会社員が副業で確定申告するなら会計ソフトfreeeを使った方が良い

会社員の副業で確定申告

東京商工リサーチが2014年に行った調査によると、企業の平均寿命は23.5年でした。大学を卒業した人が、就職して定年を迎えるまでの年数よりも短いということです。終身雇用という言葉は、もう過去のものとなった印象があります。

こんな時代だからこそ、少しでも収入を増やして将来に備えておきたいと考える人は多いでしょう。そして、中には副業を選択している人もいるはずです。

しかし、副業だからといって甘く考えてはいけません。収入を得ている以上は、税金を納める義務が発生するからです。

今回は、副業をしている方に知っておいてほしい確定申告について紹介します。

スポンサードリンク

会社員が副業で確定申告するなら会計ソフトfreee

副業といえども確定申告は必要です

会社が終わり、限られた時間の中で副業をするわけですから、手に入れられる金額はそれ程多くないかもしれません。しかし、例え少なくても副業によって収入を得ているのであれば、確定申告について知っておく必要があります。

もし、収入を得ていたのにも関わらずに確定申告を行っていなければ、最悪の場合、脱税とみなされてしまう可能性があるのです。

「月に2万円程度だから。これぐらいだったら申告しなくても大丈夫。」そのような考えでは、後で痛い目にあってしまう可能性もあるので、確定申告は自分には関係ないと考えないようにしてください。

どんなビジネスでも、経理は必要不可欠なものです。気持ちよく胸を張って副業を続けていくためにも、確定申告は必ず必要なことだと覚えておきましょう。

確定申告が必要となる基準とは

副業をして収入を得ているのであれば、必ず確定申告が必要になると説明させていただきましたが、ここで一つだけ注意しておいてほしいことがあります。

それが、副業で収入を得ている人、全ての人が確定申告を行わなければいけないというわけではないという点です。

得た収入の金額で変わる

では、確定申告が必要な場合と、そうでない場合の違いは何なのでしょうか?それは得た収入の金額です。

副業によって1年間で得た収入が20万円以上の場合には確定申告が必要になります。つまり、1年間の収入が20万円以下の場合には、確定申告が不要ということです。

ここでいう収入とは、売上から経費を差し引いた額になるので、売上と勘違いしないようにして下さい。

そして、もう1点注意しておいてほしいのが、上記の20万円という数字は給与所得があり、年末調整を行っている人のみという点です。

以上の条件を考慮して、自身が確定申告を行う必要があるのか、ないのかを判断してください。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

確定申告書は何を使う?個人事業主と同じ書類で良いのか

給与所得者が、副業によって1年間に20万円以上の収入を得ている場合には、確定申告が必要なことがわかりました。それでは、提出する確定申告書は「副業でやっているサラリーマン」と「個人事業主」とで違いがあるのでしょうか?

答えはNOです。この二つの確定申告に違いはありません。つまり、会社員でも個人事業主と同じ確定申告書類を作成するのです。

会社員が確定申告を経験することのメリットとは?

数字の感覚が自然と身につき、独立後を見据えた経理作業を経験できる

確定申告をすることによって、経理に必要な数字感覚が自然と身につきます。これは、経営者にとって必要不可欠なものなので、経験しながら学べるというメリットは非常に大きなものといえます。

会社員でも「ふるさと納税」と「iDeCo」の控除が受けられる

確定申告を経験することのメリットは会社員でもあります。会社員でも出来る「ふるさと納税」や「個人型確定拠出年金(通称iDeCo)」をした際にも確定申告をすることで控除を受けることができるのです。

あなたが後々独立を考えている会社員・サラリーマンであるならば、独立後の経理作業を先に経験しておくことができますので、会社員でも大いにメリットのあることだと考えます。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

確定申告は難しい?

生活内で確定申告方法を知れる機会は少ない

会社で経理業務をしていない限り、一般の生活内で確定申告書類の作成方法を知れる機会は少ないでしょう。そのため、確定申告を自分で行わなければいけないと聞くと、不安になる人もいるかもしれません。

実際、確定申告書類の作成は簡単なものではありませんし、間違っていれば訂正を求められます。いきなり自分でしようと思っても、そう簡単に作成できる気にはならないかもしれません。

副業レベルで税理士に頼むのは費用の方が高くなる

しかし、確定申告を提出する義務が発生する以上、作成しなければいけません。税理士に頼もうかと悩む人もいるかもしれませんが、税理士の報酬も決して安くはありません。

下手をしたら、副業で稼いだお金では足りないことも考えられます。それでは、本末転倒。何のための副業なのか分かりませんよね。

そうなると、やはり自分で確定申告書類を作成するべきです。独学で勉強するために、本を買い漁って勉強しようと考える人もいるでしょう。しかし、そこまでする必要はないかもしれません。

