ケータイをiPhone5sからiPhone6に変えました。お金がなかったので。。

iPhone5s iPhone6

こんにちは、ケータイをiPhone6に変えた事で嬉しい反面、手に収まらないデカさにモヤモヤしているまるおです。画面の端に指が届かない…!

スポンサードリンク

機種を新しくしました。お金がなかったので

iPhone5sがiPhone6に進化した。

【iPhoneの進化条件:ケータイを二年間使い続ける】

この条件を満たしたところiPhone5sの進化が始まったので、Bボタンでキャンセルしなかった結果、ケータイがiPhone6になりました。その際、キャリアもauからdocomoへ変化して帰って来ました。わぁびっくり。

機種変した理由はお金が無かったから
(月々の料金が安くなるから)

まあ、ポケモンの話は置いておいて、この度ケータイをキャリアごと乗り換えました。ちなみにiPhone5sの下取りはしていないので、厳密に言うと本当に5sが6に進化したわけではありません。(iPhone6が増えた)

シムフリーの記事内でも言っていたことなんですがauと契約してたときは毎月8300円も払っていたんです。

そんな中、月々680円〜っていうシムフリーのチラシを見たときに、「今、支払っている通信料は一体何なんだ…」と、強い衝撃を受けて立ち直れなかったので、立ち直れない代わりにケータイのキャリアを変更することにしました。

iPhone6で変わったところ

iPhone

画面サイズ・重さ

iPhone5sから6に変えて、一番最初に感じる違いは間違いなく「サイズ」ですね。

iPhone5sの画面サイズは4インチで、6は4.7インチです。違いはわずか0.7インチなんですが、ケースを装着して使うと画面の端まで指が届きません、両手で使うことになります。これが一番の違い。個人的には5sの方が使い易かったかな。

また、5sに比べると少し重く感じます(ケース込み)。サイズが大きくなってるから当然ですかね。実際の重さを見てみても、5sは112gで6は129gなので17gほど重くなってます。

ただこれ以上デカくなると持てない…!やめて絶対落とすから!
iPhone6Plusとか「なんだそのデカさ!?」状態。

バッテリーが増えた

2年間使い続けたiPhone5sと比べるのもどうかと思うんですが、明らかにiPhone6の方が長持ちしています。家を出かけて、帰ってきて、さらに動画を見たりすることが出来るくらいバッテリーが持っているので、モバイルバッテリーを使うことが無くなりました。これは本当に感動。

でもどうせ、弱ってくるんでしょうけど。。。

容量が16GB→64GBになった

容量がありえないほど増えました…。今までこんな大容量な携帯電話を使ったことがあるだろうか?いや、無い。

マジで初めてです。どれだけアプリを入れようと、写真を撮ろうと容量に困ることがありません。iPhone5s 16GBでは常に困ってたのに…さようなら16GB!君にはもう戻れないよっ!

カメラ部分が出っ張っている

iPhone6

iPhone5sではカメラ部分が平らだったのですが、6では出っ張ってます。正直、ダサいと思いました。ジョブズさんだったら激おこぷんぷん丸だろうなぁなんて(古い)。

安定の鏡面フィルム

iPhone

5s時代から、iPhoneに貼るフィルムは鏡面フィルムと決めています。例えiPhoneのバッテリーがなくなったとしてもとして利用できるからです。そうすれば手鏡を持ち歩く必要は無くなりますから、持ち物を減らせます。2in1みたいな感じです、意味合ってるかなこれ。

なぜ、iPhone6sではないのか

今のところiPhoneの最新機種って6sですよね。でも僕がゲットしたのは6でした。

その理由として、iPhone6sは、6と比べても大して進化していないような印象を受けていたので、そこに対するこだわりは無かったということと、実質0円で手に入れられる64GBのiPhoneが6だけだったからです。

(6sのCMでやってましたけど、「進化したのはこれだけ」って…はは。)

それに、機種を変えられて通信料を安くすることができればそれで満足だと思ってましたから。これで十分なのです。

ちなみに、本当かどうかは分かりませんがドコモショップの店員曰く、iPhone6の方が売れているらしいです。「iPhoneの売り上げに陰が出来始めてる」って最近よく聞くので本当かもしれませんね。iPhone7に期待です。

iPhone6が月々3300円まで安くなった。

結論から言えば、auからdocomoへ乗り換えたことでiPhone6が実質0円で手に入り、様々な特典と割引によって月々3300円まで安くなりました。

元々の費用と比較すると5000円浮いた計算になりますね。年間にすると6万円ですか、これは大きいや。

しかも元々使っていたスマホの下取りしなくてオッケーなので5sは手元に残り、月額今までの半額以下、ナンダコレ。。ハヤクカエレバヨカッタヨ。。

お金がないのに最新機種になる。なぜ?

