クラウド会計ソフトfreeeで分からないことがあったときに質問できる場所はある?

freeeヘルプセンター

会計ソフトfreee公式サイト

ソフトを使用している時に、分からない事があればメーカーに問い合わせます。ソフトには、複雑な機能が備わっているので、全てを把握する事が難しいからです。

会計ソフトの場合も同じです。会計には厳密なルールが存在します。そのルールをしっかりと守る為にも、ソフトの使い方を正確に把握しなければいけません。

そこで気になるのが、最近注目されているクラウド型会計ソフトには、わからないことがあった時質問できる場所があるのか?という事です。今回は、クラウド型会計ソフトで圧倒的シェアを誇る「freee」のサポート体制について紹介させていただきます。

スポンサードリンク

クラウド会計ソフトfreeeで分からないことがあったときに質問できる場所はある?

会計ソフトの使い方は簡単だと言われても、やはり不安

クラウド技術の進化によって、注目されるようになってきたのがクラウド型会計ソフトです。クラウド型会計ソフトとして有名な「freee」は、シンプルな操作と簡単に確定申告が作成できるという事で人気を集めています。

実際、様々な便利機能によって経理にかかる負担を大幅にカットする事ができます。その便利な機能が、確定申告の作成です。帳簿入力を済ませれば、後は質問に答えていくだけで確定申告が作成できてしまうのです。

また、クレジットカードや銀行口座を登録しておけば、取引が発生するたびに自動で帳簿作成を行ってくれます。この機能だけでも帳簿入力の数が一気に減る事間違いありません。

「freee」を使いこなせば経理作業にかかる労力と時間を大幅カットできます。そして、カットできるのは労力と時間だけではありません。コストも大きくカットできます。従来のパッケージ型ソフトと比べれば、驚くほど低コストで使用できるのです。

しかし、それでも不安という人もいるでしょう。「いくら簡単だと言われていても、自分にできるのか分からない。」「万が一、ソフトを使って分からない時はどうすればいいのだろうか?」そんな不安によって、クラウド型会計ソフトの使用に踏み切れない人もいると思います。

まずは、その不安を取り除くために、不安の元となる原因を調べていきましょう。

クラウド型会計ソフトに対して生まれる不安

セキュリティとサポート

最近、認知度を高め利用者を増やしているクラウド型会計ソフトですが、まだまだクラウド型に抵抗がある人もいるようです。その人たちは、どの部分に対して抵抗があるのでしょうか?

それは、安心感という部分が大きいようです。この中には、セキュリティの問題に対する意識もありますし、サポート体制の問題も含まれています。

最近までは、会計ソフトといえばパッケージ型のものしか存在しませんでした。今までのスタンダードだったという事で、積み重ねてきた歴史があります。その歴史が、一つの安心感となっているようです。

また、パッケージ型の場合には別途料金を支払う事によって、サポートプランを選択できるものが多く存在します。そちらも、安心感に大きく貢献しているのでしょう。

以上の2つ。セキュリティ面とサポート体制。これらがクラウド型会計ソフトに対する漠然とした不安の大きな理由となっているようです。

万全のサポート体制

「freee」には、以下の3つのプランが存在します。

freeeの利用プラン3つ
  • スタータープラン     月額980円
  • スタンダードプラン    月額1980円
  • プレミアムプラン     月額3980円

これらのプラン全てに万全のセキュリティ対策がなされています。また、これらのプラン全てにサポートもついているのです。

プラン全てが同じサポート体制というわけではありませんが、分からない事があれば問い合わせる場所があるという意味においては同じです。

プラン別のサポート機能

では、それぞれのプランのサポート機能を紹介させていただきます。

スタータープラン

まずは、スタータープランのサポート体制ですが、こちらはチャット機能とメールでのサポート体制となっています。freeeの使い方から経理の勘定科目まで、質問内容の制限無く教えてもらえますので、自分の状況を説明することで丁寧に対応してくれます。

スタンダードプラン

続いてはスタンダードプランです。こちらも、同じくチャット機能とメールでのサポートとなっています。しかし、スタータープランと違う部分があります。

それが、優先対応してくれるという部分です。質問をする時に、時間帯によって混雑する時があります。その時に、優先的に対応してくれるというものです。

プレミアムプラン

最後に、プレミアムプランのサポート体制です。こちらは、チャット機能とメール、電話での対応を行ってくれます。もちろん、チャットとメールは優先対応となっているので、名前の通りサポート体制までプレミアムとなっているのです。

チャットだからレスポンスが早い!