今や、会計ソフトの進化によって確定申告は驚くほど簡単になっているからです。実際に、どれほど簡単になったのかを説明します。

会社員の副業でも驚くほど簡単に確定申告ができるクラウド型会計ソフト

クラウド技術の進歩は、会計ソフトの分野にも影響を与えました。まず、一番大きな変化はソフトの値段です。副業をしている人が会計ソフトを購入しようと思えば、ソフトの高さに購入をためらう部分もありました。

会社員であればなおさら余計なサービスを利用したくはないですよね。しかし、クラウド型会計ソフトの場合には、驚くほどの低料金から使用することができるのです。

シェアNo.1のクラウド会計ソフト「freee」は副業の確定申告でも使える

会計ソフトfreee

クラウド型会計ソフトでNo.1のシェアを誇る「freee」の場合だと月額980円で使用できます。しかも、年払いにすると9,800円で使用することができるのです。年払いをした場合は月あたり約816円の支払いのみ。この金額であれば、副業でも利用してみようかな?と思えてきますよね。

そして、影響を与えたのは価格面だけではありません。経理業務の労力を大きく減らしてくれました。「freee」を使えば、副業のための確定申告でも簡単にできてしまいます。確定申告書類を作成するための専門的な知識は必要ありません。

クラウド型会計ソフトによって、経理業務に必要なコストと時間と労力は驚くほどのレベルで軽減されました。副業で収入を得ている人にとっても、とても心強い味方になってくれるはずです。

では、実際にどれぐらい簡単に確定申告書類が完成してしまうのかを説明します。

副業でも個人事業主でも「freee」があれば経理は完璧

「freee」は80万もの事業所に利用されています。ベンチャーの立ち上げた会計ソフトサービスがなぜこれほどまでに支持されているのでしょうか。それには理由があります。その理由の一つが「専門的な知識なしに確定申告書類の作成ができる」というものです。

freee確定申告画面の質問

どれくらい簡単かといえば、「freee」の確定申告ページに移動し、順に表示されていく質問に答えていくだけで確定申告書類が完成します。難しく考える項目は本当にありません。

何故それで確定申告書が作成できるのか、それは「日々、お金の動きや経費を入力していることで、質問に答えるだけで書類が完成するから」です。

確定申告では副業でも個人事業主でも確定申告書Bを使います。つまり、やる内容は個人事業主と全く変わりません。

freeeはスマホでも使うことができるので、いつでもどこでも経理ができる

「会計ソフトを使ってみたいけど、仕事が忙しくて経理をする時間がない…。」もしかして、こう考えていませんか?

だとしたら心配する必要はありません。freeeは「iPhone」・「iPad」・「Android」でアプリが配信されていますから、それを使って、いつでもどこでも経理作業を進めることができます

さらにスマホアプリのみで確定申告書の出力まで行えます(これはfreeeが会計ソフト初です)。なので、会社へ行く途中の電車内や昼休みの食事中などで確定申告書を作成し、近くのコンビニでプリントアウトすることまで出来てしまうのです。

「freee」を使ってみれば、「経理業務はここまで簡単になったのか…」と、驚くこと間違いなしでしょう。確定申告が不安だと頭を悩ませている人は、30日間無料で使うことができますので是非、一度試してみて実感してみて下さい。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

まとめ

不安な将来に備えるために副業を始めた人は多いはず。普段は経験できないことの積み重ねがが新しい明日を作ります。どんどんトライしていくべきです。でも、忘れてはいけないのが確定申告のことです。

給与所得があって年末調整をしている方であれば、年間で20万円以下の収入の場合には確定申告が必要ありません。しかし、20万円以上の場合には確定申告が必要になります。

税務署に提出する書類と聞くと、難しそうで不安に感じると思いますが、安心してください。先ほど挙げた会計ソフト「freee」を使えば、いつでも・どこでも・誰でも簡単に確定申告書類を作成することができるんです。

もし、あなたが会社員で、副業の収入が20万円以上あって確定申告の必要があるのであれば、クラウド型会計ソフト「freee」の利用を検討してみて下さい。PC版もスマホ版も無料で試すことができます。

きっと、あまりにも簡単に確定申告書類が作成できてしまうことに驚くはずです。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

ライター:島田

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は80万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使うことができます。