税理士いらず!会計ソフトfreeeを使えば決算から確定申告まで一人で完了できる!

会計ソフトフリー素材を使えば決算から確定申告まで一人で完了できます!

税理士には高い報酬を払って当たり前だと思っていませんか?

たしかに税理士は専門分野のプロなので、仕事によってはかかる費用に高すぎる事はないと思います。しかし、最初から自分では無理と考えて税理士に頼んでいるのであれば、この記事を読んで下さい。

今回は、進化したクラウド型会計ソフトを紹介しながら、経理業務の効率化を考えてみたいと思います。この記事を最後まで読んでいただければ、「本当に税理士に頼む必要があるのか?」と自分に問いかけるキッカケになるはずです。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

スポンサードリンク

税理士いらず、会計ソフトfreeeを使えば決算から確定申告まで一人で完了できます

会計ソフトは常に進化している

よくわからないから税理士に頼むしかないって考えてません?

会計の事は、よくわからないから税理士に頼むしかない。そんな風に考えていませんか?

確かに、税理士の先生はその道のプロなので、任せておけば安心です。しかし、毎月の顧問報酬だけでなく、確定申告時にも別途料金が発生しまう場合もあるので、何かとお金がかかってしまいます。個人事業主にとって、それは小さくない問題ではないでしょうか。

売り上げ規模が増えれば明細の処理も多くなるので、自分でするよりも頼んだ方がコストパフォーマンスが良くなる面もあります。しかし、あなたの売り上げ規模が個人事業主としてそれほど大きくないのであれば、会計ソフトを使う事によって、決算から確定申告まであなた一人で簡単に行う事が出来るのです。

そのソフトがクラウド型会計ソフトの「freee」です。

固定費が圧倒的に安いのが特徴、決算書の作成までしてくれる

会計ソフトfreee

クラウド型の会計ソフトは、市販されているソフトに比べて、驚くほど安いのが特徴です。また、簿記の知識がなくても日々の入力作業さえ行っていれば、自動で決算書まで作成してくれます。

以下、freeeの持っている機能を簡単にまとめます。

  1. 「質問に答えるだけで確定申告書・決算書を自動作成」
  2. 「リリース済みのタブレット・スマホアプリが無料使える・領収書を貰ったその場で撮影可能・そのアプリなら電車内でも仕分け作業が出来る」
  3. 「freeeはiPhone・Androidでもアプリが使える」
  4. 「撮影した領収書画像をクラウド保存し、その金額・内容をAIが自動判定」
  5. 「クレジットカード・銀行口座との連携で明細を自動取得、何かを指示する必要なし」
  6. 「一度登録した明細は、また同じ明細が入った時に、同じ勘定科目で自動仕分けされるため、目にすることすらなくなる」
  7. 「消費税などの税制が変更されても自動対応」
  8. 「どれだけfreeeがアップグレード、改良、改善されても追加料金は一切発生せず」

ざっとあげただけでも、これだけの機能があります。これほどの機能を備えている会計ソフトが、一番安いプランだと月に980円で利用出来るというのだから技術の進歩は恐ろしいですよね。

また、クラウド型の会計ソフトなので常に最新の機能を追加しています。消費税などの税制が変更になったとしても、利用者であるあなたが設定を変更する必要はありません。freee側が自動的に対応してアップグレードしてくれます。

セキュリティは大丈夫?

freeeのセキュリティ

クラウド型だと、セキュリティーが心配だと思う人もいるでしょう。しかし、「freee」は最新のセキュリティによって大切な個人情報を守っています。

freeeでは、パスワード・ID・金融機関へのログイン情報等の重要な情報を暗号化して保存しており、通信する際には金融機関と同等のセキュリティレベルの暗号通信を採用する強固なセキュリティー体制があります。

国際的な認証機関であるTRUSTeによる認証も取得しているとのこと。(公式サイトより)

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

クラウド会計ソフトfreeeで出来ること

では、実際に「freee」を使うと、どのような事が出来るのかを見ていきましょう。

クレジットカードの明細と同期して、日々の帳簿が楽になる

freee口座登録画面

まず、freeeを使って見て最初に驚くのが、日々の帳簿入力が圧倒的に楽になるという点です。クレジットカード明細と自動同期が可能な上に、自動で帳簿作成を行う事が可能になります。

あなたがクレジットカードでコンビニでの決済を多くしていたとしても、そのクレジットカードや銀行口座をfreeeに登録しておけば、明細書と睨めっこして一つ一つ登録する必要はありません。明細が100件あろうと500件あろうと全てを月末に、自動で取り込んでくれます。

クレジットカードの明細を取り込むのは、こちらで何か指示する必要はある?

クレジットカードの明細を取得する際、こちらで何かアクションを起こさなければならないのでしょうか?答えはNOです。明細の取得するタイミングをこちらで指示することは何もありませんクレジットカード側の明細が確定した段階で、自動的に取り込まれます

無料でリリース済みの会計ソフトfreeeアプリを入れておきましょう

もし、あなたがfreeeを利用したいと考えているなら、freeeのアプリも合わせて使うのがオススメです。明細を自動取得した際に通知を送ってくれますので、freeeが明細を取得したことに気づかないことはありえません。まさに至れり尽くせりです。

iPhoneとAndroidでも配信されているので、機種の違いによって恩恵を受けられない。なんてことはなさそうです。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

スマホで領収書を撮影して自動で帳簿作成

freeeレシート画像

領収書を登録すると内容をAIが自動で判断

また、スマートフォンのカメラで撮影した領収書も取り込むことが出来ます。同様にスキャナで取り込み、PCからアップロードすることも出来ます。しかも、読み込んだ領収書から金額を抜き出して、勘定科目を推測して自動で帳簿作成を行うのです

