フリーランスが「いちいち説明するの面倒くさい…」と思っていること5つ

寝転がる男性

フリーランスが「いちいち説明するの面倒くさい…」と思っていること5つ

フリーランスになると会社勤めの友人にあうたびに仕事について質問されたりもします。今回はその中でも特に多い質問を実体験をもとにご紹介いたします!

スポンサードリンク

フリーランスが「いちいち説明するの面倒くさい…」と思っていること5つ

1.なんでフリーランスになったの?

この質問が最も多いです。フリーランスになるというのは、会社をやめて独立するということでもありますから、相当な覚悟が必要・・・と思うようですね。

フリーランスに興味が合って質問してくる人も大抵はこの質問から始まります。

私の場合は職業がライターで、ライターという職業の中ではフリーランスというのは全く珍しくありません。

むしろフリーランスばかりといってもいいぐらいで、ライターを目指した結果フリーランスになってしまったのであって、会社勤めから独立する思いでフリーランスになったわけではありません。

ちなみに私のようなケースは珍しくなく、「会社から独立して会社を起こそう!」という人と違いクリエイティブ系でフリーランスになって仕事をしている人の半分くらいは、世間の流れに身をまかせた結果という場合が多いと思います。

「お金をもっと稼ごう!」「自分で仕事を選ぼう!」というより、求められるままに仕事をしていたら会社勤めでなくなってしまったというわけですね。

2.フリーランスってものすごく忙しいんでしょう?

寝る間も惜しんで仕事をしていると思われている事も多いです。時間に不規則で深夜まで働いて、自由時間はあまりないと想像しているみたいですね。

私の場合は、なるべく規則正しく、なるべく土日は休もうという考えのもとに働いており、労働時間は会社勤めの方とあまり変わらないかと思います。(一日6〜10時間程度)

ただし引き受けている案件によって深夜に作業しないといけないものもあるので、就寝するタイミング自体は若干不規則といえるかもしれません。

3.フリーランスで仕事できるなんて凄い!仕事は順調?

フリーランスと言う働き方を特別に思っている人も多いです。特に大きな会社や堅い職業で安定した収入を得ている方にとっては、「独立する」という意味合いを強く感じるようで、フリーランスで生活できるだけで凄いと思うようです。

ただ、仕事が順調かどうかといわれるとかなり困ります。フリーランスは現在がよくてもこの先どうなるか不透明な部分が多いので、安心して働けるということはあまりないのかもしれません。

なので・・・

「収入面においては今のところ不満はないし、仕事もコンスタントにくるけど、この先どうなるかわからないから不安」

と答える事が多いですね。

4.(会社勤めのころとくらべて)収入は増えた?減った?

やはり収入面が気になる人が多いようで、収入が増えたか減ったかを聞きたがる人は多いです。とはいえフリーランスは月収制ではないので、沢山収入がある月もあれば少ない月もあります。

なので収入面について聞かれた場合はまず「まとめて入る月は沢山入るから会社員の頃より多いし、たまに全然入らない月もあるよ」と答えるしかありません。

更に年収について聞かれた場合は、私の場合は会社勤めの頃とくらべて40〜50%増えているので、その上昇率をそのまま伝えています。

私が正直に答える理由は「仕事が上手くいっている」「ライターとして才能がある人なのかも」と思ってもらえれば、そこから仕事に発展することもあるからです。

5.今の生活の方が良い?フリーランスになって良かった?

フリーランスと会社勤めでは生活が全く違うと想像し、フリーになって良かったかどうか聞いてくる方は多いです。実際、生活も収入も本当に全く変わりますし、仕事に対する価値観もかわります。

フリーランスの場合はやったらやった分だけ稼げる出来高制で、体調が悪かったり失敗すれば収入がすぐに減ってしまいます。

私の場合は、やったらやった分だけもらえるというシンプルな仕事スタイルは性にあっていて満足しています。

月給や時給で生活していた頃は、会社が儲かっても損をしても同じ給料、忙しく働く人もどうにか手を抜こうとする人も同じ給料というのがどうもしっくりこなかったので、フリーランスになって良かったと思っています。

まとめ

  1. なんでフリーランスになったのか
  2. どのくらい忙しいのか
  3. 仕事は順調か
  4. 収入は増えたのか減ったのか
  5. フリーランスになって良かったと思うのか

よくある質問は上記の5つです。

フリーランスというと少し特殊に感じるかもしれませんが、実際は別の会社へ転職した時に聞かれる質問とそこまでかわりません。

「何で転職したの?」
「転職して残業は減った?」
「新しい会社の仕事は順調?」
「転職して給料は変わった?」
「転職して良かった?」

という質問とほぼ一緒ですよね。

「漫画家になった」「小説家になった」「絵描きになった」とは違って、フリーライターやフリーのWEBデザイナーは自分の作品を発表しているわけではないですから、仕事内容自体は特殊でもなんでもなく、仕事のとり方が会社経由か直接取引かの差でしかないように感じています。

ちなみにフリーランス同士の会話になると、税金対策の話や健康診断の話が多いです。

フリーランスになったばかりのころは、税金対策なんて今までしたこともなかったので、どうすればいいのか先輩フリーランサーによく質問したし、2,3年たつと会社員の頃と違って毎年健康診断を行ってない事に不安を覚え、どういった健康診断をいつ行っているのかが気になってますね。

ライター:敏夫

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!