50人のランサーに聞いた!報酬を受け取る銀行はどこを利用しているのか、その集計結果を大公開

銀行サムネイル

あなたはどこの銀行口座を利用していますか?

いざランサーズで仕事を始めれば、仕事の対価としてあなたに報酬が支払われます。

その際、報酬を受け取るためには当然銀行口座が必要になります。中には、ランサーズからの振込手数料が安くなる銀行もあり、銀行選びはとても重要です。

しかし、日本には様々な銀行がありどの銀行を受け取り先に指定すれば、本当に得になるのかわかりません。どんな要素に注目して銀行選びを進めれば良いのでしょうか。

その答えは、先輩ランサーたちがどんな銀行をどんな理由で利用しているのかを見ていくことで、ランサーズにおける最適な銀行の答えが見えてきます。

「ランサーズ利用者の中で最も多く選ばれている銀行は一体どこなのか。」
「先輩ランサーたちはどうしてその銀行を使っているのか。」

今回、ランサー50人にアンケートを実施しましたのでその集計結果を公開します!

もしあなたが銀行選びに迷っているのであれば、今後の銀行選びに間違いなく役立つ情報となっておりますので是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

50人のランサーに聞いた!報酬を受け取る銀行はどこを利用している?

アンケートの集計結果

では早速、アンケートの集計結果から見てみましょう。

利用されている銀行の数

銀行の数

利用されている銀行の割合

銀行の割合

  • 1位はダントツの楽天銀行:32人・64%
  • 2位 ゆうちょ銀行:8人・16%
  • 3位 三菱UFJ、ジャパンネット銀行、三井住友銀行:各々2人・各々4%
  • 4位 名古屋銀行、群馬銀行、福岡銀行、みずほ銀行:各々1人・各々2%

ランサー50人にアンケートを取った結果、グラフを見ていただければわかる通り、ランサーが利用している銀行1位は楽天銀行だということが分かりました。割合にして64%。

ランサーズをすでに利用している方なら雰囲気でなんとなく感じていたことかもしれませんが、グラフで実際に目にすると想像以上に圧倒的な多さである。ということがわかりますね。

しかしここで気になってくるのが、一体何故これほどまでに楽天銀行が選ばれているのか?ということです。ここまで差があるからには理由があるはず。

なぜここまで楽天銀行が選ばれているのか

圧倒的なまでにランサーに支持されている楽天銀行、ここまで差があるからには理由があるのです。

理由1:振り込み手数料が安いから

手数料

まず、今回募集した、楽天銀行を利用している人の声を見てみましょう。

男性,48,会社員,楽天銀行,
手数料が安いという利点があることと、元々楽天銀行は自分のメインで使用している銀行でした。

女性,36,主婦,楽天銀行,
楽天銀行なら振込手数料が100円で済むからです。他行なら、500円もとられてしまうので。

男性,32,会社員,楽天銀行,
報酬を受け取る際の振込手数料が、楽天銀行だと100円で済むからです。

男性,40,自営業,楽天銀行,
他行を振込先に指定するよりも楽天銀行の方が振込手数料が安く済むから

男性,53,会社員,楽天銀行,
手数料が安くて経済的だからというのが一番の理由です。他にメリットはありません。

女性,45,主婦,楽天銀行,
振込手数料が一番安いため。(ランサーズから他行への振込手数料よりもランサーズ→楽天銀行→他銀を経由した方が安くで済みます。)また、楽天証券があったり、カードを作れば楽天市場でポイントを使って買い物ができるなど色んなオプション付いてきます。

女性,41,無職,楽天銀行,
手数料が安くすんて、コンビニなどでもお金を下ろせて便利なので。イーバンクの時代から利用している。

男性,55,会社員,楽天銀行,
他の銀行に比べて振込手数料が安いから。

男性,27,無職,楽天銀行,
他の銀行に比べて手数料が格段に安く、また他のポイントサイトから受け取る報酬も同銀行を指定あるので収入の管理も楽になるから。

男性,41,無職,楽天銀行,
振込手数料が馬鹿にならないのに気付いて、他の銀行から変更しました。

女性,54,主婦,楽天銀行,
振込手数料が楽天銀行だけ安いので。本当は都市銀行かゆうちょ銀行の口座にしたいのですが、手数料が高すぎて断念しました。

男性,41,会社員,楽天銀行,
ランサーズは振込先を楽天銀行にしておかないと振込手数料が高くなる為です。

男性,22,学生,楽天銀行,
私は一か月の取引額が少ないので、手数料の安い楽天銀行にしています。

女性,40,会社員,楽天銀行,
振込手数料が100円だからです。他の銀行との差額400円は、タスク作業が多い私としてはとてもおおきいからです。

楽天銀行が選ばれている理由として、これが一番多い回答でした。

別の記事でも紹介した内容と重なりますが、ランサーズからあなたの銀行に報酬が振り込まれる際、振込手数料が発生します。

その振込手数料はどの銀行でも基本的には一律500円なのですが、楽天銀行に限っては例外として100円の手数料で振込を済ませてくれるのです。そのためランサーズ内では、「報酬を受け取るなら楽天銀行かな〜」といった雰囲気があります。

