時間短縮、効率向上!Macを使うなら覚えておきたいショートカットキー集

キーボード

こんにちは、ライターの浜口です。

今回は、Macを利用するにあたって、覚えておきたい便利な「ショートカットキー」をご紹介したいと思います。

Macとは、アップルコンピュータが開発したパソコンで、Macintosh(マッキントッシュ)を略して「Mac」と呼びます。Macはグラフィックスの処理を得意とするパソコンで、医療機関やマルチメディアなど、幅広い分野で利用されています。

さて、そのMacですが、一般的なWindowsに「ショートカットキー」があるように、とうぜんMacにこれがあるわけです。ショートカットキーを覚えておけばタイピング速度と同じように仕事の効率が断然変わってきます。

カフェで作業しようと思って出かけた時に、マウスを忘れてしまっても、ショートカットキーを覚えていれば「コピー&ペースト、すべてを選択する」のも一瞬でできるようになります。

出かけることの多い方や、パソコンを使うことが多い方は絶対に覚えておくべきです。

スポンサードリンク

Macで覚えておきたいショートカットキー

基本のショートカットキー

  • command+A  すべてを選択する
  • command+C  コピー
  • command+V  ペースト
  • command+F  検索
  • command+Z  一つ前に戻す
  • command+P  印刷 
  • command+H  開いているアプリケーションを閉じる
  • command+shift+3  スクリーンショット(全範囲)
  • command+shift+4  スクリーンショット(選択範囲)
  • command+tab  起動中のアプリケーションの切り替え

普段はマウスを使って行うものが多いですね。

これらは基本中の基本なので、初心者の方には是非覚えて欲しいショートカットキーです。
特にコピー&ペーストに関しては、これを覚えておくだけでマウスが不要になりますし、仕事効率が1.3倍くらいに上がります。本当ですよ。

よく使うショートカットキー

  • command+W  ウィンドウを閉じる
  • command+Q  アプリケーションを終了する 
  • command+S  ファイルを保存する
  • option+command+S  ファイルを別の名前で保存する
  • option+command+N  新規フォルダ作成
  • command+option+esc  アプリケーションの強制終了

これは日常でもよく使うショートカットキーになります。

Finder上で使うショートカットキー

  • shift+command+C  コンピューターに移動する
  • shift+command+A  アプリケーションに移動する
  • shift+command+H  ホームに移動する
  • command+delete  ファイルをゴミ箱に移動する
  • command+I  ファイルの情報を見る
  • command+O  ファイルを開く
  • command+D  ファイルを複製する

テキスト編集中に使用するショートカットキー

  • control+A  現在の行の段落の先頭に移動させる
  • control+E  現在の行の末尾に移動させる
  • control+B  1文字戻る
  • control+F  1文字進む
  • control+D  カーソルの右側の文字を削除する
  • control+H  カーソルの左側の文字を削除する
  • control+N  1行下に移動する
  • control+P  1行上に移動する
  • control+O  カーソルの後ろに1行挿入

Excel2016 for Macのキーボードショートカットキー

  • Ctrl+V  貼り付け
  • Ctrl+C  コピー
  • Ctrl+S  保存
  • Ctrl+Z  元に戻す
  • Ctrl+Y  やり直し
  • Ctrl+X  切り取り
  • Ctrl+B  太文字
  • Ctrl+P  印刷
  • Ctrl+shift+=  セルの挿入
  • Ctrl+D  下方向にコピー
  • Ctrl+R  右方向にコピー
  • Ctrl+‐  セルの削除
  • Ctrl+W  ウィンドウを閉じる

その他まだまだたくさんのショートカットキーがありますが、Excel2016 for Macのキーボードショートカットキーは「Ctrlキー」を使用したものが多いようです。

WindowsよりMacのちょっとした良いところ

ここで少し余談ですが、MacとWindowsを比較した時に、「Macの方が便利だ」と思うことを少し紹介したいと思います。

  • ファイルを選択し、スペースを押すだけで中身を見ることができる
  • アプリはハードディスク内のどこに置いても良い
  • アプリやプログラムは、ゴミ箱に捨てるだけで自動削除される

このように、ワンクリックやボタン一つで色々な機能を発揮するMacですが、その分ショートカットキーの数も多く、ザックリ見ただけでも50種類はありました。

グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、建築士といった特殊な仕事をしている人が多く使うMacですが、ショートカットキーは覚えていても損はないと思うので、是非参考にしてみてください!

ライター:浜口

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!