iPadProはイラストレーターの救世主となるか?イラストレーターから見たiPadProや作業スタイルへの変化などを予想してみた。

ipadprohttp://www.apple.com/jp/ipad-pro/

スポンサードリンク

iPadProの動画をはじめて見て感じた事

先日ネットで何かと話題になっているiPadProとApple Pencilについて、紹介されているサイトを見た時のことなのですが…。

私は普段ワコムのペンタブレットを使って仕事をしているのですが、「デスクトップにペンタブを繋いで、モニターを見ながらイラストを描く」と言うのがいつもの流れだったんですね。

しかし、今日iPadProのyoutube動画を見て、その操作性の高さとクールなデザイン、そして細かい描写まで出来ることに驚きましたね…本当に。

動画の中に線の強弱をつけるシーンがあるのですが、紙の上に描く以上に繊細な線が描かれていたのでとても便利だと感じました。

ワコム社のIntuos ProとiPadProの違い

wacomhttp://www.wacom.com/ja-jp/products/pen-tablets/intuos-pro-small

ワコム社のIntuos Proは、紙のように書くような感覚はあっても結局パソコンを見ながらの作業になるので、通常のペンタブと一緒でした。つまりIntuos Proは描きやすさに利点がある感じです。

タブレット型のペンタブは一応もうある

同じワコムから出ているもので、画面上に直接描くことが出来るCintiq Companion2も、今回見たiPadProとは似ているタブレット型です。しかしやはりあのiPhoneのapple社が作った製品となれば、どうしてもそっちの方が気になってしまいますよね。

ワコムのCintiq Companion2は20万円台

ワコムからすでに販売されているCintiq Companion2の値段は、上のリンクを見て貰えば分かる通り、20万円台が普通です。

もちろんiPadProは絵を描くためだけのガジェットではないので完全な値段の比較は出来ません。

しかし、液晶ペンタブレットとして比較するなら、この20万円という値段が安いか高いかの境目になると思います

「iPad Pro」発表:32GB~で11月発売、価格は約9万7000円から-GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2015/09/applelive_event_iphone_2340.html

こちらの記事を参考にiPadProの価格を見てみると、一番安い32GBのiPadProでも10万円を切っています

じゃあ、一番高いのならどうか?

128GBのセルラーモデルで13万500円。ワコムと比べて7万円以上も安い

iPadProは13万円、ワコムの液晶ペンタブレットより7万円以上も安いです。

普通に考えて、同じことができるなら安い方を書いますよね(さらに動画や調べ事も今までのiPhone・iPad通り簡単にできる)

何より、あの筆圧によって自由自在な線が描けるというのは非常に魅力的ですし、これさえあれば、家でも外出時でも仕事ができそうな感じだったので、動画を見ただけでもワクワクします。

全体サイズは12.9インチと大きい

ただ、見たところサイズがかなり大きいので、自分がもしこれを使うなら、部屋に置いて今までのメインパソコンの代用品として使うのが、場所も取らなくて良いかなと思います。

使えるイメージがぱっと浮かぶのもとても気分が良いですね。

それにiPadProをプリンターにつなげば、描いたものをすぐに印刷できる。と言う機能も便利ですし、紙に印刷するイラストの仕事の場合、自分の目でチェック出来るのも優れものだと思うところではあります。

やはり総じてiPadProは優れものです!

今現在、私はデスクトップタイプのパソコンで作業しているので、実際に画面の上に描けるとなれば、仕事もはかどりそうですし、仕事も楽しくなりそうな予感がします。

漫画家さんだったらこれは外で作業(ビジネスホテルや旅行先にも持っていける)しやすそうですし、私は正直なところすごく欲しいですね

このサイズの家用のが一台と、半分のサイズが持ち歩き用にあったらすごく便利ですし、いつでもどこでも仕事がしやすくなるのは間違いないでしょうね。

気分を変えて居間で描いたりも出来ますし、インテリアとしても部屋にすっと溶け込めることそしてどこにでも持ち歩けるっていうのは、本当に大きな魅力です。

結構な値段はしますが、出した金額に対してもそれ以上の価値があるような、そんな商品だと個人的には感じました。

iPad proとクリエーターの未来について考えたこと

apple pencilhttp://www.apple.com/jp/ipad-pro/

値段や様々な使い道のアイディアが生まれて来そうなことと、描きやすそうなApple Pencilはこれからの作業スタイルを変える救世主になるかも知れませんね。

また広い画面で休憩中にゆっくり映画を楽しんだり出来るので、まさにクリエイターの為に生み出されたような製品だと言っても過言では無いように思えます!

個人的には、ワコムの液晶ペンタブレットとiPadProを、電気店で実際にApple Pencilを使って試し描きしてみるのも購入の決め手になるのでは無いかな?と感じています。

毎回Apple社の新製品には本当に驚かされることばかりですが、あのスマートなデザインと言い操作性と言いiPadProとApple Pencilを早く触ってみたくなりますね。

ただサイズが

ただ、一つ言えることは、iPadProはかなり大きいサイズですから、公共の場であるカフェでは小さいノートパソコンに比べてかなり目立ちます(ただでさえ新しいガジェットは目立つ)、なのである程度、使う場所は考える事になると思います。

画家の人がキャンバスではなくiPadProを

画家の人が公園で絵を描く場合、キャンバスではなくこのiPadProで描かれる方が近い将来出てくるような気もしますね。(そういう人たちが出てくるのは雰囲気的に海外のクリエイターさんの方がイメージが強いような気はしますが)

一瞬でクリエイターを虜にする魅力的なiPadProは、プロの漫画家さんやイラストレーターなら絶対欲しくなるような製品ですね!

ライター:あかね

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

【PR】会社をとにかく簡単に辞めたい?ストレスフリーに退職して新しい人生を生きよう!→おすすめな退職代行はこちら【退職代行大百科へ】

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!