ランサーズをお小遣い稼ぎ目的で利用している人は、タスクを何十件もこなしてやっと数百円の報酬を得る

taika

ランサーズ利用者の中には、クラウドソーシングを本業として生計を立てている人もいれば、空いた時間に小遣い稼ぎとして使っている人もいます。

がっつり稼いでいるランサーならまだしも、数十円から数百円単位のタスクをコツコツこなしている人にとって、振込手数料「500円」と「100円」の差、400円は無視できない値なのです。

それこそ、お小遣い稼ぎを目的にしている人にすればタスク何十件分の報酬が無駄働きになることも…。この振込手数料が積み重なればどうなってしまうのか、実際に計算してみましょう。

ランサーズからの振込みは月に最大2回、実際に差額を計算してみよう

calculator

ランサーズから振り込まれる回数の上限は月に2回(回数の調節は可能)、

  1. 毎月15日締め当月末支払い
  2. 毎月月末締め、翌月15日支払い

となっています。

毎月ランサーズから月に2回振込みをしてもらうとして、
年間で合計24回振り込まれたとすると、

  • 楽天銀行以外:500円 × 2 × 12 = 12000円/年
  • 楽天銀行  :100円 × 2 × 12 = 2400円/年

つまり1年間で振込手数料が、普通の銀行なら12000円/年、楽天銀行なら2400円/年かかることになります。

振込手数料の差額は一月あたり800円、年間にして9600円もの働いたお金が、楽天銀行を利用していなかったがために振込手数料として消えてしまうことになります。

これは精神的に来ますよね。なるべく少なくしたいと思うのは至極当然です。完全な無駄働きを無くしたいと思うランサーが多かったからこそ、今回のグラフ結果となったのでしょう。

ランサーズから報酬を振り込んでもらう度、タスク何十件分の仕事が水の泡になることを考えれば、口座を開設する手間はあれど、そんな手間は1年もしないうちに容易に回収できると思われますので作っておいて損は無い、どころか得しかないと思います。

報酬を受け取るためのスケジュールを教えてください。 – ランサーズ
http://www.lancers.jp/faq/l1019/117

報酬の支払いサイクル変更等のお知らせ – ランサーズ
https://info.lancers.jp/7189

理由2:総合的に便利だから

useful

次に多かった理由は、「総合的に便利だったから」というものでした。理由を見てみましょう。

男性,55,会社員,楽天銀行,
24時間営業なので休日や深夜でも預金の移動が出来て便利。

女性,49,主婦,楽天銀行,
インターネットでいつでも振り込まれたことを確認することができるので。

男性,44,会社員,楽天銀行,
外に出なくても家の中で入金の確認ができとても便利で、また楽天で買物をすると得になるから。

男性,34,団体職員,楽天銀行,
普段からネットショッピングをしているのでそこで一本化したいから

女性,41,自営業,楽天銀行,
ネットバンクで使いやすいからです。オークションや、その他の収入の受け取り先に使用します。

男性,40,自営業,楽天銀行,
普段から楽天での買い物もよくしていて、ポイントも貯めているからです。

「楽天銀行」は他の楽天関連サービスと比べてしまえば、まだ新しい方のサービスです。

やはり楽天といえば楽天市場でのショッピングが有名ですから、それとの連携込みで考えている人が多い印象ですね。

楽天市場の買い物に、なぜ楽天銀行が魅力的なのか?それは楽天銀行のキャッシュカードにデビットカード機能が付いているから

デビットカード

上記の回答では書かれていませんが、楽天銀行利用者のキャッシュカードにはデビットカード機能が付いていて、

そのデビットカードで普段の買い物を行った場合にも楽天ポイントが付与されます。(※100円につき1ポイント)、デビットカードの発行手数料は無料、年会費は永年無料です

http://www.rakuten-bank.co.jp/card/?l-id=f_key03_z_151105_CO448

さらに楽天銀行のデビットカードを使って楽天グループで買い物を行った場合に、いつでも楽天ポイントが二倍になります。(※楽天銀行デビットカード(JCB)利用ポイント1%+楽天市場利用ポイント1%)

