クラウド会計ソフトfreeeは自営業者やフリーランスでも利用できるのか?

freee

自営業者やフリーランスで働く人にこそ、freeeはおすすめです。個人事業やフリーランスは、法人と比較するとさまざまな違いがあります。

運営の手間や、かかるコストが高くないというメリットもありますが、形が簡素である分、法人と比べると社会的信用度が低く、金融機関から融資を受けづらいなど制限されるものやことも多々あります。

会計ソフトのなかには法人専用のソフトもありますが、freeeは、個人事業主、法人どちらでも利用することが可能です。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

スポンサードリンク

選べる料金プランで最適な利用方法を探す

freeeには、無料プランのほかに「個人事業主プラン」と「法人プラン」という2種類の有料プランがあります。

個人事業主プランは月額980円(税込)で、青色申告、白色申告に対応した決算書を作成することができます。

法人プランは月額1,980円(税込)の料金で、会社法に準拠した決算書の作成が可能です。

有料プランのメリットである「データ保存期間が無期限」、「領収書データの保存が無期限」、「サポートの返信が1営業日以内」といったサービス内容はどちらも同じなので、有料プランは作成したい決算書を作れるプランを選択しましょう

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

freeeを味方にして本業に集中できるフリーランスになる

仕事の根幹から雑務まですべてをこなさなければならないのが、フリーランスの自由さでもあり、また辛いところでもあると思います。一人で仕事に取り組む人は、誰しも、雑務にかける時間をなるべく少なくして、本来のジョブに集中したいと思っているのではないでしょうか?

会計ソフトfreeeなら、面倒な経理のこまごまとした全ての作業引き受けてくれます。freeeを積極的に利用して、自分のパフォーマンスを最大限発揮できる環境を作るのもビジネスの知恵といえるでしょう。

まとめ

個人で仕事をしていると、先行きの不安を感じたり、法人との厚い壁に阻まれるシーンに遭遇することも少なくありません。ですが、freeeには阻む壁も、高い敷居もありません

無料プランで使い勝手を試すこともできるので、先行投資をして無駄にしてしまうこともないのです。損をするとすれば、freeeを使うよりも使わなかった場合のほうが大きいかもしれませんね。

>>【会計ソフトfreee】80万以上の事業所が利用中。数千件のクレカ明細も寝てる間に自動取得し、パソコン不要・スマホだけでいつでもどこでも経理ができる、まさに税理士いらず【freeeを無料で使う】

ライター:真子

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!