「ニート」って言葉、イメージだけでテキトーに使ってない?今一度振り返っておきたいニートの定義

ニート

ニートの定義

ニート(NEET)という言葉はイギリスで生まれ、本来の定義は、「Not in Education,Employment or Training」つまり、教育を受けておらず、雇用されておらず、職業訓練も受けていない者を指します。この文の頭文字をとってNEETになりました。

その後、日本政府の作った定義では、「高校や大学などの学校及び予備校や専門学校などに通学していない者、結婚をしていない独身者、定期的な収入のある仕事をしていない15歳から34歳までの者で、就職活動を行っていない者のこと」を指しています。

すなわち、仕事が無くても就職活動をしている人や、各種学校などに通っている人、40歳を過ぎてのアルバイトや派遣労働者などは定義上ニートとは呼べないということになりますね。 

スポンサードリンク

使われ方が変わっているニートという言葉

今現在の「ニート」という言葉のイメージ

2000年以降、マスコミでもニートという単語は取り上げられ、大雑把に、働いていない人のことをニートと指していることも多く、また、時に批判的に、駄目な人間を指すように使われていることもしばしばあります。

日本における「ニート」の概念やイメージが『働く気のない怠け者』『無気力』『心を病んでいる』『親への寄生』(パラサイトシングル)などといったネガティブなものに色濃く定まってしまい、現在では「ニート」という用語が罵倒語、もしくはそれに準ずる形で用いられているとしている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニート

ニートと呼ばれる以前は、フーテンやプーターローなどと呼ばれ、やはり悪いイメージがありました。

その影響からか、現在では「ニートイコール無職、ニートイコール失業者、ニートイコール引きこもり」といったイメージが定着しています。

似た言葉に「引きこもり」がありますが、これは完全に家の中にいて外に出ようとしない、すなわち社会との関わりを断とうとしているわけなので、就職をしたいという意思表示は見られないと思いますので、ニートとほぼ同じと考えても問題はありませんが、無職者や失業者は、働く意思や就職・転職活動をしてさえいればニートとは呼べなくなります。

ニートっぽいが定義上ニートではない場合の例

ニートだと思われていても定義上ニートではない場合の例として、

仕事をしたくて就職活動を行っているのに仕事に就けない人および、失業した人でも転職をする意思があれば、定義上はニートではありません。

上記の場合は、俗に言うフリーターと呼ばれるものになります。また、35歳を過ぎれば、それこそ引きこもりで就職の意思がなくても定義上ニートではありません。また、仕事をしていなくても家事手伝いなどは、ニートには含まれません。家が大金持ちで、働く必要性の無い人は、厚生省の定義上はニートになりますが、世間的には、ただの大金持ちと思われて、ニートとは思われないでしょう。

現在のニートの数

政府の行った全国実態調査によると、平成23年度では約60万人弱の人が、ニートである。予備軍はその倍とも言われ、150万人ほど推計されています。

ニート(※1)の状態にある若者は、平成14年以降60万人台で推移しています。平成23年は60万人となっています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/12.html

最近は働き方自体が変わってきている

ここ数年で仕事に対する働き方自体が大きく変わってきているためニートの境界線はかなり曖昧になっていると私、個人は思っています。

例を挙げるとするなら、最近は「在宅ワーク」も一般的になってきており家に引きこもっていたとしても収入はありますし、年金・納税もしている人もいるでしょう。それを引きこもりと評したりニートと評するのは難しいところだと思います。

「会社に雇用されている状態でなければ働いているとは認めない!」「会社に雇用されてないのであればニートなんだよ!!」という考えは、もう時代にあっていない考え方のようにも思えます。

参考URL
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/12.html 
wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニート

ライター:良平