半年?一年?WEBスクールに通う一般的な通学期間

ウェブ

WEBスクールに通うと言ってもどれほど通うかは人によって違うものです。何故かと言うとWEBスクールは学年や学期制などがないのは当然ですし、人によってWEBスクールで学ぶ速さも違ってくるからです。

自分のペースで学べるのがWEBスクールの大きなメリットとも言えますが一般的にはどれくらい通う人が多いのでしょうか。

スポンサードリンク

半年?一年?WEBスクールに通う期間はどれくらいが一般的か

短期コースや長期コースなどカリキュラムは様々

WEBスクールではそれぞれコースやカリキュラムが存在し、時間や予算、目的によって自分でコースを設定していくことになります。非常に狭い部分を学ぶコースや、高度な知識や実践的な技能を身につけられるコース、それよりも入門編として広く浅く学ぶコースなど様々です。

いろいろな学校で任意なのは、やはり教育給付金の支給を受けられるコースでしょう。これは特定のコースを選べば、費用の2割が終了後に国から還ってくるというものです。

内容に関しても広く浅くではなく、広くそこそこ深く学べるようなコースが多くなっています。

平均的にWEBに関する知識やスキルを身につけられるものが多く、実際の業務でも必ず身に付けておきたいITリテラシーやパソコンソフトの操作の仕方、言語の概要の理解を深められる、総合的な内容のものが多くなっています。

授業の範囲も広いことが多いので、期間としてはやや長めに設定されており、6ヶ月から9ヶ月の間、WEBスクールでじっくりと学べるようなものが多くなっているのです。

専門的なものでは3ヶ月間ですぐに実力を身につけるもの、総合的な内容をさらに深めたものでは、12ヶ月間などのコースもあります。

WEBスクールは割ける時間や本人のやる気次第で大きく変わってくる

WEBスクールではそれぞれのコースに通える期間が決められていますが、授業を受けるペースも自分で選べるのが特徴になっています。

一般的な学校を思い起こしてみると、それぞれの生徒や学生に対し、ここに授業を行うのではなく、クラス全体に対して一度に授業を行うので、あまり早すぎず、かと言って遅過ぎず、統一したペースで授業を行うものになっています。

達成度を見るテストも同じタイミングで行われますし、そのタイミングに合わせて各自が勉強を行っていくことでしょう。

WEBスクールでも、せっかく大金を出して通うので、その学んだ内容の知識が身についているかを効果測定するための、資格試験を受けることは多いですが、これはあくまでもマイルストーンに過ぎません。

WEBスクールに通う人は立場も年齢も全く違う人ばかりです。フリーターで勉強して就職を狙うのであれば、時間はたっぷりあるはずですから、すぐに授業を受けまくって試験の前にどんどん知識をみにつける人もいます。

その一方で多忙なサラリーマンなどは日曜や仕事帰りの僅かな時間しか自由な時間がないので、コツコツとマイペースに勉強し、試験に勉強の成果を発揮できるようにスケジュールを組んでいる人もいます。

WEBスクールは通う人それぞれのペースに合わせて自由に授業が組めるのが大きなメリットになっています。その意味ではコースに通える期間は決まってもいますが、必ず半年通うもの、というものではありませんし、6ヶ月のカリキュラムを3ヶ月で終えない人間はやる気もないし、意欲もないということでは決してありません。

空き時間を活用して学ぶという、WEBスクールの特性を活かして、いかに自分を高めて当初の目標を達成できるか、そこが通った意味があるかどうかを決めるといえるでしょう。

早い人はどんどんWEBスクールで学習し、力をつけて卒業する

ただしやっぱりやる気のある人は平均的に早く、コースのカリキュラムを終えることが多いでしょう。これはフリーターや就業経験のない人に多くあるパターンですが、なんとなく就職のために通ってみたけど、思いの外スキルを身につけるのが楽しく、新しいことをどんどん学びたいと思ったら、WEBスクールの授業では物足りなくなってしまったというものです。

WEBスクールでは基礎的な内容から授業が始まるものが多いので、ちょっと理解が進んでいく人はあっという間に授業を受け終えてしまうことが多いです。でも就職が直ぐにできるとかというと、人間中々自信を持って取り組めないもの。

そこでWEBスクールで学んだ基礎的な内容を超えて、応用的なスキルを勉強し、そこから就職につなげる人が多いのです。

もちろん適正がないとそこで脱落してしまう人もいるのですが、就職まできちんと成功する人は、早め早めに勉強していき、どんどん自分をWEBスクール外の勉強でも高めて、結果的には現場に飛び込んでいくというパターンが多くなっています。

転職を視野に入れた人はじっくり型もいる

一方で転職の場合はどんどん結果WEBスクールで学んでいく人もいますが、多忙な社会人が多いので、転職を視野に入れていたとしても、仕事の結果を出してからそれを武器にして転職に臨む、求人数が増える春先から転職活動できるように、WEBスクールで資格を習得しておく、といったように目的を見据えてそれまでに幾つかのミッションをクリアして自分の転職市場での勝ちを高めていきます。

社会人の転職ではあくまでもWEBスクールで学んだことは補助的な武器であり、最大の武器は自身が仕事で出した成績や結果、経験値です。

それを理解している人も多いのでしゃにむに勉強するよりも、やはり仕事の成果を平行して出していくために、ペースを定めながら勉強する人が多いのです。

まとめ

WEBスクールのコースとしての通学期間は半年や、それよりもやや長い、8,9ヶ月という設定のものが多くなっています。また長期的なコースは教育給付金が受け取れるものも多いので、利用する人も多くいます。

しかしWEBスクールは普通の学校とは違って自分のペースで学べるのが大きなメリット。就職のための武器とする若い人は、時間がある人も多いので、どんどん勉強し、WEBスクールのカリキュラム以上の知識やスキルを身につけて、社会に飛び出す人が成功する人です。

一方社会人で転職を視野に入れて学んでいる人は、あくまでも仕事で成果を出すことが第一、WEBスクールはその補助ということが多いで、6ヶ月や9ヶ月など長く学ぶ人が多くなっています。

ライター:正三

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!