会計ソフトfreeeならクレジットカードや銀行口座の明細を自動取得してくれます。

freee

現代社会はすべてのことが詳細に記録されるデータ社会でもあります。ICカードには電車やバスの移動が記録され、電子マネーやポイントカードも履歴が残ります。

こうした膨大なインフォメーションはビッグデータと呼ばれ、なかには適切な活用方法を見つけ出せないデータも多くあるといわれています。ですが、freeeならばそれらのデータを的確に経理へ反映させることができます。

スポンサードリンク

利用履歴を活用して「自動で経理」ができる

freeeには「自動で経理」という機能が備わっています。この「自動で経理」を使うためには、まずfreeeに銀行やクレジットカードのデータを入力しておく必要があります。一度情報を同期すれば、あとは明細をアップロードするだけで自動で取引を記録してくれます。

同じ取引先や、同じ引き落としを毎月毎月手入力するのは、金額の大小に関わらず面倒なものです。freeeのこの機能を使えば同じ項目を推察し自動で仕分けてくれるので、一気に手間が省けます。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料で使える】

経理業務の効率化でお金の流れをクリアにしよう

手動による入力は、面倒なだけでなくミスを起こす可能性をもはらんでいます。ですが、クレジットカードや銀行のデータを利用するfreeeの「自動で経理」ならば、数字を取り違えることはむしろ不可能といえます。

また、お金の流れが常にクリアであることは事業者個人、事業所全体にとってプラスの影響を与えます。明快な資金繰りができていれば、日常業務に影がさすようなことはありません。出入金履歴を利用した記載方法は、単に楽であるだけでなく、会社や個人事業の運営にとっても重要です。

まとめ

よほど執着のない人か裕福な人でない限り、クレジットカードの履歴や記帳された銀行預金の履歴をぞんざいに扱う人はほとんどいないでしょう。

ですが、データというものはただ大事に握っているだけでは充分に役立つとはいえません。freeeなら、手元にあるデータを共有するだけでできることがあります。手元のデータを活かしてこそ、有能なビジネスパースンといえるでしょう。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料で使える】

個人事業主向け おすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は80万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応予定!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使うことができます。

ライター:真子

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!