり、「今は税理士を雇うほど売り上げがないけど、将来的には税理士を雇うつもりだ」と考えている方でも、freeeはぴったりの選択肢ではないでしょうか。

「freee」は無料で使う事も出来るので、経理のやり方がわからなかったり、経理知識がなかったり、税理士を使おうか迷っている方は、是非一度会計ソフトを試して検討してみて下さい。高い税理士費用に悩む必要もなくなるかもしれません。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

まとめ

今回は、税理士を頼もうかと迷っている人に向けて、税理士を雇った場合のメリットと費用相場について紹介してきました。確かに、税理士を雇えば煩わしい経理業務から解放されます。それは間違い無いかもしれません。しかし、同時に安くない費用も必要になってきます。

もし、あなたがまだ悩んでいる段階で、最新の会計ソフトを使った経験がないのであれば、一度クラウド型会計ソフトの「freee」を使ってみて下さい。

「freee」の一番高いプレミアムプランを契約したとしても、年間でかかる費用は、税理士に比べて約14%程度で済みます。(税理士は年間31万円。個人事業主・フリーランスのプレミアムプランは年間39800円【税抜】で計算)

もしかしたら、税理士費用を払う必要がなく、経理業務にかかる労力と時間を減らせるかもしれません。まだ、「freee」を使った事がないのであれば、その力を実感してください。税理士を頼むのは、その後でも遅くはないでしょう。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

ライター:島田

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使うことができます。