「お金が無かったから新しい機種に変更する。(月々の料金が安くなる)」というのは普通に考えればおかしな論法ですよね。

「なんでお金が無いのに最新機種にできるんだ?」って思うはず。しかし日本のケータイキャリアに関してはそうでもありません。

理由は簡単。なぜなら日本のキャリアは長く継続している消費者から多くのお金を搾取することで、それを元手にキャリアを引越ししてくる人へ大量の割引を適用し、実質0円を実現していたからです。もちろん最新機種を与えて(主観)

だから継続している人間の携帯料金は高いんですね、僕みたいに。

キャリアは他から引っ越してくる人に甘い

つまり、日本のキャリアは他キャリアから引っ越してくる人に対して最大限の飴を…じゃなくて特典や割引を与えているのです。

なので、もし通信費を安くしたい貧乏人(僕)ならば、「2年ごとにキャリアを乗り換えて、最新機種をゲットし割引を受けまくること(実質0円)」が、一番良い方法だと言えるのです。

お金がないからキャリアを引っ越しして最新機種を手に入れる。という一見矛盾している方法こそが一番お得だったな手段だった。今までは。。

実質0円終了…。

今までは「2年ごとにキャリアを乗り換えて、特典や割引を受け最新機種を手に入ること」が一番良い方法だったんです、、、が、

機種代実質0円は終了したので、これからは機種代を満額自腹で払う必要が出てきます(iPhone6なら8万円ほど)。庶民救済システムは無くなってしまったのです。

これ、総務省が率先してやらせてましたけど意味あったんですかね?んーいや無いと思う(確信)。

まるおは滑り込みセーフだった

「機種代実質0円が無くなる。」という情報を小耳に挟んだ僕は2ヶ月前くらいからケータイショップに出向き、情報収集を始めました。

前にソフトバンクの店員に拘束された際、「引っ越したほうが飛躍的に安くなるよ!」という情報を得ていたので、積極的にケータイショップの店員に捕まりに行きました。主にドコモとdocomoとDOCOMOです。 

キャリアを2年以上継続して使うメリットは少ないから2年経ったらどんどん変えよう

もし、これを見ているあなたが同じキャリアを2年以上継続して使っていて、ケータイ代に8000円以上払っているようであればキャリア変更することをオススメします。

現状、キャリアを2年以上継続して使っている人に対する特典はありませんから、迅速に変えることを検討するべき。あるとしても、料金を高くさせられるという特典だけです(当社調べ)。

iPhoneは高級品へと戻り、貧困層は買えなくなる?

これは個人的な感想なんですが、「日本の6人に1人の子供が貧困である。」という現状からして、iPhoneなどのスマートフォン。特に最新機種を手に入れることは家計的に大きな負担になってくるんじゃないかなぁって思ってます。

だって8万円以上ですよ?パソコン以上にスマホを手に入れる方が家計的にきつくなるはず。僕の周りでも「実質0円がなくなったからキツイ」とか言ってた人もいたようないなかったような気もします。

今までは実質0円がそれを下支えしていたのかもしれませんが、それが完全に無くなれば、スマホって簡単にできる買い物ではないですよね。娘に格安スマホを買い与えるのが普通になるってことです。ん?なんかこれ、最近見たぞ。

しかし一方で、今までの機種代実質0円は健全だったのか

実質0円がなくなることは消費者から見れば正直かなりの損失です。「健全か不健全かなんてどうでもいいから安くしてくれ!」っていうのが本音ですよね。僕もそう思ってます、8万円あったら牛丼が何杯食べられるんだ!って話です(庶民並みの感想)。

でも現状、長期間継続している人への特典や割引もなく、専用プランすらも無い。そんな状況なのに高い料金を払わせ、そのキャッシュでキャリア引っ越しをしてきた人に大量の割引をする。

これって健全なのか?って前々から思ってました。機種代くらい自分で払うし長く続けてあげるから通信料の方を安くしてくれーって。

だから、初めてニュースを見たときは「機種代実質0円がなくなる?これは健全になるぞー!」って思ったんです。でも実質0円をなくしたところで、3社ゴミみたいなプランしか出て来なかったのを見ると。無くしてもやっぱり不健全でした…。

