クレジットカード?口座振替?会計ソフトfreeeの支払いってどんな方法ですることになるの?freeeの支払い方法4つ

freee

freeeは、まず無料プランでその使い勝手を試すことができます。使いやすさを確認し、さらに有料プランにアップグレードして使いたいと思ったら、月々の利用料を払って利用する必要があります。では、その支払いはどのようにすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

会計ソフトfreeeの支払い方法

方法1:クレジットカードで支払う

クレジットカード

ウェブサイトでfreeeを利用する場合、利用料はクレジットカードで支払いが可能です。クレジットカードは、VISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナースなど、さまざまな種類に対応しています。

クレジットカードで支払うことには一つ、メリットがあります。それは、支払いをするたびにクレジットカードのポイントが貯まることです。

ポイントを貯めるために、光熱費の引き落としをクレジットカードで一括管理する人も多いかと思いますが、クレジットカードでfreeeの支払いをすれば、その分だけポイントを貯めることができます。

freeeの月額使用料はけっして大きな金額ではありませんが、数年単位で利用していれば、ポイント数も決してわずかとはいえなくなることでしょう。

楽天カードで支払いを行えば、楽天ポイントがたまり、楽天で買い物をすることもできるようになります。

楽天の商品ラインナップはかなり多いので、時間短縮するためにfreee使って貯まったポイントで買い物ができるのはとてもお得だと思います。公共料金もこれで払えばさらに溜まります。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

方法2:ペイパル(PayPal)でのお支払い

PayPal

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/home

クレジットカードではなく、ペイパル(PayPal)でお支払いを完了することもできます。

freeeの料金をペイパルで年額払いすると、freeeの利用期間を1ヶ月延長するキャンペーンを現在、実施しているようなので(2017年2月9日現在)、

このキャンペーンがやっている限りは、クレジットカードで支払うよりもペイパル(PayPal)で支払った方が1ヶ月分お得なのは間違いありません。

しかし、注意しなければならないことがあります。このペイパル決済を利用した場合、請求書の郵送機能が使えません。この点はクレジットカード払いと違う点ですので支払いを完了する前に確認しておく必要があります。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

 

方法3:パッケージ製品を購入する

クレジットカードではなく、銀行振込でfreee利用料の支払いをおこないたい場合は、パッケージ製品を購入する必要があります。freeeのパッケージ製品は、Amazonや楽天、Yahooショッピングなどで購入することができます。

パッケージの購入手続きでは、普通のネット通販と同様に銀行振込などクレジットカード以外の支払い方法を選べます。パッケージ製品には、スタートガイドが付属しているので、ウェブのみで利用するのが心配という人には特におすすめです。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

方法4:家電量販店にてPOSAカードを購入する

freee POSAカード
出典:https://www.freee.co.jp/blog/release2014-12-22-10004.html

POSAカードというのは音楽・ゲームなどのサービスの利用権をプリペイドカード形式で販売しているカードのことです。

POSA(Point Of Sales Activation)とは、レジで支払いを行わないと対象のプリペイドカードが使えないようにする技術のこと。POSA対応のカードはレジを通した段階で初めて有効化され、店舗に陳列された状態から盗難されても使用できない。
http://www.kddi.com/yogo/%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3/POSA.html

POSAカードという名称にあまり馴染みがありませんが、iTunesカードやGooglePlay、グリーやモバゲーなど、コンビニの店頭でぶら下げられているので一度は見たことがあるものだと思います。

家電量販店など、インコム社のPOSA技術を採用したレジを有する店舗にて販売されています。

ちなみに、会計ソフトがプリペイド方式で支払えるようになったのはfreeeが日本初です。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

支払い方法まとめ

  • 方法1:クレジットカードで支払う
  • 方法2:ペイパル(PayPal)でのお支払い
  • 方法3:パッケージ製品を購入する
  • 方法4:家電量販店にてPOSAカードを購入する

アプリやサービスのなかには、クレジットカードやiTunesカードのような専用のプリペイドカードでしか支払いを受けつけないものもありますが、

freeeはパッケージ製品の購入において銀行振込に対応しています。こうした細かい配慮も、多様化するビジネススタイルを反映しているようで非常にポイントが高いといえるでしょう。

クレジットカードを持っていない場合は、楽天もしくはYahoo!からfreeeのパッケージ製品を購入して銀行振り込みを使えば良いので、支払い方法に関するハードルはかなり低いと言えますね。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

ライター:真子

個人事業主向け おすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は80万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応予定!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使うことができます。

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!