会計ソフトfreeeで分からないことを問い合わせする3つの方法

会計ソフトfreeeで分からないことを問い合わせする方法3つ

会計ソフトを使う時に気になるのが、サポート体制ではないでしょうか?いくら便利な機能があったとしても、使いこなすことが出来なければ意味がありませんよね。

そんな時に、自分で調べて解決すればいいのですが、どうしても分からずに困ってしまうこともあるでしょう。そういった時に、問い合わせができれば簡単に解決することができます。

そこで、大切になってくるのがサポート体制です。今回は、クラウド型会計ソフトでNo1のシェアを誇る「freee」のサポート体制を紹介します。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

スポンサードリンク

会計ソフトfreeeで分からないことを問い合わせする3つの方法

会計ソフトのサポート体制が大切な理由

会計には、様々なルールが存在します。それらのルールを守って、記帳したり確定申告書類を作成する必要があるので、本当にこれであっているのだろうか?といった不安が頭をよぎる事があります。

確定申告の書類が間違えていれば、最悪の場合には税務調査の際に、修正を行うように指導され、結果支払う税金が増える事になってしまう可能性もあります。

そうならない為にも、決められたルールを守って申告書類を作成しなければいけません。これは、経営業務を行う個人事業主にとって軽くない負担となっています。

実際、経理業務を行っている時に、疑問にぶつかる事は少なくありません。

  • 書類のどこに転記すればいいのか分からない。
  • 勘定科目の疑問。

また、会計ソフトの使い方が分からなくて困る場合もあるでしょう。こういった疑問にぶつかった時、いちいち自分で調べていては、時間がいくらあっても足りません。経理として働いていた経験があれば慣れているので、それほど負担には感じないかもしれません。

しかし、経理未経験な個人事業主の人にとって、これはかなり大きな負担になります。そういう時に問い合わせる場所があるというのは、非常に心強いものです。税務署に問い合わせるといった選択肢もあるでしょうが、税務署の場合にはソフトの使い方までは教えてくれません。

そこで、問い合わせ先として適切な場所になってくるのが、使用している会計ソフトのサポートセンターです。多くの会計ソフトは、利用者のためにサポートセンターを用意しています。

そのサポートセンターの存在があるからこそ、安心してソフトを使って経理業務を行えるようになるのです。サポートセンターを活用することによって、時間と労力を大幅に軽減することが可能となります。

クラウド型会計ソフト「freee」が用意しているサポート体制とは?

便利で低コスト、その上、日々進化を続けていることでシェアを伸ばしてきたクラウド型会計ソフト。そのクラウド型会計ソフトも、サポート体制は整ってきています。

中でも、クラウド型会計ソフトでNo1のシェアを誇る「freee」のサポート体制は心強いものがあります。クラウド型の会計ソフトと聞くと、サポート体制に対して不安を抱く人も多いようです。

認知度を高め、シェアを伸ばしてきたといえども、まだまだ歴史は浅いのが現実。クラウド技術が進化してきたとはいえ、まだまだ始まったばかり。会計ソフトは会計を扱うものだからこそ、安心して利用できる環境でなければいけません。

パッケージ型の会計ソフトのように、積み重ねてきた実績がない。その点に不安を感じている方も多いようですが、ハッキリ言って、そのような不安は不要です。その理由をこれから紹介していきます。

クラウド型会計ソフト「freee」では、3つの問い合わせ方法が存在します。

それが、

  • メール
  • 電話
  • チャット

です。

また、上記の3つ以外にヘルプセンターというものが存在します。ヘルプセンターとは、検索バーにキーワードを入力することによって、疑問を検索して調べることができる機能です。上記の3+1のサポートで利用者の不安を解消してくれます。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

プランによって異なるサポート

クラウド型会計ソフト「freee」は、ニーズに合わせたプランを用意しています。そして、そのプランによってサポート体制にも違いがあるのです。ここでは、プラン内容とサポート体制を見ていきたいと思います。

まずは、3つのプランについて説明していきます。

スタータープラン

月額使用料は、驚きの980円。年払いにすることによって、更にその料金は安くなるのですが、その価格も驚きです。何と年払いでの使用料は9,800円/年になるのです。もちろん、この価格でも確定申告に対応しています。

気になるサポート体制ですが、チャットとメールでの問い合わせが可能となっています。

スタンダードプラン

月額使用料は1,980円。こちらも年払いにすることで、料金が安くなります。年払いにすると19,800円。

こちらは、確定申告はもちろん消費税申告にも対応しているのです。年間1,000万円以上の売り上げがあり、消費税の申告が必要な人にとって、とても心強い味方となってくれるでしょう。

そして、サポート体制はスタータープランと同じくチャットとメールでの問い合わせになっています。

しかし、全く同じというわけではありません。スタータープランと比べてどこが違うのかというと、問い合わせに対して優先的に対応してもらえるという点です。問い合わせが混雑した場合には、スタンダードプランの会員から優先的に対応してもらうことができます。

プレミアムプラン

こちらは、月額での支払いが存在せず、年払いのみとなっています。気になる使用料は年間39,800円となっています。

確定申告と消費税に対応していて、複数の店舗や複雑な入出金も効率化することができます。また、電子帳簿保存に対応しているので本格的なペーパレスが可能です。

こちらのサポート体制は、チャットとメール(両方とも優先対応)の他に、電話での問い合わせも可能となっています。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

レスポンスの早さが魅力

クラウド型会計ソフト「freee」のサポート体制として、魅力的なのがチャットによる問い合わせが可能な点にあります。メールだと、どうしても返信が来るまでに時間が必要になります。しかし、チャットであれば簡単につながることが出来るので、素早い回答を得ることができます。

忙しい個人事業主や経営者にとって、レスポンスの早さはとても魅力的ですよね。分からないことがあれば、チャットですぐ聞ける。そして、素早い回答をもらえる。この一連の流れが与えてくれる安心感は、とても魅力的です。

効率的な経営を行うためには、業務を効率化していく必要があります。クラウド型会計ソフト「freee」を使えば、経理業務の効率化を図れます。

そして、いざという時のサポート体制も整っています。もし、会計ソフトの乗り換えを考えているのであれば、心強いサポート体制が整っている「freee」を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いざという時に、問い合わせ先があるというのは安心につながりますし、経理や確定申告に慣れない初期には絶対に必要なものです。そして、問い合わせた際に、素早く回答をもらえるというのも更に魅力的なポイントです。

経理業務というのは、単純なようで意外に難しいものです。会計ソフトの使い方一つとってみても、なかなか思うようになりません。時間も労力もかかります。だからこそ、安心できるサポート体制を整えておいてほしいと思いますよね。

安心できる環境で経理業務を進めていきたい。そのためのサポート体制が気になるのであればチャットでの問い合わせが可能な「freee」を検討してみて下さい。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

ライター:島田

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使うことができます。