「もうマジ無理…」SNS疲れを防止するための心構えや対策とは

SNS

現在では、SNS疲れという言葉があります。これはmixi、facebook、LINE、TwitterなどのSNSを使用する頻度が上がることによって、更新しなければならないと感じるようになってしまい、精神的に圧迫されてしまう現象を言います。

スポンサードリンク

SNS疲れ

SNSを使用する際の問題点

SNSの中には、インターネット上だけの付き合いだけではなくて、実際の生活に密接に関係している人とコミュニケーションを取ることもあり、それがさらに精神的な圧迫に繋がることもあります。SNSを利用するときは、極力SNS疲れがないように使用することが大切です。

あまり気にしないことが大切

SNSを利用するときは、何か言われたとしてもあまり気にしないようにすることが大切です。SNSを利用すると、周辺の声などに過敏に反応してしまって、それがストレスになって疲れてしまうことがあります。

利用するときは、それほど深く考えないようにして、スルーしたり軽く返したりすると良いでしょう。ただ、インターネットで多くの方が見ているものですので、社会的に問題のある発言は控えるようにしなければなりません。

リアルでの生活を持ち込まない

SNS疲れの大きな要因としては、実際にあるリアルな生活をSNSに持ち込んでしまい、それがストレスに繋がってしまうということです。友人関係がSNS上であると、自身も発言したりすることが強いられる場合もあり、それが負担に繋がります。

また、仕事関係になるとさらに気を使うことになりますので、それが疲れに繋がります。SNSを利用するときは、facebookなど実名が必要なものを使用することなく、匿名で気軽に使用して楽しむと疲れるリスクが減ります。

そもそもSNSを利用しない

最終的にどうしてもSNS疲れが厳しいとなったときは、SNSを利用しないという方法があります。

SNSを利用するときは、スマートフォンのアプリやパソコンで利用することが多いのですが、アプリをアンインストールしたり登録情報を削除することで、SNSを利用することを止めることができます。

普段SNSを利用していた時間は、他のことに時間を使うことができますし、SNS疲れも一切感じることがなくなります。

あなたがSNSを使っていてストレスを感じているなら、何気なく使っているSNSを少し考え直してみる必要があるかもしれません。

ライター:ゆみ

iDeCo・ふるさと納税・仮想通貨の申告に対応、個人事業主・会社員の副業でも使えるおすすめ会計ソフト

1位:クラウド会計ソフト「freee」

もはやクラウド会計ソフトの界隈で知らない人はいない。それほどまでにシェアを広げているNo.1クラウド会計ソフト、それがfreeeです。すでにfreeeを利用している事業所数は100万を突破しており、提携しているクレジットカード会社・銀行の数が3630件以上、これは会計ソフトでナンバー1の数字です。

あなたの持っているクレジットカード・銀行口座を登録することで取引明細を自動で登録!わざわざ手で振込先名や金額を打ち込む必要がありません。

明細の仕分けを行うには、パソコンはもちろんのこと、配信されているfreeeアプリを使ってスマホ・タブレットからでも可能です。一度仕分けした項目は次回以降、同じ内容で自動登録します。アプリを使えば移動中の電車内でも経理作業を完了できるため、経理時間の短縮・コストの削減に必ず貢献します。

最近話題になっている「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金iDeCo」にも対応。専用フォームが用意されており質問に答えるだけで申告書に自動入力してくれます。また、日本の会計ソフトでは初となる、「仮想通貨の申告」にも2018年2月上旬に対応!

取引明細の仕分けを繰り返して行くことで、年末には自動的に確定申告書・青色申告決算書が完成。使えば使うほどあなたを楽にしてくれる、それがクラウド会計ソフトfreeeです。無料トライアルがあるので使用感を先に知りたい人でも安心して使えます!