クラウド会計ソフトを使うのと税理士を雇うのとではどちらがお得か

クラウド会計ソフトを使うのと税理士を雇うのとではどちらがお得か

あなたは、経理業務に対してどのような印象を持っていますか?

  • 面倒くさい。
  • 難しい。
  • 時間がかかる。
  • 専門的な知識が必要。
  • プロでなければ出来ない。

このような印象を持っているのではないでしょうか?

実際、多くの個人事業主にとって経理業務というのは、大きな負担になっています。そのため、税理士を雇って経理業務を税理士に丸投げしているという人も少なくないでしょう。

しかし、税理士を雇えば安くない報酬を支払わなければいけません。だからといって、自分で確定申告書や決算書を作成するのは自信がない。今回は、そのように感じている人にこそ読んでほしい内容となっています。

税理士を雇うか、自分で経理業務をするべきか迷っているのであれば、是非とも読んでください。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

スポンサードリンク

クラウド会計ソフトを使うのと税理士を雇うのとではどちらがお得か

ITの進化で経理は変わった

経理業務には、ある程度の専門的な知識が必要。そして、時間と手間もかかってしまう。
確かに、そのような部分を否定する事はできません。

しかし、時代は変わってきています。ITの進化によって、様々な作業や業務が簡単に行えるようになってきました。そして、それは経理業務においても同じです。

パソコンが普及する前までは、取引が発生するたびに帳簿に手書きで記帳をしていました。作業には多くの時間と労力がかかっていたのです。また、人がする作業なのでミスも多く、決算期に数字が合わなくて一苦労といった事もありました。それがパソコンが普及して会計ソフトが誕生した事によって大きく変わったのです。

会計ソフトの誕生は、それまでの経理業務の在り方を大きく変えるものでした。時間、労力、費用、それらの全てが大きく軽減されたのです。

そして現在、ITの進化によって再び経理業務の在り方がさらに変わりました。クラウド型会計ソフトが登場です。クラウド型会計ソフトの誕生は、パソコンの登場と同じくらいのインパクトを持っています。

クラウド型会計ソフトの登場によって、経理業務にかかる時間、労力、費用が更に軽減できるようになったからです。

クラウド型会計ソフトの何が凄いのか?

何故、それほどクラウド型会計ソフトが凄いのかについて紹介していきます。

まず、最も大きなインパクトを与えたのが、クラウド型会計ソフトを使用する時に発生する費用です。クラウド型会計ソフト以前の会計ソフト。いわゆるパッケージ型の会計ソフトの場合は、購入するのに数万円から数十万円が必要でした。

しかし、クラウド型会計ソフトの場合にはその費用が驚くほど安くなっているのです。クラウド型会計ソフトでシェアNo1を誇る「freee」の場合、スタータープランであれば年間9,800円で利用する事ができます。

また、クラウド型会計ソフトの出現で変わったのは費用面だけではありません。時間と労力も大幅に軽減されました。「freee」が提供しているスマホ・タブレット用アプリを使う事によって経理業務を軽減する事ができます。

携帯電話のカメラ機能を使ってレシートを撮影すると、自動で仕訳を行い登録までしてくれるのです。また、時間と労力を大幅に軽減した事を実感できるのは、通常の記帳だけではありません。その効果を最も実感できるのは確定申告をする時です。

確定申告は「確定申告書」に情報を正しく記載する事が求められているので、提出時には本当にこれでいいのか?と心配になります。しかし、「freee」を使えばそんな心配は杞憂だったと実感します。

「freee」で確定申告書類を作成するのに、面倒な作業は一切必要ないからです。

「確定申告書類の作成」という確定申告用の専用フォームが用意されており、そこからあなたの基本情報を入力し、質問に答えていくだけで確定申告書類が完成します。

これほど、簡単に確定申告書類が完成してしまうと、「今まで支払っていた税理士報酬は何だったのか?」「確定申告ってすごく簡単じゃん!」と思われる人もいるかもしれません。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

本当に税理士は必要か?freeeを使用した場合の費用対効果を検証

税理士に経理業務を依頼すると、安くない報酬が発生します。もちろん、売上によっても報酬に違いは出てきますが、税理士に支払う費用を負担に感じている人は少なくないはずです。

ここでは、税理士に支払う報酬の相場を見ていき、本当に税理士が必要なのかについて検証していきたいと思います。

税理士の場合は確定申告だけで10万円

売上規模が500万円以上1,000万円以下の場合の税理士相場は、確定申告だけ依頼した場合には10万円程度の費用がかかります。

帳簿も依頼すると、月平均で28,300円

また、月々の記帳なども頼んだ場合には月に1万円から2万円程度が必要となってきます。つまり、売上規模500万円以上1,000万円以下の場合には、税理士報酬は年間で34万円程度が必要になってくるという事です。月平均で28,300円程度という事になります。

もし、売上規模がそれほど大きくないのであれば、自分で経理業務を行い確定申告を行う事によって、この費用を大幅に圧縮することができます。

具体的に数字を申し上げると、

  • 税理士に帳簿と確定申告を任せた場合=月に28,300円
  • 会計ソフトfreeeスタータープラン=月に980円

この税理士の料金から会計ソフトfreeeの料金を引くと

  • 節約できる額:28300-980=27320
  • 節約できる割合:980÷28300=0.03462898…

税理士を使わず、会計ソフトfreeeを使って自分で確定申告をした場合、ひと月あたり27,320円の節約パーセンテージにして約96.5%の節約になります。

クラウド型会計ソフト「freee」を使えば、インストール型に比べて、ソフトの使用料も驚くほど安く済みますし、経理業務にかかる負担も減ってきます。また、分からない事があればサポートセンターに問い合わせる事も出来るので、専門的な知識がなくても経理業務をこなせます。

税理士に支払う報酬と、経理業務の負担。この二つを天秤にかけた時に、支払う報酬以上に経理業務を負担だとあなたが感じているのであれば税理士に任せるべきでしょう。

しかし、多くの個人事業主は、費用対効果で見ると税理士を雇う必要性は低いです。

それを確認する為にも一度「freee」を使用して、最新の経理業務を体験してください。きっと、想像しているよりも経理業務の負担は軽くなっている事を実感できるはずです。

売上規模が大きくなってくれば、記帳内容も増えてきますし、勘定科目も増えて記帳する内容も複雑になります。このような状態になっても経理業務を自分で行っているのは逆に効率が悪くなってしまいますので、

そうなった時に改めて税理士を雇い、経理業務を全て任せて、本業に勤しむという選択肢をお勧めします。

 

まとめ

税理士を雇って経理業務を丸投げすると、面倒な経理業務から解放されます。しかし、それにかかる費用は決して小さなものではありません。もし、自分で経理業務を簡単に行う事ができれば、その費用の約96.5%は必要なくなるのです。

クラウド型会計ソフトの誕生によって、個人事業主・フリーランスの経理業務は確実に軽減されました。税理士に支払う報酬に対して不満があったり、税理士に頼もうか悩んでいるなら、費用対効果を検証する為にも、一度クラウド型会計ソフト「freee」を使ってみて下さい。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:島田

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!