経理仕事で、帳簿への入力は思いのほか時間がかかってしまいますが、「freee」を使えば、その面倒な帳簿作成の時間を大幅にカットする事が出来ると思います。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

貰った領収書をその場で登録

また、freeeのスマホアプリを使えば、貰った領収書をその場で撮影して登録する事も出来るのです。

「freee」を使えば、わざわざ領収書をかき集めて税理士の先生の元へ向かうといった手間も省けます。忙しい個人事業主にとって、領収書を持っていく時間は勿体ないので、この機能はとても助かりますね。

レジの入出金情報を取り込むことも可能

そして、飲食店などを経営している方はレジの入出金情報を取り込む事も出来るので、こちらも多くの手間を省く事が可能となります。これさえあれば、閉店してからの面倒な記帳作業から解放されるのです。

面倒な仕分けも必要ないの?

会計業務を税理士の先生に頼む理由として、「仕分けなどが分からないから。」という理由もあるでしょう。この問題も「freee」を使えば解決します。

AIが勘定科目を予想し振り分けする

先程も記した通り、スマホやスキャナから領収書を取り込む事が出来ます。そして、取り込んだ情報を「freee」が自動で予想される勘定科目に振り分けてくれます。その為、面倒な仕分けは必要ありません。

一度仕分けした明細は次回以降、同じ勘定科目で自動仕分け。同じ明細を目にすることすら無くなる

また、一度仕分けした明細と同じものがまた来た場合、次回以降は同じ内容で自動仕分けしてくれます。

つまり、クレジットカードから明細を取得したタイミングで、freeeがすぐに仕分けてくれるので、全く同じ明細に関しては今後、「目にする機会も無くなる」ことでしょう。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

従来の会計ソフトはある程度の簿記知識が必要だった

従来の会計ソフトは、ある程度の簿記知識が必要となっており、知識のない人にとってはそれが大きなハードルとなっていました。

しかし、「freee」を使えば、そこまで高度な簿記知識がなくても問題ないのです。仕分けに頭を悩ませて、ネットで確認したり検索する必要がありません。使えば使うほど仕分けが自動化されていき、あなたの労力を減らしてくれます。

質問に答えるだけで確定申告が出来るって本当?

freee確定申告の質問

クラウド型会計ソフト「freee」を使う事によって、経理の効率化が望めるという事は理解していただけたと思います。

しかし、ここで一つの疑問が出ますよね。

「日々の経理作業が効率化出来るのはわかったけれど、肝心な決算書の作成や確定申告は大丈夫なのだろうか?」

その疑問は出てきて当然です。決算書の作成や確定申告は難しく感じますよね。専門的な知識がなければ作成出来ないと思いがちです。それに、間違えて提出してしまったらどうすればいいのか分からないので、不安は増すばかりだからです。

しかし、その不安も「freee」を使えば解消されます。「freee」で日々の帳簿を作成しておけば、自動的に決算書も作成してくれるからです。

freee確定申告の質問画面

また、確定申告も「freee」を使っていれば、簿記知識も面倒な作業も必要ありません。驚く事に、質問に答えていくだけで申告書が完成するのです。

確定申告を作成するという項目が出るので、そこをクリックします。後は上の画像にある通り、出てくる質問に答えるだけ。

それだけで、確定申告に必要な申告書が完成します。もちろん、白色、青色の両方の申告に対応しているので、あなたの好きな方の申告書を自動的に作成してくれます。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

高い税理士報酬を払う必要はありますか?

クラウド会計ソフトで確定申告が簡単になるということがわかっても、それでも心配になるかもしれません。「ソフトを使ってて分からない事が出てきたらどうしよう?」「設定に迷った時はどうすればいいのか?」

そういった時に、「税理士の先生にお願いしておけば質問できるのに…。」そう考える人もいるでしょう。確かに、それは税理士と対面で話した良い場合もあるかもしれません。しかし、そんな人にこそ知っておいてほしいのがfreeeのサポート体制です。

96%という高い顧客満足度を誇る安心のサポート体制が使用者をアシストしてくれます。チャット・メール、そして電話サポートに対応したfreeeが利用者の抱える問題を解決してくれるでしょう。

サポートに聞ける内容も「freeeの機能」だけではありません。経理や勘定科目、プライベートの出費の仕分け方まで聞いてしまっても大丈夫。

freeeは、これらの機能を兼ね備えています。もし、あなたが「税理士に払う報酬に満足していない」「税理士に頼むか、自分でやるか迷っている」のであれば、一度導入を検討してみてはいかがでしょう?今なら、無料で試してみる事も出来るので、この会計ソフトがあなたに合うのかどうか、とりあえず使ってみるのもいいかもしれませんね。

最後にfreeeを使う事によって出力可能な帳簿を紹介させていただきます。

「freee」を使う事によって出力可能な帳簿
  • 青色・白色決算書 (事業用・不動産用)
  • 青色・白色申告書
  • 消費税申告書
  • 総勘定元帳
  • 損益計算書
  • 貸借対照表
  • 現金出納帳
  • 固定資産台帳

以上の帳簿が出力可能となっています。これが会計ソフトで出来るなら、確定申告はあなた一人でも出来そうですね。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

まとめ

会計は難しいから税理士に任せるしかない…。そんな風に考えてしまっていませんか?確かに、簡単なものではないかもしれません。しかし、会計ソフトの力を借りる事により、昔に比べて確定申告を自分で行うことがかなり容易になりました。

ソフトを使う事で、多くの労力と時間とコストを省く事が可能になったのです。

高い報酬、領収書を持っていく手間、その他の打ち合わせの時間などから解放されたいと考えたなら、クラウド型会計ソフト「freee」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:島田

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!