「パクってないのに…」自分の文章がコピーチェックに引っ掛かりにくくなる書き方をするために意識すべきこと

間違いを指摘する男

ランサーズの世界では、残念ながら自分で記事を執筆せずに、コピーペーストで納品したり、文章作成プログラムを使って納品してしまう人もいます。

クラウドソーシング「ランサーズ」

そこでクライアント側はコピーチェックツールというものを使用し、その対策にあたっているわけですが、こちらが意図していない時も「コピーチェックに引っかかりました」と言われてしまうこともあります。

それではコピーチェックに引っかからないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

スポンサードリンク

コピーチェックに引っ掛からないための対策

参考文献は複数用意する事

何か調べながら書いていくと、元の文章を再構成しただけということに陥りやすいです。この場合でも「文章を並べ替えただけ」と判断され引っかかってしまうこともあります。

なので参考文献は複数用意し、一つの情報に頼らないようにしましょう。

自分の言葉を使おう

まとめサイトでないなら、自分の意見もいれよう

書き手の意見を書いても良い内容なら、参考文献に追従するような文章ではなく、自分が何を感じてどう思っているのか書きましょう。
少なくともそういった意識下で書いた文章はほぼ100%コピーチェックツールにはひっかからないので、安心して書いて行けます。

単語や熟語でない限り、コピーペーストは使わない

たとえば「全日本情報学習振興協会文書処理能力検定試験第I種1級」といったような長くて間違えそうだけど書き方が決まっている語句はコピーペーストを使っても良いと思いますが、感想や表現部分は一部たりともコピーペーストしないようにしましょう。

仮に「全日本情報学習振興協会文書処理能力検定試験第I種1級」がコピーペーストにひっかかったとしても、この資格について文章を書くなら仕方のない事なので、クライアントも激怒したりはしません。

自分の文章をコピーチェックツールを使って確かめられないの?

結論からいえば、確かめられます。
コピーチェックツールとして良く使われている「影武者」は扱いが簡単ですし、パパッと調べることも出来ます。

しかし問題なのは、この影武者を使うのに、最低でも月4320円かかるという事。
この金額を払ってでもチェックするメリットがあるかどうかを考えないといけません。

一応、登録月のみ数回無料で使えるので、毎回確かめるためにというよりは、どんなものか知っておくというのも良いかと思います。

コピーチェックツール対策まとめ

  • 参考文献は複数用意しよう
  • 自分の意見や表現をいれよう
  • ためしにコピーチェックツールを使ってみるのもあり

参考文献そのままを再編集しようとすると、どうしてもコピーチェックツールにひっかかりやすくなります。自分の表現で文章を書くようにしましょう。

クラウドソーシング「ランサーズ」

ライター:敏夫

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!