ソフトの使い方などで分からない事があれば、すぐに解決したいと思うものです。そういった急ぎの場合に便利なのがチャット機能。チャットなので、とにかくレスポンスが早い。

メールしかない場合には、返信を待っている時間が無駄になってしまいます。急ぎでない場合ならメールでも十分かもしれませんが、忙しい個人事業主の場合には時間は最も大切にするべきものです。

その為、とにかく早く問題を解決したい。そういった時には、チャット機能を使ったサポートがとても便利です。

月額使用料だけでサポートもバッチリ!

パッケージ型の会計ソフトの場合、サポートを受ける為には別途料金を支払う必要があります。このサポート料金が、パッケージ型会計ソフトのランニングコストとして存在しているのです。

しかし「freee」の場合、使用する為に支払う月額料金だけでサポートを受ける事が出来ます。月額料金の中に、サポート料金が含まれているのです。

また、クラウド型なので常に最新のバージョンを使用する事が出来ますし、バージョンアップのたびに追加料金を支払う必要もありません。

これが、クラウド型会計ソフトを使用する事によってコストを大幅にカットできる理由でもあるのです。

まとめ

クラウド型会計ソフトの使用に踏み切れない人の中には、セキュリティとサポート体制に対して不安を感じている人が多いようです。

しかし「freee」なら、安心のセキュリティと万全のサポート体制が整っています。

操作などで分からない事があれば、パッケージ型のソフトと同じように問い合わせる事が出来るのです。サポートはチャット機能を利用して受けられるので、待たされる心配もありません。

また、サポートを受けるのに別途料金が発生する事はないのでコスト面でも安心できます。クラウド型会計ソフトを使用する事によって、多くのものがカットできるのです。それが労力と時間とコスト。

これだけのメリットがあるのです。そろそろ、会計ソフトをクラウド型に乗り換えてみませんか?

ライター:島田

シェアNo.1 のクラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。freeeはクレジットカード会社や銀行と連携しており、あなたのクレジットカード・銀行口座を登録することで明細を自動登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

一度仕分けした項目は、次回以降同じ内容で自動登録してくれます。その仕分けはスマホやタブレットからでも可能、専用のアプリを使うことで移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、必ず時間短縮・コストの削減になります。

これを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

出先全てを仕事場に!外で作業するフリーランスには必須なモバイルルーター「WiMAX」

ケータイのデザリングで通信量を使いたくないそこのあなた!出先に都合よくフリーWi-Fiがあるとは限りません。デザリングを使い続ければいずれ通信量の上限が来てしまいます。フリーランスは常に家で仕事をしているわけではなくカフェやファミレス・図書館を仕事場にすることもあります。

あなたが全ての場所で快適に仕事をしたいなら、Wi-Fiをどこでも使えるWiMAXは外で作業するフリーランスには必需品です。月間通信量の上限なし、下り速度最大440Mbps、全国人口カバー率90%以上・全国実人口カバー1億人達成の安心感、これさえ持っておけば通信上限に悩むことは一切ありません。通信量を気にせず使うならWiMAXがオススメです!

インターネットで仕事を取るならクラウドソーシングサービスNo.1の「ランサーズ」

「会社を辞めてフリーランスになりたい、でも仕事の取り方がわからない…。」そんな不安を抱いたことはありませんか?実績がない段階で仕事を取るのは難しいものです。

しかし、ランサーズなら手間な営業をかけることなく仕事を探すことができ、実績のないフリーランスの最初のステップとしても最適!

利用者数が40万人を超え、依頼件数も150万件を突破、依頼総額は1600億円を超えており、間違いなく日本最大級のクラウドソーシングサービスです!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!