外にいるから経理ができない?クラウド会計ソフトfreeeを使えばいつでもどこでも経理の仕分けが可能に

freee

会計ソフトfreeeは、データをクラウドで管理することによっていつでもどこでもの仕分けを可能にしました。

ネット環境のある場所ならどこでも入力が可能です。オフィスに戻って作業したり、特定のパソコンからしか入力できないという事態は起こりません。

スポンサードリンク

freeeはいつでもどこでも仕分け可能?

そもそもクラウドとは

まずfreeeの利便性を理解するにはクラウドについて知る必要があります。クラウドは、正式にはクラウドコンピューティングといいます。「雲」という単語から容易く想像できると思いますが、

データをUSBやSDカード、または特定のパソコンに保存するのではなく、インターネット上に保存することで、どこでもいつでも閲覧、編集できるようにすることをいいます。

クラウドでデータを管理すれば、USBを自宅に忘れて資料の作成ができない、ということもありません。また、パソコンだけでなくスマートフォンでも簡単に管理ができるようになります。この方式で会計データを管理しているのがfreeeなのです。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

記入したい時にその場で経理

freeeスマホ版トップページ

クラウドでデータを管理するfreeeならば、ソフトをインストールする必要がないので、いつでもどこでも利用することが可能です。さらに、データは最大3人まで共有することができるので、

共同出資で作った会社でも、関わっている人すべてがきちんとリアルタイムで会計をチェックすることができます。この共有以外に、閲覧のみを可能にするなど限定的な権限をつけて、多くの人とデータを共有することも可能です。

アップデートや再インストールなど煩わしいことなしに、常に最新の状態で利用できるのも便利なポイントです。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

まとめ

会計ソフトfreeeは使う場所を選びません。必要なのはネット環境のみです。どこでも使えるとなると、大切なデータのセキュリティレベルが心配になりますが、freeeは、金融機関レベルの暗号化で各データの保存をおこなっています。

また、使用するための認証は国際的な認証「TRUSTe」を取得しており、不用意にデータを漏洩させるようなことは起こりません。自動でデータのバックアップもおこなっており、万が一の災害や盗難に備えているのも安心できるポイントです。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:真子

ライター名:ーー

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!