客先常駐フリーランスは何ヶ月前に辞めることを伝えればいい?トラブルを回避するための客先常駐フリーランスの辞め方と退職方法

なんでもそうですが始まりがあれば終わりがあります。客先常駐も例外ではなく、当然ながら終わりがありますね。

しかし、終わりがあることは知っていつつもいつまでも仕事を受け続けてしまうフリーランスが多いのも現状です。

辞めることができない理由はいくつかありますが、人によっても違ってきます。ただ、多くのフリーランスの頭にあるのは今後の心配でしょう。

客先常駐先がお得意様だった場合なおさらです。円満に契約を切ることができなければ今後仕事がこないかもしれませんからね。

今回はトラブルなく辞める方法とどのくらい前に辞めることを伝えたらいいのかを書いていきます。

スポンサードリンク

トラブルを回避するための客先常駐フリーランスの辞め方と退職方法

辞めることを伝えるのは何か月前?何週間前?

辞めることを伝えるのはいつが適切なのでしょうか。普通の会社員であれば2週間前ですが、会社のことを考えて1か月前にはという認識が一般的ですよね。

実際に周りの辞める人の多くが1ヶ月前には通知しています。

客先常駐ではあらかじめ申告期限が決まっている場合が多い

客先常駐を始める際に契約書を交わすと思いますが、その時に辞めるときのことについて書いてあるはずです。私の場合は2週間前の通知をすることと記載がありました。

基本的には書いてある期限に合わせて申告するのがベストなタイミングといえるでしょう。そしてこの期限が短ければ短い程私たちフリーランスには好条件です。

変な話、申告期限が1日前であれば次の日に辞めることができます。他の仕事が入った場合、上手くいかなかった場合にすぐに辞めることができるのでありがたいですね。逆に長ければそれだけ動きにくい状況になることは間違いないです。

客先側と話し合って決めることがベストですが、はじめから決まっているところもあるので契約書はよく読みましょう。

最善の期限はどのくらい?

客先常駐が初めての場合、どのくらいの期限がベストなのかは自分でも分からないですよね。ただ、客先の決めたものに従うのも怖い気はしますよね。

そうならないようにベストな期限は2週間だということを頭の中に入れておきましょう。2週間より短ければ言うことはないですが、2週間より短いということは今の聞いたことはことはありません。

話し合って決める場合は最短でも2週間を提示するようにしましょう。それより短いと契約自体がなくなってしまうこともあるのでご注意を。

2週間でなくても1ヶ月あれば標準的なので、納得できるようなら契約して大丈夫です。2ヶ月、3ヶ月となると後々動きにくくなることは確かなので注意してください。

円満に辞めたい時の辞め方は?

誰でもそうですが客先とは円満に終わらせたいですね。今後の仕事も継続してもらえるかもしれませんし、敵を作ってもいいことはないです。

この章でも円満に辞めるための方法を書いていきます。

社会人として最低限のことを

辞める際のトラブルとして多いのが、仕事の引継ぎです。契約期間等の都合上2週間や1ヶ月といった期間がキリも良く辞める際の目安になります。

ただ、日数でみてしまうとどうしても仕事の内容はキリが悪くなってしまいます。途中の仕事をほっぽり出されるのは誰でもいい気はしないですよね。

中途半端で辞めるのではなく、しっかりと終わらせてから辞めるのがベストではありますがそれができないときは、引継ぎをきちんとしましょう。

社会人として当然ですが、客先常駐となるとこれができない人が意外と多いようなので気をつけてください。

辞める際は事前に申告を

辞める際に申告を期限内にするというのは上記しましたが、辞める旨を伝えるときに上長にしか伝えないということがよくあります。

それでいいのですが、周りの人からしたら知らないというのは正直迷惑です。ついつい「言ってあるし他の人にも伝わってるよね」と考えてしまいがちですが、そんなことはないので自分の口からはっきりと伝えることが大切です。

辞めることを言うのは言いづらかったりしますが、お世話になった分お礼もしっかりとして辞める旨を伝えるようにしましょう。

それができないという方は、あらかじめ契約期間を決めておくというのも1つの手です。

1ヶ月とはじめから決めていれば、それを前提に周りの人も動いてくれます。仕事の逆算もしやすいので、周りも助かりますしあなたの気持ちも楽になるのでおすすめです。

まとめ

客先常駐は、はじめるときよりも辞めるときの方が難しかったりします。「仕事が忙しそうで、このタイミングで辞めるとは言えない」「本当は辞めたいけどこのあと仕事がこなくなりそうだし言えない」色々なことを考えてしまいがちですが、自分を見失ってはいけません。

本当にその客先にいていいのか、自分の成長に繋がるのかしっかりと考えることが大切です。

情や雰囲気に流されてしまいがちですが、いい結果にはつながらないので自分の中で基準を決めておくようにしましょう。

自分が言い出せない性格だと分かっているならば、対策を立てることも忘れずに。

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!