これらの条件から、楽天関連サービスを利用することを考えている人にとっては楽天銀行は魅力的なようですね。

理由3:もともと持っていた銀行だったから

3つ目の理由はこちら。「もともと持っていた銀行だったから」です。

男性,46,自営業,楽天銀行,
楽天銀行の口座をもともと持っていたうえ、振込手数料が他の銀行より安く済むため。

女性,44,主婦,楽天銀行,
メインバンクとして使っていて管理しやすいので受け取り先に指定している。

女性,42,無職,楽天銀行,
元々持っていた口座なので(ネットで使える銀行として一番初めに開設した口座。)

男性,59,自営業,楽天銀行,
振り込み手数料が100円、たまたま口座持っていたのでラッキーでした。

楽天銀行を元から利用していたなら当然使いますよね。わざわざ新しく作る手間無く手数料を安くできるので、すでに持っているのであれば使わない手はないと思います。

楽天銀行ではない銀行を選んでいる理由

ここまで楽天銀行を選んでいる人にスポットを当てて見てきました。しかし楽天銀行を選んだ人が64%ということは、逆に「楽天銀行以外の銀行を選んでいる人が36%もいる」と取ることも可能。

そこで、ここでは楽天銀行ではない銀行を選んでいるランサーの理由も見ていきたいと思います。

理由1:銀行口座を分けずに一元化しておきたい

まず一つ目は「銀行口座を分けずに一元化しておきたい」という理由でした。

女性 32 会社員 三井住友銀行 本業の給料振込み先と一緒なので便利で、三井住友銀行を利用しています。

男性 31 無職 ジャパンネット銀行 他のライティングサイトと併用している口座であり、まとめて管理しやすいから

女性 31 主婦 ゆうちょ銀行 自分専用の通帳がある銀行だからです。主に貯蓄目的の口座なので、受け取った報酬も貯蓄に回しています。

元々、メインで利用している銀行が別にあって、稼いだお金はそこにまとめておきたい。という考え方です。

確かに。結局、生活費をその口座から支払う(引き落とす)のであれば、楽天銀行を経由して送金するより、ランサーズから直接メインの銀行口座に送ってもらったほうが手間は省けるかもしれません。

ただ、楽天銀行のアプリを使えば、電車の移動中でも一瞬で送金を行うことができます。そういった空き時間を利用してお金の移動を行えば考えているほどの手間はないように思います。

楽天スマートフォン
http://www.rakuten-bank.co.jp/nonpc/

通常振込・振込予約
http://www.rakuten-bank.co.jp/transfer/transfer/

理由2:新しく口座を作りたくない等

女性 62 主婦 ゆうちょ銀行 自分が信用している銀行なので。楽天も考えましたが、そのために契約するのは不本意なのでやめました。

女性 27 会社員 三菱UFJ銀行 手持ちの口座がUFJ銀行しかなく、新たに開設するのが面倒だったから。

女性 42 無職 ゆうちょ銀行 楽天銀行のほうが手数料が100円でいいのですが、もう口座を作りたくないので、今まで使っていたゆうちょ銀行を受け取り先にしています。

手持ちの銀行口座が増えることで、管理が面倒臭くなるから新しい講座を作らない。という人もいました。

理由3:特に理由はない

女性 37 会社員 三菱東京UFJ どこでも良かったのですが、お金がよく出入りする口座なので、入金の確認を忘れないため

男性 27 会社員 群馬銀行 特に理由はありません。もともと、ランサーズを始める前からある口座を利用しています。楽天銀行の方が手数料が安く済むらしいのですが、今はこのままです。

特に理由も無く、もともと持っていた口座を使い続けている人もいます。

お小遣い稼ぎを目的に利用している場合だと、数千円のために新しい口座を開設する。という行為が億劫になっているのかもしれません。

まとめ

集計結果を見てみると、先輩ランサーたちは振込手数料に注目して銀行選びをしていることが分かりました。楽天銀行以外の銀行を利用しているランサーも、手数料の安さが魅力的であることは理解しているようです。

ランサーズの報酬を受け取る上で楽天銀行はメリットが多い

ここまで見てきた通り、ランサーズ利用者にとって楽天銀行はメリットしかありません。楽天銀行を利用しない人の理由は、意地に近い状態のものもあり、

結果的に振込が行われるたび、無意味な損失を自分で生み続けているとしか思えません。

楽天銀行を利用することで生じるデメリットはある?

