会計ソフトfreeeならクレジットカードや銀行口座の明細を自動取得してくれます。

freee

現代社会はすべてのことが詳細に記録されるデータ社会でもあります。ICカードには電車やバスの移動が記録され、電子マネーやポイントカードも履歴が残ります。

こうした膨大なインフォメーションはビッグデータと呼ばれ、なかには適切な活用方法を見つけ出せないデータも多くあるといわれています。ですが、freeeならばそれらのデータを的確に経理へ反映させることができます。

スポンサードリンク

利用履歴を活用して「自動で経理」ができる

freeeには「自動で経理」という機能が備わっています。この「自動で経理」を使うためには、まずfreeeに銀行やクレジットカードのデータを入力しておく必要があります。一度情報を同期すれば、あとは明細をアップロードするだけで自動で取引を記録してくれます。

同じ取引先や、同じ引き落としを毎月毎月手入力するのは、金額の大小に関わらず面倒なものです。freeeのこの機能を使えば同じ項目を推察し自動で仕分けてくれるので、一気に手間が省けます。

経理業務の効率化でお金の流れをクリアにしよう

手動による入力は、面倒なだけでなくミスを起こす可能性をもはらんでいます。ですが、クレジットカードや銀行のデータを利用するfreeeの「自動で経理」ならば、数字を取り違えることはむしろ不可能といえます。

また、お金の流れが常にクリアであることは事業者個人、事業所全体にとってプラスの影響を与えます。明快な資金繰りができていれば、日常業務に影がさすようなことはありません。出入金履歴を利用した記載方法は、単に楽であるだけでなく、会社や個人事業の運営にとっても重要です。

まとめ

よほど執着のない人か裕福な人でない限り、クレジットカードの履歴や記帳された銀行預金の履歴をぞんざいに扱う人はほとんどいないでしょう。

ですが、データというものはただ大事に握っているだけでは充分に役立つとはいえません。freeeなら、手元にあるデータを共有するだけでできることがあります。手元のデータを活かしてこそ、有能なビジネスパースンといえるでしょう。

ライター:真子

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!