大きく分けて4つ!WEBスクールで学ぶ人が持っている目的とは?

WEBスクール

WEBスクールには老若男女、非常に多くの人々が通っています。もちろんそれぞれ目的を持って通っており、目指すものの姿も様々です。

そんな中でも大きく転職のため、就職のために、独立のため、スキルアップのためと4つの目的を持って通うことが多くなっています。ではそれぞれの目的に関して、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

WEBスクールで学ぶ人が持っている4つの目的

目的1:転職のために通う人

まずWEBスクールで最も多いといえるのが、転職など他の会社に移るために勉強をしたいという人です。なぜ転職をしたい人が多いのかというと、WEBスクールの特性上、社会人が休日や仕事の後の空き時間に通いやすいように作られています。

そのため社会人でありながらWEBスクールに通うことも容易であり、社会人にとって仕事と並行して学びたいのであれば、通信教育や自宅でのパソコン学習よりも、実際の講師に聞くこともできて、自分のペースで学べるWEBスクールが最も有利なのです。

社会人として今の会社で働いていて不満があったらどうする人が多いでしょうか。もちろん会社の中で上を目指しても良いのですが、昭和や20世紀と異なり、今は誰でも手軽に転職活動ができる時代です。

会社という環境そのものを変えていくより、自分が異なる環境に身をおくことを考えたほうが、今の自分の不満から脱却することもできますし、より良い待遇や環境を、自分の考えで見つけ、決めていくこともできます。

転職に役立つのは資格などのスキルと、職務経歴という実績です。転職をするためにWEBやパソコン関係の資格を持っていれば、有利になる曲面も多くなります。

またすぐに転職をしないまでも、転職のための実績作りとして社内で仕事を任されるために、パソコン関係の知識や技術を身に着けるのも有効です。

またWEBスクールでも転職案件を紹介したり、模擬面接をしたりするなどのサポートを行っている学校は多いです。そういった転職支援を受けたほうが、自分でネットの求職サイトなどを見て応募するよりも、手早く転職が決まることもあります。

目的2:就職を目的として通う人

次に目的を持って通いう人が多いのが就職のためのものです。若い人の就職率は回復傾向にあるものの、それでもフリーターなど非正規雇用で悩んでいる人は多くいます。

そこで就職のために、何らかの実績を作って就職試験を突破していきたい、と考える人がWEBスクールには多く通っています。

WEBスクールでは、就職をしたいという人のためのキャリアカウンセリングも行っていますし、実際にはWEB制作の現場などは、人手不足で困っていることも多く、WEBスクールである程度のスキルを身に着けた人材を獲得していきたい、と思っている会社も多くあるのです。

WEBスクールのビジネスの一つとして、人材を欲しがっている会社に人材を斡旋する、ということをしている会社もあります。若くて吸収力が高く、それなりのスキルを持った人材は喉から手が出るほど、人手不足の会社には欲しい人材と言えます。

就職を目的とした人をサポートするために、WEBスクールでも需要のある資格の取得のサポートや模擬試験の実施、また面接で必要になるサイト作りやポートフォリオ制作のサポートなどを行っているWEBスクールもあります。

こういった手厚いサポートを受けられるので、就職することを目的に通うフリーター、また再就職を狙う主婦なども通っています。

目的3:フリーランスになるために通う人

それまで何らかの会社で働いていた人でも、会社に縛られた働く方をしたくない、もっと稼ぐためにフリーランスになりたいという願望を持って、WEBスクールに通う人がいます。

パソコン関係の仕事というものは、モジュール形式という言葉があるように、営業などよりも比較的仕事を分割して管理しやすいので、フリーランス、個人事業主としてクライアント企業から、業務に必要な仕事の一部を請け負って働く人が多いのです。

パソコンだけあれば仕事を完結させられるので、自宅やその他のコワーキングスペースを借りて、またカフェなどでパソコン一台あれば仕事できるのも、フリーでの働きやすさに影響しています。

せっかくパソコン関係のスキルがあるのですら、会社にとらわれずに自由に働きたい、でもまだスキルに自信がないし、独立してやっていけるかも不透明だというときにWEBスクールで実践的なパソコンスキルを身に着けて、独立を目指す人達も、多く通っているのです。

同じような目的を持って通っている人を見つけられれば、仕事のパートナー探しにも役立ちますし、情報収集や人脈の構築もできます。

フリーランス向けに業務委託案件の求人情報を公開しているWEBスクールもあるので、フリーランスを目指す人にとってもWEBスクールに通うこともメリットは以外に大きいのです。

目的4:スキルアップで社内での活躍を目指す人

これまで取り上げた人は、今までの自分が所属していた組織と離れる、または新たに入るということを目的として、WEBスクールに通っていました。

しかし、中にはもちろん今時分が働いている会社の中で、より活躍していくために、WEBスクールでスキルアップをしていきたいという目的を持つ人もいます。

ウェブに関する仕事は、今ではどの会社でも何かしらの形で関わっていきますし、新たに立ち上げるビジネスや部署がWEB関連ということもあります。

そういった場合に、新しい知識やスキルを習得し、それらの事業のディレクションやプロデュースをしていきたい、そうすることで社内での存在感を増していきたいと考える人もいます。そこで専門的なWEBの勉強をするために、WEBスクールに通うのです。

また部署でリーダー的ポジションの人に限らず、例えばデザイナーとしてもっとスキルを挙げて、上を目指していきたい、もっと良い作品を作れるようになり、ボーナスや給料を上げたいという願望を持った人も通っています。

まとめ

WEBスクールに通う人たちは色々いますが、皆共通しているのが「仕事」「収入」のために通っているということです。大人が通うだけに、目的が生活に直結しており、皆体現真剣に通っています。

そういった人たちの気迫に押されないように、また見習う点をしっかりと見習ってあなた自身も真剣に学んでいき、仕事のために役立てていきましょう。

ライター;正三

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!