楽天銀行以外にメインで利用している銀行があって、結果的にそちらにお金を移すことが決まっている場合、そちらに送金する手間がかかります。これはデメリットです。

しかし楽天銀行の場合、アプリから簡単に振込をすることができますし、ゆうちょ銀行への送金もかなり安い。

他の銀行への振込手数料も業界最低ランクで、楽天銀行同士の振込は何回でも無料かつ24時間リアルタイム反映をしてくれるので、トータルでは得のほうが多い銀行ではないでしょうか。

お小遣い稼ぎであっても数百円手元に残った方が良い

ランサーズではお小遣い稼ぎのために利用している人が多くいます。「たかだか数千円を稼いでいるだけなのに、新しく口座を開設するのは面倒臭い。」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、お小遣い稼ぎに利用しているのなら、なおさら、その数百円にこだわるべきです。

タスクのアンケートなどに答えて報酬を得ているなら、一回のタスクで得られる報酬はせいぜい10〜50円くらい。もし振込手数料をそのまま払っているなら、最大、タスク40回分の働きが手数料に消えてしまうことになります。これでは本末転倒ではないでしょうか。

 

知らなかったことでの損失やコスト感覚を持つ

振込手数料だからどうしようもない部分も勿論あります。しかし、こういったコスト感覚を持っておくことは非常に重要です。

楽天銀行を利用していようと、振込手数料は最低2400円/年かかってしまうのですから、2400円稼ぐまではどうあがいても、タダ働きです

つまり、2400円を稼いでからがスタートライン。そこへいくまでに時間をかけて悠長に稼いでいてはいけないのです。

さっさと2400円稼いで、収支をプラスにしなければ何のために働いているのか分かりません。お小遣い稼ぎにもならなくなってしまいます。

「受け取る銀行なんてどこも一緒」と思っていたかもしれませんが、この情報を知らないで一年過ごしてしまっていたら、年間9600円もの働いた報酬が水の泡になるところでした。

9600円もあれば本を何冊も買うこともできますし、ドメインも何個でも取得することができます、電車のグリーン車に10回以上は乗れるかもしれません。

グリーン車に乗っていた場合、満員電車を避けることができただけでなく、その間座りながら作業をすることができ、仕事や情報収集などを行ってさらなる報酬の獲得につながっていたはず。

「単純な9600円の損失ではなく、それに付随して得るはずだった時間や知識も失う。」と考え、行動していきましょう。

プロフィール画像 編集長:まるお(丸尾)
フリーランスのWebデザイナーとして活動中、週4日で会社員もしてます。WEBデザインはデジタルハリウッドで学びました、えふまが!の編集長してます。

シェアNo.1 のクラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。freeeはクレジットカード会社や銀行と連携しており、あなたのクレジットカード・銀行口座を登録することで明細を自動登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

一度仕分けした項目は、次回以降同じ内容で自動登録してくれます。その仕分けはスマホやタブレットからでも可能、専用のアプリを使うことで移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、必ず時間短縮・コストの削減になります。

これを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

出先全てを仕事場に!外で作業するフリーランスには必須なモバイルルーター「WiMAX」

ケータイのデザリングで通信量を使いたくないそこのあなた!出先に都合よくフリーWi-Fiがあるとは限りません。デザリングを使い続ければいずれ通信量の上限が来てしまいます。フリーランスは常に家で仕事をしているわけではなくカフェやファミレス・図書館を仕事場にすることもあります。

あなたが全ての場所で快適に仕事をしたいなら、Wi-Fiをどこでも使えるWiMAXは外で作業するフリーランスには必需品です。月間通信量の上限なし、下り速度最大440Mbps、全国人口カバー率90%以上・全国実人口カバー1億人達成の安心感、これさえ持っておけば通信上限に悩むことは一切ありません。通信量を気にせず使うならWiMAXがオススメです!

インターネットで仕事を取るならクラウドソーシングサービスNo.1の「ランサーズ」

「会社を辞めてフリーランスになりたい、でも仕事の取り方がわからない…。」そんな不安を抱いたことはありませんか?実績がない段階で仕事を取るのは難しいものです。

しかし、ランサーズなら手間な営業をかけることなく仕事を探すことができ、実績のないフリーランスの最初のステップとしても最適!

利用者数が40万人を超え、依頼件数も150万件を突破、依頼総額は1600億円を超えており、間違いなく日本最大級のクラウドソーシングサービスです!

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!