会計ソフトfreeeって法人でも使えるの?

freee

freeeの会計ソフトは法人にも対応しています。有料の「法人向け標準プラン」は、法人に対応した充実のサービスで複雑な会計処理をスマートに解決してくれます。

スポンサードリンク

会計ソフトfreeeは法人でも使えるのか

個人と法人の違い

個人事業主やフリーランスと、法人はいくつか明確な違いがあります。比較的気軽に開業することができる個人事業と異なり、まず法人を設立するためには、定款を作成したり登記をするための初期費用がかかります。

また、法人の税務処理、会計処理は個人事業に比べて難解なことで知られています。税務会計のプロの手を借りないと処理できないケースがほとんどのため、そのコストで頭を悩ませる中小企業も少なくありません。

ですが、その悩みはfreeeで解決可能です。

>>会計ソフトfreee公式サイトへ

freeeの法人向けプランについて

freeeの法人向けプランは、そうした困難な会計処理を助けてくれるサービスが充実しています。最大のポイントは、会社法に準じた各種書類の作成が可能なことでしょう。

貸借対照表をはじめ、損益計算書、株主資本変動計算書など、作成可能な書類は多岐に渡ります。書類を作成するたびに税理士の手を借りる必要はもはやありません。自分のオフィス内でできることが格段に多くなります。

どうしても手に負えない時は、freeeに対応した税理士を紹介してもらうこともできます。freeeの認定アドバイザーのなかから、ニーズや特徴、活動地域といった検索項目で会計士、税理士を探すことができます。

freeeの認定アドバイザーによるセミナーも多数開催されているので、そちらで勉強をするのもよいでしょう。

そもそも会計ソフトを使うことすら面倒くさいという方は、こういったサービスで自分に合った税理士さんを見つけて、丸投げしてしまうのもありかもしれません。

>>会計ソフトfreee公式サイトへ

まとめ

freeeを使うのはフリーランスやノマドワーカーだけ、という思い込みをしている人もいるかもしれません。ですが、freeeは会社法に準拠した書類作成を実装しており、認定アドバイザーの紹介制度によって、それぞれの会社のニーズに合わせた会計方法を提案しています。

手軽さと手厚いサポート、その二つが合体した会計ソフトfreeeは、フリーランスだけでなく企業にとっても強い味方といえるでしょう。

フリーランス・個人事業主向けオススメ会計ソフト

クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。freeeはクレジットカード会社や銀行と連携しており、あなたのクレジットカード・銀行口座を登録することで明細を自動登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

一度仕分けした項目は、次回以降同じ内容で自動登録し、その仕分けはスマホやタブレットからでも可能です。専用のアプリを使うことで移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、必ず時間短縮・コストの削減になります。

これを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!

ライター:真子

えふまが!公式アカウントをフォローして最新情報を受け取りましょう!