会計ソフトはインストール型からクラウド型へ移行している!?それぞれの違いと気になるソフトの勢力図

会計ソフトはインストール型からクラウド型へ移行している!?それぞれの違いと気になるソフトの勢力図

誕生以来、認知度を高め利用者数を増やしているクラウド型会計ソフト。その人気は衰えることなく、ますます利用者を増やし続けています。では、クラウド型会計ソフトの人気はどのような点にあるのでしょうか?今までのインストール型会計ソフトと何が違うのでしょうか?

今回は、インストール型会計ソフトと、クラウド型会計ソフトの違いについて見ていき、支持される理由を探っていくと共に、クラウド型会計ソフトの勢力図を紹介していきたいと思います。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

スポンサードリンク

会計ソフトはインストール型からクラウド型へ移行している!?それぞれの違いと気になる勢力図

インストール型とクラウド型の違い

クラウド型会計ソフトが誕生するまでの会計ソフトは、市販のソフトを購入し、自身のパソコンにインストールして使うといったものでした。

そのため、税制が変更された場合やシステム上の変更などがあった場合には、その都度インストールを行わなければならなかったのです。この作業にかかる時間と手間は決して小さなものではありませんでした。

クラウド型は常に最新バージョンが使える

一方のクラウド型会計ソフトの場合、このようなインストール作業が必要ありません。インターネット環境が整っていれば、どこのパソコンからでも接続できるうえに、常に最新のバージョンを使うことができます。

セキュリティも最新のものを使うことができる

常に最新のバージョンが使えるということは、当然セキュリティも最新のバージョンということになります。クラウド型ということで、セキュリティ面に不安を感じている人もいるようですが、常に最新のバージョンが使えるということは、安心してもいいということです。

価格が大きく違う

インストール型は導入時に数万円〜数十万円かかっていた

また、インストール型の会計ソフトとクラウド型会計ソフトの違いはこれだけではありません。価格の面でも、大きな違いがあるのです。インストール型の会計ソフトを購入するためには数万円以上は必要でした。中には数十万円が必要になるものもあったのです。

バージョンが新しくなるたびに更新料が必要

しかも、バージョンが新しくなるたびに、更新料という形で数万円程度が必要になっていたので、購入しただけで終わりというわけではなかったのです。

クラウド型は月額使用料のみ、更新料などもかからないものがほとんど

クラウド型会計ソフトの場合、月額使用料を払うことによって使うことができます。この月額使用料が、インストール型の会計ソフトに比べて驚くほど安いのです。

クラウド型会計ソフトでNo1のシェアを誇っている「freee」の場合、スタータープランだと月額980円から利用することができます。

更に、年払いにすると9,800円で済んでしまいます。1ヶ月あたり約816円です。インストール型の会計ソフトの場合、バージョンアップなどがあれば、そのたび更新料として数万円が必要になることを考えると、税制が大きく変わっている昨今ですので圧倒的なコストの削減ができると考えられます。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

クラウド型会計ソフトの利用率とは?

2016年にデジタルインファクトが、クラウド型会計ソフト に関する調査を行いました。その調査結果によると、会計ソフトを使っている事業所は31.8%となっていました。その中でクラウド型会計ソフトを使用していた事業所は11.1%です。

クラウド会計ソフトの中ではfreeeが1位

クラウド型会計ソフトの存在が浸透してきた結果といえるでしょう。そして、どのクラウド型会計ソフトを使っているのかも同時に調査した結果、1位が「freee」(43.7%)、2位が「弥生」(28.4%)、3位は「マネーフォワード」(10.5%)となっていました。1位の「freee」が断トツの支持を集めていることが分かります。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

freeeを選んだ基準は「簡単」であること

また、クラウド型会計ソフトを選ぶ際の基準は何かといったアンケートを行った結果、61.1%もの事業所が簡単であることをあげたのです。

freeeでは質問に答えていくだけで確定申告書を作成できる

事実、クラウド型会計ソフト「freee」では、確定申告の書類が質問に答えるだけで作成できたり、アプリを使ってレシートを撮影するだけで、自動仕訳を行い登録してくれるといったような経理業務を簡単にできる要素がたくさん存在します。

このように、簡単に操作ができてソフトを使うのに専門的な知識が必要ないといった点が支持されている理由となっているようです。

実際、忙しい個人事業主や中小企業の場合には、経理専属の人員を配置できていないこともあります。そのため、いくつもの業務を兼任して行わなければいけません。

こういった人からすれば、経理業務の負担は少しでも軽くしたいと思うものです。だからこそ、クラウド型会計ソフトを選ぶ際の基準は「簡単であること」となるのでしょう。

※引用元
http://digitalinfact.com/press160203/
https://www.freee.co.jp/news/05millionrelease-4829.html

クラウド会計ソフトの中から「freee」が選ばれる理由

多くの事業所がクラウド型会計ソフトを選ぶ際の判断基準として「簡単であること」を重視していると紹介してきました。では、「freee」はどのような部分が「簡単である」のでしょうか?

freeeで一番魅力的なポイントは「世界一楽な確定申告」である

最も大きなポイントは「確定申告書類の作成が簡単に行える点」でしょう。こちらは、先程も紹介させていただいた通り、簡単な質問に答えていくだけで作成できるという機能のことです。確定申告書類と聞くととても難しいイメージがありますが、これならば誰でも短時間で簡単に作成できます。

freeeは3630件を超えるクレジットカード・銀行口座と連携している

取引が発生するたびに人工知能が自動仕訳

また、その他にもクレジットカードとネットバンキング口座を同期させることで、取引が発生するたびに人工知能が自動で仕訳を行ってくれて取引を登録してくれるという点もあります。

クレジットカード・銀行口座でのやりとりが多い方には最適な機能

個人事業主の方はクレジットカードでの支払いが多くなります。そのため、クレジットカードを使用した場合の取引を記帳していくというのは、数も多く、途方もない作業になってしまいます。そのため、クレジットカードに関する記帳をしなくてもいいというだけでも、かなりの経理負担が軽減されるはずです。

更に、ソフトを使っていて分からないことがあれば、チャット機能を使ったサポートがあるので、freeeの機能のみならず、経理の面でも分からないことがあればすぐに問い合わせることができます。簡単なだけでなく、サポート体制も充実しているという点も評価されているのではないでしょうか。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

まとめ

インストール型会計ソフトから、クラウド型会計ソフトに乗り換えている事業所が増えているようです。また、新しく設立された事業所での利用も目立っています。クラウド型会計ソフトが支持される理由の中には、コストと労力、そして時間を削減できるといったものがあります。

クラウド型会計ソフトの中でもNo1のシェアを誇る「freee」は、経理業務の効率化を考え、経理業務にかかる負担を大きく削減しました。そして、この進化はますます進んでいくはずです。このように、支持されるだけの理由が「freee」にはあります。

もし、クラウド型会計ソフトに乗り換えようと考えているのであれば、80万事業所が利用している「freee」を検討してみてはいかがでしょう?

今ならば、無料で使ってみることもできるので、気になる方はお試しで使ってみることをおすすめします。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

ライター:島田

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は80万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使うことができます。