なぜ、格安スマホが新興国で売れ日本では注目されてなかったのか

日本では簡単に最新のスマホが手に入っていたわけですが、そんな中世界を見てみれば、新興国向けに格安スマホを売って攻めまくってますよね。お金が無くても最新のスマホが手に入っていた日本人としては、「なんで格安スマホなんて作るんだろう?実質タダで最新機種なんて手に入るじゃん」って思ってたはず。

しかし、世界的に売れているのはiPhoneではなくAndroidの方で、そのシェアに貢献しているのは格安スマホやら型落ちケータイの存在があるからでもあります。

最近世界で、移動する難民が目立つようになってきたのは、安いスマホを手に入れられるようになり、グーグルマップなどのアプリで移動できるようになったからとも言われてますね。シリアから出ている難民はシムフリー(プリベイド)の格安・型落ちスマホを使ってドイツやフランスを目指してるんですって。

池上彰氏が語る「スマホの普及と難民問題」今、日本に必要な覚悟とは
http://logmi.jp/107597

つまり、世界では最新機種はそれなりの値段を払わないと買えないのに、日本では当然のように割引されて最新機種が使えている。普通、買えないなら安い方を使うのが当然なんじゃない?もしくは分割払いか…。

僕的には実質0円で手に入っていた今までの方が異様に感じます。昔のバブルみたいなもんで、実質0円も後々歴史として語られるようになるんでしょうか。消費者にとっては大損ですが。。

「実質0円」ちゃっかり復活するんじゃない?

結局、行政がうんぬんかんぬん言ったところで結果が出ないのが今回分かりましたし、そんなに強制力はないでしょうから。ちゃっかり復活するんじゃないかな?って思ってます。それこそ2年後に縛り解除、みたいな(2年縛りだけに)。

消費者としても反対する人はいないでしょうから、どっか1つのキャリアがやり始めればみんな真似して再開するでしょ。

最近3社が出してきた「誰が得するのかわからない料金プラン」を見れば容易に想像できると思います。「どうせまた足並み揃えるんでしょはいはい」みたいな笑。

結局、これからは何が一番良い方法なのか。

実質0円がなくなっちゃったので今後、2年ごとにキャリアを乗り換えたところで、割引は無いかもしれません。となると次はどうすれば良いのか。

僕は間違いなくSIMフリーが注目される番だと思ってます。

前に書いた記事を読んで頂ければわかりますが、通信料がとにかく安いです。通信量無制限のプランでも3000円いかないくらい。

 

お金が無くて、実質0円も無いなら、もうこれしか選択肢はありません。iPhone5sとかだったら2万円くらいで手に入りますから、その時点で最新機種と比べても6万円ほど浮きます。

キャリアと契約し続けた場合、割引がなくなりケータイ代がどんどん上がって月8300円まで上がってしまうので、これがSIMフリーならば月5300円ほど安くなります。本当に使わない人なら8000円くらい安くなるかも?

まあ、あとは本人のプライド次第です。「周りと一緒の最新機種じゃないと嫌だー!」とか「シムフリーなんてダサいー!」ってなると、、、どうすれば良いのかちょっと分からないっす。

僕は今契約しているdocomoが終わったらシムフリーにすると思います。もしくは両方持ちかな。

常にアンテナを張っていこう

でも、シムフリーって知らない人多いんですよね。知っているか知らないかで取れる選択肢が180度変わりますし、知らず知らずのうちに多大な損失を被っている可能性があります。

シムフリーの端末さえ持っていれば、海外でも現地のSIMカードを差し込むだけで現地の値段で通信を行えるようになるわけですよ。

今回の実質0円廃止だって、僕がその情報を知るのが少しでも遅れたら機種代8万円を払うことになってましたから。情報を常に仕入れ続けることは重要です。

つまるところ、常に広くアンテナを張っていなければならなりません。これからの時代はお金がない人ほどそうしなきゃいけない(僕)。

そう、つまり様々なサイトを見て、情報を得続ける必要があるわけです。

というわけで、これからもえふまがを宜しくお願いします(宣伝)。
以上、まるおが機種変した話+余談でした。



ps.
お金が無いから最新機種に変えるって本当におかしな話ですよね。

編集長:まるお