撮影したレシートは捨てても良いの?これからは電子化したレシートの原本を破棄しても大丈夫なのか。

freee

freeeは、レシートや領収書をスマートフォンで撮影すると、自動で必要なデータを読み取って入力をおこなってくれます。レシートとにらめっこをしながらて入力をする必要はありません。では、データさえ残っていれば、撮影済みのレシートや領収書は処分してしまって問題ないのでしょうか。

スポンサードリンク

レシートの電子化について

ファイルボックス レシートを撮影

会計の世界には「電子帳簿保存法」という法律があります。この法は2015年1月に改正され、一定の要件を満たしたスキャナで保存した書類に限っては、原本である紙の書類を残しておかなくてもよいとされています。

ですが、その要件はまだ厳しいと言わざるを得ません。小さな文字もきちんと反映されるレベルである200dpi以上の解像度でなおかつカラー画像でスキャンしたデータに限るなど、認められる電子保存の方法は細かく定義されています。

思わぬ不備に備え、現状ではスマートフォンで撮影したレシートや領収書は捨てずに取っておいた方が安全といえるでしょう。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

レシート原本の保管方法

レシートを撮影

レシートの保存は、日常的な雑務であり苦労している個人事業者やフリーランスも多いかと思います。経費専用のファイルを作り、レシートを項目別、あるいは月別に貼り付けていくのが、時間はかかっても、効率的かつ堅実なやり方ではないでしょうか。

経費をあまり使わない仕事ならば、項目は気にせずにどんどん貼っていってしまい、何かと経費のかかる仕事なら、日付別、週別など細かく分けてストックしておくとよいでしょう。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

まとめ

先に述べた電子保存の要件ですが、現状はまだ厳しいとはいえ、便利なペーパーレス社会を目指すために今後条件が緩和されていくことは充分考えられます。

freeeは、いち早くオンラインストレージサービスであるDropboxと業務提携を結び、書類の電子保存を推進する姿勢をとっています。ビジネスシーンにおいて、レシートや領収書の電子保存、及び原本廃棄の流れが加速していくと、freeeはますます便利な会計ソフトとして注目されていくことでしょう。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:真子

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!