運動不足は早死にするって本当?座りすぎが引き起こすセデンタリーデスシンドロームとは

助けを求める男性

フリーランスで働き始め、自宅で作業すると、気づけば一日のうち殆ど座っていて、ベッドとデスクの往復のみという方も多いでしょう。

「これは運動不足だなー」という程度に考えているかもしれませんが、実はセデンタリーデスシンドロームという症候群を引き起こす可能性があるので、とても危険です。

スポンサードリンク

座りすぎなフリーランスは早死にする?

セデンタリーデスシンドロームとは何か

ずっと家にいて座りっぱなしでいると、殆どカロリーを消費しませんし、筋肉が衰え、体は硬くなっていく一方。こうした状態から糖尿病や肥満、心血管系疾患を引き越す症候群をセデンタリーデスシンドロームと言います。(セデンタリーデスとは「座り過ぎが死につながる」という意味です)

長時間座っていることは喫煙並にあなたの寿命を縮める
http://gigazine.net/news/20130528-just-sitting-make-us-sick/

長時間座り続けることの弊害
http://jp.wsj.com/articles/SB10001424127887323605404578470384176027060

 

これらの症状が出てしまってから回復に向かわせるのはとても大変ですので、いまのうちからしっかりと対策をねっておきましょう。

休憩は適度に、運動やストレッチもしよう。

仕事が忙しいのはわかりますが、デスクにかじりついていると健康状態が悪化して、仕事が出来なくなる可能性もあります。そこで30分〜1時間ごとに軽い休憩をいれ、ストレッチなどを挟むようにしましょう。

それらに加え、スポーツジムに通ったり、フィットネス系DVDに頼るのも良いと思います。

どんなストレッチをすればいいの?

凝りやすいのは首、肩、腕、腰で、足もかなり重要。
ほぼ全身といってもいいですが、難しく考えずラジオ体操第一を意識すればすべてカバーできます!

<図解>ラジオ体操第一 かんぽ生命
http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/csr/radio/abt_csr_rdo_dai1.html
<動画>ラジオ体操第一 かんぽ生命
https://www.youtube.com/watch?v=_YZZfaMGEOU

スポーツジムに通うならどれくらいの頻度で行けばいいの?

年齢や体調によりますが、通常のサラリーマンの場合、スポーツジムに通う回数は以下が好ましいと言われています。

ムキムキのマッチョになりたい・・・毎日、もしくは2日に1度
徐々にダイエット、筋肉をつけたい・・・週に2〜3回
せめて現状維持したい・・・週1〜2回

自宅勤務の場合、サラリーマンより確実に動かないので、プラス1回程度は必要かもしれません。基本的にどのようなスポーツジムでも希望にあわせて相談にのってくれるはずですので、自分の体調と日々の状況を伝え、どれくらいのペースが良いか判断すると良いかと思います。

最初はランニングよりも散歩の方が良い。

運動不足解消のためにランニングをしようと考える人も多いかと思います。しかしランニングは思っているより体への負担が大きく、慣れていない人がいきなり始めるとかえって<足を怪我してしまったりして>危険だと言われています。

なので、まずは散歩からはじめて30分から1時間程度、歩くようにすると良いでしょう。これだけでセデンタリーデスシンドロームへの対策はかなり違ってくるかと思います。

実際フリーランサーはどのように運動しているか

私の場合は30代半ばのWEBライターですが、週2回ジムに通っています。ランニング30分、筋肉トレーニング30分行っており、運動不足は割と解消されています。

知人の女性webデザイナー(40代前半)は、毎朝30分ランニングをしているそうです。特に筋肉トレーニングなどはしていないということですが、彼女はそれで運動不足を解消できているとの事。

いずれにしてもフリーランサーは何らかの運動不足解消法を取り入れている事が多いです。

大抵、フリーランサーになって1,2年経つと運動不足による体力の衰えを著しく感じる方が多く、人それぞれに対策を考え始める傾向にあるので、これからフリーランサーになろうという方は、仕事プラス運動もふくめての生活スタイルを念頭に置いた方がよいかもしれません。

体調管理も仕事のうち、フリーランサーは特に。

体調管理も仕事のうちとはよく言いますが、フリーランサーの場合は、自分が休んだ場合に変わってくれる人もいないし、有給もありませんので、さらに大事な事です。

会社勤務と違って、一度でも体調不良で納期を守れなかったり、手が付けられなかったりすると契約自体消えてしまう可能性もあるので大問題。

人間ですから一生無病というのは難しいですが、出来る限り対策を行っていきましょう!

まとめ

メモ

  • 座ってばかりで生活しているとセデンタリーデスシンドロームになりやすい
  • 休憩を適度にとって、ストレッチなどをしよう
  • オススメの運動はラジオ体操第一
  • ジムに通ったりフィットネス系DVDに頼るのも手
  • ランニングしたいなら、まずは散歩から
  • フリーランサーは健康管理が超重要

フリーランサーになって座ってばかりの生活だと思う方は、やはり運動不足解消やストレッチはとても重要。しっかりと対策をして、健康を維持しましょう!

ライター:敏夫

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!