会計ソフト「freee」をパソコンではなく、iPhoneやiPadで利用する大きなメリット「レシートの撮影」

freee

freeeは、パソコンだけでなくiPhoneやiPad、Androidで利用することができます。ただ利用できるだけでなく、タブレット端末でfreeeを利用することには大きなメリットがあります。それはレシートの撮影機能です。この機能を活用すれば経理はもっとラクになります。

スポンサードリンク

会計ソフトfreeeなら経費の申請に必要不可欠なレシートをラクラク保存!

経費の申請には、レシートの保存が不可欠です。一人で切り盛りをする個人事業主でも、支出をしたという証明のために、経費に計上したレシートは残さなければなりません。

ですが、財布に入れているとそのまま紛れて提出を忘れてしまったり、入力をしそびれてしまう、そんな人も少なくないと思います。

会計ソフトは主にPCで使うもの、というのはもう古い考え方です。freeeをiPhoneやiPad、Androidにインンストールしておけば、レシートを撮影することにより、パソコンやスキャナーを使う以上に簡単に保存が可能になります。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

レシートを撮影する方法

iPhone

レシートを撮影保存する方法は簡単です。freeeのアプリを開き、撮影ボタンで現金支払いのレシートを撮影するだけで完了します。あとは、写真のデータをfreeeが読み取り、自動で入力をおこなってくれます。

レシートには金額や購入日だけでなく、企業名、店舗名、レジ担当者や店舗の所在地、電話番号などさまざまなデータが記載されていますが、freeeはそのなかから必要なデータを読み取ってくれます。これなら、経費に計上し忘れることもなくなりそうですね。

撮影さえすればレシートのデータをその都度入力しなくてよい、というのは忙しい現代人にとってかなり時短になるのではないでしょうか。また、経理に苦手意識のある人でも気軽に取り組むことができるはずです。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

まとめ

いかがでしたか?レシートのデータを保存する方法は、おそらく拍子抜けするほど簡単だったと思います。freeeは、クレジットカードと銀行を登録しておけば、そちらのお金の流れは自動で同期をしてくれます。

その上、現金払いもこの手軽さとくれば、経理の面倒な記入からはほぼ解放されたといっても過言ではありません。

>>【会計ソフトfreee】80万を超える事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコンは不要・スマホアプリでいつでもどこでも経理ができる。まさに税理士いらず!freee公式サイトはこちら→【30日間無料】

ライター:真子

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使うことができます。