会計ソフトは便利で簡単だけど一度導入するとソフトを変更するのは難しい理由

悩む男性

会計ソフトfreee公式サイト

会計ソフトを変更したいと考えた事はありませんか?しかし、会計ソフトは簡単に変更できるものではありません。コストもかかりますし、ソフトを変更すれば操作方法を始め、様々な機能の使い方を覚えなければいけないからです。

今回は、会計ソフトの変更を考えている人に、知っておいてほしい「会計ソフトの変更を行う前に知っておくべきこと」をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

会計ソフトを一度導入すると、ソフトの変更が簡単にはできない理由

日々進化している会計ソフト

一昔前までは、会計ソフトは市販されているソフトを購入して、自分のパソコンにインストールして使うというのが当たり前でした。しかし、クラウド型会計ソフトの登場によって、その常識が変わり始めたのです。

従来までの会計ソフトであれば、税制やセキュリティの問題でバージョンアップが必要になれば、変更のたびに新しいデータをインストールする必要がありました。それらにかかるコストと手間は小さなものではありません。

最近、注目されているクラウド型会計ソフトでは、これらのインストールの問題がありません。インターネットにさえつながれば、どこからでも、どのような端末からでもアクセス出来るからです。そして、税制やセキュリティ問題が発生した時も、自動で最新のバージョンになるので、面倒な作業は一切必要ありません。

クラウド技術によって、会計ソフトの進化のスピードは驚くべきものとなりました。そして、その進化は今後もさらに加速していく事が考えられます。

変更が必要になってくるのは、どんな時?

現在、会計ソフトの変更を考えている人の中には、変更のたびに発生するインストール作業の問題が大きく関係している場合もあるでしょう。

また、経営方針の変更によって、従来の会計ソフトでは物足りなくなってしった場合もあるでしょう。経営方針が変われば、取引内容や取引する商品が変わってくる事があります。その為、正確に取引内容を記帳していく為には、様々な機能を持った会計ソフトが必要になってくるのです。

更に、会社規模の変化によっても、会計ソフトの変更が必要になることもあります。規模が大きくなれば、当然、取引内容も増えます。

また、規模が大きくなった事によって部署が増えることも考えられます。その時に、部門階層ごとに記帳が出来ないとなれば、経営を行っていく上で、混乱する要因となってしまいます。そうならない為にも、規模に対応できるソフトである必要が出てくるのです。

一度、使い始めた会計ソフトを変更するのは容易ではない

操作性になれるまでの時間がかかる

しかし、会計ソフトというのは簡単に変更できるものではありません。まず、一番の問題がソフトの操作方法や、機能を理解するのに時間がかかってしまうという点です。今までの使い慣れたソフトではないので、様々な機能を使うのにも調べながら操作しなければいけません。その為、最初は時間がかかってしまうという問題が発生してしまうのです。

データ移行を行う時間と労力

そして、何よりも気になるのがデータ移行をスムーズに行えるのか?という点です。会計は継続性がなければいけません。過去との比較によって、経営分析を行う際にも大切になってきますし、何よりも帳簿保存の義務があるからです。

これらの作業にかかる時間を考えた時、会計ソフトの変更は簡単ではないと思い知る事になります。

会計ソフトの変更時に必要になる作業とは?

では、実際に変更時に必要な作業を見ていきましょう。

前の会計ソフトから新しい方へデータの引き継ぎ作業

まず、最も大切になってくるのが今まで使用していた会計ソフトのデータを、新しい会計ソフトへと引き継ぐ為の作業です。ここで、問題になってくるのが会計ソフトの互換性ですね。

互換性が乏しい場合には、csvデータを加工していく必要が出てきます。この面倒な作業を省く為にも、会計ソフト同士の互換性が大切になってくるのです。会計ソフトを変更する前には、この互換性を確かめておく必要があります。

続いての必要な作業が、変更する予定の会計ソフトの機能の確認です。どうせ、会計ソフトを変更するのであれば、面倒なインストール作業などない方がいいでしょう。

また、日々の経理業務を簡素化出来て、かかる労力と時間をカットできる事が望ましいはずです。

その為には、会計ソフトの機能をきちんと知っておく必要があります。変更した会計ソフトが満足できないものだったという事態は避けなければいけません。その為にも、機能の確認が大切になってくるのです。

また、消費税の増額も決まっているので、新しい会計ソフトでは税制などの変化にもしっかりと対応したものが望ましいでしょう。

会計ソフトをすでに使っている人のレビューや会計ソフトサービスの無料期間を操作感を確認した上で、新しい会計ソフトを探さなければなりません。

圧倒的な経理の効率化!クラウド型会計ソフト「freee」

では、上記の作業を簡単に行える会計ソフトとは何があるのでしょうか?ここで、お勧めしたいのが、クラウド型会計ソフトです。

クラウド型なので、常に最新のバージョンを利用する事が出来ますし、コストも市販のソフトと比べて驚くほど安いからです。

クラウド型の場合には、セキュリティ問題が気になるという人もいるでしょう。しかし、大切な会計データを扱っているクラウド型会計ソフトの場合、多くは最新のセキュリティで利用者のデータを守ってくれています。

どんな変化にも対応できるクラウド会計ソフト「freee」

そんなクラウド型会計ソフトの中でも、お勧めなのが「freee」です。

「freee」はクラウド型会計ソフトの中でも、圧倒的なシェアを誇っています。そして、それには明確な理由が存在しているのです。

一番の理由は経理業務の効率が良くなるというものでしょう。「freee」は、ソフトの操作が驚くほど簡単です。そして、便利な機能が多く備わっています。

例えば、日々の記帳入力は思っているよりも時間と手間がかかってしまいます。「freee」では、その作業にかかる負担を軽減する事が出来るのです。例えば、銀行やクレジットカードを利用している場合には、取引が発生するたびに入力しなければいけません。

「freee」では、銀行口座とクレジットカードを登録しておけば、取引が発生した場合に、口座やカードと連携して自動で帳簿作成を行ってくれるのです。これだけでも、かなりの入力作業を省くことが出来るはずです。

また、ソフトを変更したい場合に大切になってくる互換性の問題も解決します。「freee」は高い互換性があるので、データ移行も簡単に行えます。

そして、心強いのは乗り換えサポートがあることです。分からない事があれば、乗り換えサポートを利用することによって、問題を解決することが出来ます。

そして、もう一つお勧め出来る理由が「freee」では事業規模に応じてプランを選べるということです。スモールビジネスから、部門階層が必要になるような大規模なビジネスまで対応しています。

今後、規模が大きくなった場合にもソフトを変更しなくてもいいということです。プランを変更するだけなので簡単にできます。

まとめ

会計ソフトの変更を考えた場合には、様々な問題が思い浮かぶことでしょう。しかし、それらの問題を解決してくれるソフトがあるのです。それが、クラウド型会計ソフト「freee」

クラウド技術の進歩によって、会計ソフトの在り方も変化しています。そして、ビジネス環境も日々変化しています。

当然、会計ソフトもその変化によって進化していかなければいけません。そして、それはこれからも続いていきます。

もし、会計ソフトの変更を考えているならば、最新のバージョンをいつでも利用できるクラウド型会計ソフトを考えてみてはいかがでしょうか?「freee」なら、無料で試す事も出来ます。是非、一度経験してみて選択肢の中に加えてみて下さい。

ライター:島田

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!